アエロフロート航空がIATAの運航安全監査を成功裏に通過

アエロフロート航空

2015/6/8 14:45

アエロフロート航空がIATAの運航安全監査を成功裏に通過

AsiaNet 60780(0760)

【モスクワ2015年6月5日PRN=共同通信JBN】アエロフロート航空(Aeroflot、モスクワ証券取引所:AFLT)は、国際航空運送協会(IATA)の国際運航安全プログラム(IOSA)基準に基づく運行安全監査を無事通過した。IOSA認証とIOSA登録済み運航者の資格は2017年10月まで延長された。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150115/724686

IATAの監査担当者はアエロフロートの運航に関し5日間にわたって詳細な監査を実施した。今回の監査によって1件も国際基準違反がみつからなかった。この結果は世界の航空産業で傑出している。

アエロフロート航空は今回のIOSA監査で6回目の更新になる。最初の認証は2005年で、このときアエロフロートはロシアの民間航空会社として初のIOSA認証航空会社となった。ロシアの他の航空会社もその後、先駆的なリーダーの経験にならってアエロフロートの申請に続いた。

IOSA基準は、航空業界の新たな課題や要求に対応するため定期的に改訂されている。現在は8回目の改定基準が適用されている。

IOSA認証登録運航者の資格は2年間有効で、再認証を受ければ延長される。この資格は、航空会社がIATAとSkyTeamのメンバーになるためには必須である。IOSA認証はまた、コードシェア協定を締結ないしは延長する際に交渉相手の航空会社から要求される。

アエロフロート航空は運航のさまざまな側面で、厳格なIATA安全基準に準拠していることを繰り返し証明している。ことし初めアエロフロート航空はIATAの地上サービス安全監査プログラム(ISAGO)を無事認証されている。

▽アエロフロート航空について
アエロフロート航空はロシアを代表する航空会社で、欧州最大級の航空会社グループの1つ。2014年の旅客数はロシアで最大の2360万人(子会社を含めたアエロフロート・グループ全体では3470万人)を記録した。グローバルなスカイチーム(SkyTeam)加盟航空会社の誇るべきメンバーとして、アエロフロートとその提携航空会社は世界177カ国・地域の1052都市にフライトを就航させている。保有旅客機はエアバス、ボーイング、スホーイ製の計160機で、世界の大手航空会社の中でも最も機体年齢が若い旅客機群を運航する。同社は航空安全性でグローバルリーダーであり、世界的に認められた安全評価基準の外国航空機安全性評価査定(SAFA)で世界の主要航空会社と肩を並べる。ロシアではどの航空会社よりも先に、国際航空運送協会(IATA)の国際運航安全プログラム(IOSA)の認証を受け、2013年には5回目の更新を受けた。また、IATAが定めた地上サービス安全監査プログラム(ISAGO)に無事に認証されるとともに、ISO9001:2008、ISO14001:2004に完全準拠する。2014年には、SKYTRAX(スカイトラックス)から東欧のベスト・エアラインとして3度目の賞を授与された。詳しくはウェブサイトhttp://www.aeroflot.com を参照。

ソース:Aeroflot


Aeroflot has Passed IOSA Audit with Flying Colours

PR60780

MOSCOW, June 5, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

     Aeroflot (Moscow Exchange ticker: AFLT) has successfully passed the IATA
Operational Safety Audit to comply with IOSA standards. The IOSA certificate
and IOSA-registered operator status have been extended up to October 2017.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150115/724686 )

    IATA auditors conducted an expansive audit of Aeroflot's operation for five
days. This audit has not revealed even a single nonconformity to the
international standards. This result stands out in the global aviation industry.

    The latest recertification marks the sixth successful IOSA audit for
Aeroflot. The first of these dates back to 2005, when Aeroflot broke the ice
becoming the first IOSA operator in Russia's civil aviation. Other Russian
carriers later followed Aeroflot's suit falling back on the leader's experience.

    IOSA standards are regularly updated to live up to the new challenges and
demands of the world of aviation. The eighth revision of the standard is
currently in effect.

    IOSA-registered operator status is granted for a two-year term, eligible
for further extension through recertification. This status is obligatory for
the airline to be eligible for IATA membership as well as SkyTeam membership.
The IOSA certificate is also requested by would-be partner-airlines to conclude
or prolong code-share agreements.

    Aeroflot has repeatedly proved its compliance with stringent IATA safety
regulations in various aspects of the operation. Earlier this year Aeroflot
successfully passed the IATA Safety Audit for Ground Operations(ISAGO).

    About Aeroflot

    Aeroflot is Russia's flagship carrier and one of the largest airline groups
in Europe. In 2014, Aeroflot carried 23.6 million passengers (34.7 million
passengers as Aeroflot Group including subsidiaries), a record for any Russian
airline. A proud member of the SkyTeam global airline alliance, Aeroflot and
its partners serve 1,052 destinations in 177 countries worldwide. Aeroflot
operates the youngest fleet in the World (among the major airlines), numbering
160 Airbus, Boeing and Sukhoi airliners. Aeroflot is among the global leaders
in aviation safety. The company's European Community Safety Assessment of
Foreign Aircraft (SAFA) Index, which is the main globally recognized safety
parameter, is comparable to global peers. The first Russian carrier to enter
the IATA Operational Safety Audit (IOSA) register, renewing its registration
for the fifth time in 2013, Aeroflot has successfully passed the IATA Safety
Audit for Ground Operations (ISAGO) and is fully ISO 9001:2008, ISO 14001:2004
compliant. In 2014 Aeroflot was named by SKYTRAX as the Best Airline in Eastern
Europe for the third time. Find more at http://www.aeroflot.com.


Source: Aeroflot




本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中