スイスのRieterグループが研究開発センター設立 常州国家ハイテク産業開発区 

常州国家ハイテク産業開発区

2015/5/12 13:47

スイスのRieterグループが研究開発センター設立 常州国家ハイテク産業開発区 

AsiaNet 60457 (0625)

【常州(中国)2015年5月11日PRN=共同通信JBN)】常州国家ハイテク産業開発区(CND)は、中国で最も早くから国家レベルの開発区として設立されたひとつである。常州開発区は成功裏に「中国東部で最も競争力のある開発区」、「江蘇省の先進的開発区」というタイトルを獲得してきた。常州国家ハイテク産業開発区は近年、イノベーション指向の中核戦略を採用し展開している。今年4月28日、CNDは世界で最先端の一つになるRieter Spinning Technology Centerの開設を招致した。このセンターはスイスに本社があるRieterグループが設立した。

Rieterグループはスイスのヴィンタートゥールに本社があり、精紡工程で4つの精紡技術すべてを採用して製品を処理する能力を備える世界で唯一の一貫フロー精紡機メーカーである。Rieter Changzhouは2012年正式にRieter(China) Textile Instruments Co., Ltdと改称しRieter中国本社になった。

Rieterグループは積極的な投資環境の元で、常州国家ハイテク産業開発区への最初の投資以来引き続き投資してきた。現在までに9300万ユーロを投資し、従業員は1000人を超えた。Rieter(China) Textile Instruments Co., Ltdは、グループで最も代表的な紡績技術応用研究開発と製造工場を常州市に建設するため、精紡技術の応用研究開発センターとしてRieter Application and Research Center for Spinning technologyを設置した。この施設は精紡センター、カスタマー技術センター、布地研究所、布地展示ホールの4つの主要な機能を持つ。これらの機能は連携して自動化、高い素材利用率を持つエネルギー節約ソリューションを探求することにコミットし、素材繊維から完成した布地製品に至る専門的知識を提供する。また顧客に対し、顧客の製造設備にあったソリューションおよびコンサルティングサービスを提供し、顧客が生産性と品質を最適化するのを助ける。

現在常州国家ハイテク産業開発区には、30以上の外国企業の研究開発センターがあり、93の省レベルの工学技術研究開発センターと133の市レベルの工学研究開発センターがある。これら全体は革新的な経済開発に積極的な役割を果たし、この地域の産業構造の転換を促進している。

ソース:Changzhou National Hi-Tech District

Swiss-based Rieter Establishes Application & Research Center for Spinning Technology in China's Changzhou National Hi-Tech District (CND)

PR60457

CHANGZHOU, China, May 11, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

Changzhou National Hi-Tech District is one of China's earliest established

state-level development zones. The zone has been successively awarded the

titles of "the Most Competitive Development Zone in East China" and "Advanced

Development Zone in Jiangsu Province". In recent years, Changzhou National

Hi-tech District has adopted and implemented an innovation-driven core

strategy. On April 28, the zone ushered in the opening of the Rieter Spinning

Technology Center, which is the most advanced one of this kind in the world.

The center was established by Switzerland-based Rieter Group.

Rieter Group, headquartered in Winterthur, Switzerland, is the world's sole

complete-flow spinning machinery manufacturer capable of handling product based

on all four textile technologies. Rieter Changzhou was officially renamed

Rieter (China) Textile Instruments Co., Ltd in 2012 and appointed as Rieter's

China Headquarters.

As a result of the positive investment environment, Rieter Group has continued

adding to the investment since it first invested in Changzhou National Hi-tech

District. To date, 93 million euros have been invested and the staff has grown

to over 1000. Rieter (China) Textile Instruments Co., Ltd established Rieter

Application and Research Center for Spinning technology in Changzhou, in a move

to build the group's most representative textile machinery application R&D and

manufacturing facility. The facility covers four major functions: a spinning

center, a customer technical service center, a textile laboratory and a textile

display hall, the combination of which is committed to seeking automated,

energy-saving solutions with high raw material utilization rate, providing

professional knowledge from the raw fiber to the completed textile product,

offering clients solutions and consulting services tailored to their specific

production equipment and helping them optimize productivity and quality.

Changzhou National Hi-tech District is currently home to more than 30

foreign-funded R&D centers, 93 provincial-level engineering technology R&D

centers and 133 municipal-level engineering technology R&D centers, the sum of

which will play an active role in developing an innovative economy and

promoting the transformation of the region's industrial structure.

SOURCE: Changzhou National Hi-Tech District

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中