日本の民間資本はペルーへの投資に積極的

ペルー投資促進庁

2015/5/15 11:10

日本の民間資本はペルーへの投資に積極的

AsiaNet 60500(0642)

【東京2015年5月15日JBN共同通信】ペルー投資促進庁(Proinversion)のカルロス・ヘレラ長官は15日、東京の投資促進説明会を成功裏に終えた。説明会は北京、ソウルも含まれる。三菱東京UFJ銀行のオフィスでは政府代表団に80人以上が合流、10件余りの民間投資家、複合企業との二者協議が行われ、だれもがペルーにおける投資機会について熱心に協議した。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150516/744139 )

在日ペルー大使館と高名な三菱東京UFJ銀行に後援された投資促進説明会の開会にあたり、エラルド・エスカラ駐日ペルー大使は、両国の140年を超える外交関係と日本がペルー5番目の貿易相手国であることを強調した。大使は、外国と国内の投資家が同条件で、しっかりした法体制が資産を保護しているとして、外国資本に有望な投資環境である点を指摘した。

三菱東京UFJ銀行の星出光平リマ出張所長がペルー経済の概況について説明した。所長は「経済改革、堅実な成長見通し、政治的安定性により、ペルーは日本の企業、民間投資家にとって有数の魅力ある主要投資先になっている」と語った。

ペルー投資促進庁のカルロス・ヘレラ長官は日本の企業、投資家に、同庁経済基盤プロジェクトのポートフォリオのうち民間投資が可能な多数のプロジェクトの一部を紹介し、ペルーで有効な民間投資と入札手続きの方法について説明した。リマ-カヤオ間の地下鉄3、4号線、ワンカヨ-ワンカベリカ鉄道、地方道路など数件のプロジェクトを示し、また、発電プラント、矯正施設、不動産、固形廃棄物処理プラントなどの公開入札に応じるよう呼びかけた。ヘレラ氏は「透明性と社会責任に対する同様手法のおかげで、ペルーで事業展開している日本企業の関心が一層増大していることを確認できたため、東京訪問は大成功だった」と結論付けた。

▽問い合わせ先

Rodolfo Milesi

rmilesi@brandinglatinamerica.com

+44-7919-020-847

ソース:Proinversion

Japanese Private Capital Eager to Invest in Peru

PR60500

TOKYO, May 15 / PRN=KYODO JBN / --

Mr. Carlos Herrera, Executive Director of Proinversion, the Peruvian Investment

Authority concluded a successful investment roadshow in Tokyo today, which also

includes Beijing and Seoul. The government delegation was joined by over 80

attendants at the Mitsubishi Bank Office and had more than 10 bilateral

meetings with private investors and conglomerates, all of who were keen to

discuss investment opportunities in Peru.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150516/744139 )

The conference, organized with the support of the Peruvian Embassy in Japan and

the prestigious Japanese Bank of Tokio-Mitsubishi UFJ, was inaugurated with an

introduction by Peruvian ambassador Elard Escala, highlighted the more than 140

years of diplomatic relations and the fact that Japan is Peru's fifth largest

trade partner. He noted the favorable investment conditions for foreign capital

such as the equal conditions for foreign and domestic investors and the solid

legal framework to protect assets.

The Managing Director for the Lima branch of the Bank of Tokyo-Mitsubishi,

Kohei Hoshide, gave a presentation on the general state of the Peruvian

economy. He emphasized, "With their economic reforms, solid growth projections

and political stability, Peru is one of the leading and most attractive

investment destinations for Japanese businesses and private investors."

Carlos Herrera, Executive Director of Proinversion, presented to Japanese

businesses and investors some of the many projects available for private

investment in the Agency's portfolio of infrastructure projects and explained

the way in which the private investment and tender process works in Peru. He

exhibited several projects such as Lines 3 & 4 of the Lima - Callao metro, the

Huancayo - Huancavelica railway and several regional roads. He included also

the calls for tender that are open such as for the construction of electricity

generation plants, correctional facilities, real estate and solid waste

treatment plants. Mr. Herrera concluded: "the visit to Tokyo has been a great

success, proving that there is an ever increasing interest from Japanese

companies in doing business in Peru, due to a like-minded approach of

transparency and public responsibility."

Contact: Rodolfo Milesi, rmilesi@brandinglatinamerica.com, +44-7919-020-847

Source: Proinversion

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中