ネスレ、マインドシェア、Miaozhenが中国トップのプライベートDMPを構築

Miaozhen Systems

2015/5/11 15:12

ネスレ、マインドシェア、Miaozhenが中国トップのプライベートDMPを構築

AsiaNet 60439 (0619)

【北京2015年5月9日PRN=共同通信JBN】世界をリードするメディア投資企業グループエム(GroupM)の完全子会社マインドシェア(Mindshare)は数日前、Miaozhen Systems DMPとプログラマティック・リザベーション・プラットフォームReachMaxと協力して、ネスレのために中国初のプログラマティック・リザベーション・プラットフォームを開始した。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150508/0861503847a

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150508/0861503847b

プログラマティックバイイングのビジネスが中国市場で急成長しているが、ブランドオーナーが直面する課題はオーディエンスとプレミアムリソースとの均衡点を見つけることである。世界的に有名なFMCGブランドのネスレは中国で同じ課題に直面していることがわかった。

ネスレはマインドシェアとMiaozhen Systemsとの協力という有効な方法を採用し、これを受けてマインドシェアとMiaozhen Systemsはメインストリーム・ビデオ・パブリッシャーがリザーブド・リソースのプログラマティック・トレーディングを実行することを可能にする中国初のプラットフォームを構築した。

マインドシェア北京のインタラクティブ・マーケティング・パートナーであるチャーリー・ワン氏は「DMPが当社のクライアントの重要なデータ管理に役立っているわけではない。DMPはターゲットとなるオーディエンス向けの広告キャンペーンを向上させ、プログラマティックバイイングの効果的なランディングを実現してきた。より高品質なデータが取得できることによって、DMPが当社のクライアントにより大きな価値を生み出すと期待されている」と語った。

現在、プログラマティックバイイングは多くのブランド広告主にとってまだ無縁のものである。広告主の大半はプログラマティックバイイングがハイグレードなリソース、ブランド・インデックス・オプティマイゼーション、ブランド・セーフティーをどのように実現できるのか懸念しているからである。ネスレ、マインドシェアMedia、Miaozhen DMPのアライアンスが開始したプログラマティック・リザベーション・バイイングモデルは、中国のプログラマティックバイイングの新たな一章を開いたといえる。

将来、Miaozhenは広告およびウェブのトラッキング、データアセット蓄積、DMP展開によって、ブランド広告主のエンタープライズ・ビッグデータ・アプリケーション・プロセスを徐々に改善する計画である。同時にMiaozhenは、ターゲッティング広告体験を強化して広告の価値を最大限に引き出すために、顧客プロファイルなどに基づくより高品質な外部データ、ビッグデータを導入していく。

Miaozhen DMPは中国の大手サードパーティー・マーケティング・テクノロジー企業として、同業界の多数の分野で先陣を切ってきた。同社のファーストパーティーDMPポジショニングは、データ・セキュリティーを考慮に入れたターゲット広告を提供する効果的なデータ・ソリューションになった。現在、Miaozhen DMPは強力な技術的性能と専門的なプログラマティック・インサイトの支援を受けて、マインドシェアとネスレによるプロジェクトの技術契約を獲得することに成功したが、これは中国のプログラマティックバイイング技術にとって極めてポジティブなアプローチとみなされたからである。Miaozhen Systems North Chinaの最高責任者であるスン・ファンチャオ氏は「ネスレとマインドシェアは極めて優れた戦略構想を抱いており、はじめから全体像を見抜き、中期および長期のデータ・アセット・アプリケーションの計画を組み立てることができた。技術ベンダーを選択する際には、両社は技術進歩、データ・セキュリティー、正確さ、効率性を最優先し、その結果Miaozhenが選ばれた」と語った。

詳細はWechatにある「Miaozhen Systems」の公開アカウントをフォローするか、以下まで問い合わせを。

Miaozhenウェブサイト:www.miaozhen.com

Tina Liu

TEL: +86-010-64303617

ソース:Miaozhen Systems

Nestle, Mindshare and Miaozhen Aim for Building China Leading Private DMP

PR60439

BEIJING, May 9, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

A few days ago, Mindshare, a wholly-owned subsidiary of the World Leading Media

Investment Company GroupM, in partnership with Miaozhen Systems DMP and

programmatic reservation platform ReachMax, launched the first Chinese

Programmatic Reservation Platform for Nestle.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150508/0861503847a

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150508/0861503847b

As the business of programmatic buying is growing more rapidly in the Chinese

market, the challenge brand owners are facing now is how to locate the

equilibrium point between its audiences and premium resources. Nestle, a world

renowned FMCG brand found itself has been facing the same issue in China.

Now, Nestle has taken a significant step of allying itself with Mindshare and

Miaozhen Systems as they has built the first platform in China which allows

mainstream video publishers conducting programmatic trading of reserved

resources.   

Charlie Wang, the Interactive Marketing Partner of Mindshare Beijing says: "Not

only did DMP help our clients in central data management; it also improved our

adverting operations among the targeted audience, making the efficient landing

of programmatic buying a reality. As more high quality data comes in, DMP is

expected to generate more values for our clients."  

At present, programmatic buying is still foreign to many brand advertisers in

that most of them are concerned with how can programmatic buying ensuring high

grade resources, Brand Index Optimization and Brand Safety. The Programmatic

Reservation buying model initiated by the alliance of Nestle, Mindshare Media

and Miaozhen DMP indeed opened a new chapter for Chinese programmatic buying.

In the future, Miaozhen is planning to gradually improve the Enterprise big

data application process of the brand advertisers by advertising and website

tracking, Data assets accumulation and DMP deployment. Meanwhile, Miaozhen will

continue to introduce more high quality external data, big data based customer

profiles and so on, in a bid to enforce the targeted advertising experience,

and therefore maximize the value of advertising.

As a leading third-party marketing technology company in China, Miaozhen DMP

has achieved many first places in its industry. Its 1st-party DMP positioning

has become an effective data solution which provides targeted advertising with

consideration to data security. And now, aided by its strong technical

performance and professional programmatic insight, Miaozhen DMP has successful

won the technical line of the Mindshare-Nestle project and it has been seen as

a very positive approach for Chinese programmatic buying technology. Sun

Fangchao, head of Miaozhen Systems North China Operations says: "Nestle and

Mindshare have remarkable strategic vision, and at the outset they were able to

look into the big picture, they planed for both mid-term and long-term data

assets applications. And when it comes to selecting technical vendor, they put

technology advancement, data security, precision and effectiveness first,

that's how Miaozhen got picked."   

For more information, please follow our public account "Mizozhen Systems" on

Wechat or contact us.    

Miaozhen Website: www.miaozhen.com

Tina Liu

TEL: +86-010-64303617

SOURCE  Miaozhen Systems  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中