パリで最上級メキシコ料理を

The Mexico Tourism Board

2015/7/8 17:15

パリで最上級メキシコ料理を

AsiaNet 61116 (0892)

【パリ2015年7月7日PRN=共同通信JBN】7月9日と10日、メキシコの優秀なシェフ4人がパリでメキシコ料理の最上級の技を披露する。その模様はネットでvisitmexico.com/venacomerで英語、スペイン語、フランス語で生放送される。これは現役のメキシコ料理のトップシェフを知るよい機会である(時刻はすべてパリ時間)。

▽メキシコ料理の簡単な歴史(7月9日16時)

ギジェルモ・ゴンサレス・ベリスタイン氏、レストランPangea(中南米レストラン50選で19位);モンテレイ、メキシコ

ギジェルモ・ゴンサレス・ベリスタイン氏はバハカリフォルニア州エンセナダ出身で、14歳で料理に関心を示した。欧州や米国のミシュラン星付きレストランで経験を積み、腕を磨いた後、非常に評価の高いPangeaを開店した。

▽プエブラ料理:プレコロンブス時代と植民地時代のハイブリッド(7月9日17時30分)

アンヘル・バスケス氏、レストランIntro;プエブラ、メキシコ

独力で世界を渡り歩くシェフ、アンヘル・バスケス氏はメキシコのプエブラで料理人の人生を歩き始め、ニューヨーク、次いでパリとバルセロナでZe kitchen Gallerie(パリ)、Cingle(バルセロナ)を含むミシュラン星付きレストランで働いた。2011年にベルリン、12年にリマの両大使館、13年にシカゴ・グルメ・フェスティバル、同年、マドリードでの国際観光見本市(FITUR)の開会カクテルパーティー、バチカンでの「メキシコ・クリスマス・カクテル」で2回、プエブラの料理を国際的に紹介してきた。

アンヘルは現在、プエブラでモロッコ、タイ、スカンジナビア、メキシコなどの趣を持ち込んだレストランIntroを経営している。彼の最新のプロジェクトは「Salome Antojeria del mar」と「La Palafoxiana mezcaleria y Champaneria」で、自身と友人らが創案した。

▽バハカリフォルニア地区:新世代メキシコ・シェフらのイノベーションの人気スポット(7月10日16時)

ディエゴ・エルナンデス・バケダノ氏、レストランCorazon de Tierra(中南米レストラン50選で42位);エンセナダ、メキシコ

ディエゴ・エルナンデス氏はベニト・モリナ氏、ギジェルモ・ゴンサレス氏、エンリケ・オルベラ氏らメキシコで最も有名なシェフの下でキャリアを積み始めた。ティフアナ料理芸術学校の公式学位を持ち、ティフアナのレストランUNOの共同経営者である。

2011年にThe Villa Valleyと共同でグアダルペ渓谷にレストランCorazon de Tierraを開いた。主としてエンセナダの流儀と習慣に焦点を当てたバハカリフォルニア料理の特性を示す。彼の料理へのアプローチは地域スタイルの独自の解釈であり、自然への感性と敬意を伝えることだ。2011年にTravel+Leisureで「ベスト・ニューシェフ」に指名され、「コラソン・デ・ティエラ」は12年、「ベスト・ホテルレストラン」を受賞した。13年には同じ雑誌で「ベスト・コンセプト」賞を受けた。Corazon de Tierraは同年、「中南米レストラン50選」の番付で30位となった。

▽ユカタン地方で新スタイルの料理を開発(7月10日17時30分)

ロベルト・ソリス氏、レストランNectar;メリダ、メキシコ

ロベルト・ソリス氏は経験なしに27歳でレストランNectarの開店を決意した。レストランの料理スタイルは最小限のコンセプトで始まり、徐々に伝統的なルーツから新ユカタン料理の創出へと進化した。ソリスの知識と職業的技能の大部分は豊富な個人的経験による。2004年に英国で世界的に有名なFat Duckレストラン、08年にニューヨークのトマス・ケラー氏のレストランPer Seで働き、10年には東京の成澤由浩シェフのレストラン「レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ(Les Creations de Narisawa)」にいた。2009年にパートナーのシェフ、ルイス・バロシオ氏と有名なフェスティバルKoobenを設立。現在、ロベルトは軽いメキシコ風タパスのレストランやタコス専門店などのプロジェクトに取り組んでいる。

時間はすべてパリ時間。ソーシャルメディアでの交流に参加を。ハシュタグ#venacomer

ソース:The Mexico Tourism Board

Mexican Gastronomy in Paris

PR61116

PARIS, July 7, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

     Please join four exceptional Mexican chefs as they present a unique

Mexican gastronomy masterclass experience in Paris, France on July 9 and July

10. The series will be broadcast live in English, Spanish and French at

visitmexico.com/venacomer.

    The special opportunity offers a chance to see some of Mexico's top chefs

in action:

    - A brief history of Mexican cuisine (July 9 at 16:00 hours, Paris local

time)

    Guilllermo Gonzalez Beristain, Pangea Restaurant (#19 on Latin America's 50

Best Restaurants); Monterrey, Mexico

    Originally from Ensenada, Baja California, Guillermo Gonzalez Beristain

showed an interest in cooking at the very early age of 14. Guillermo has taken

his years of experience and applied his skills while working in Michelin star

restaurants around Europe and the U.S., only to later open the well-respected

Pangea.

    - Puebla's gastronomy: a hybrid of both pre-Colombian and colonial periods

(July 9 at 17:30 hours, Paris local time)

    Angel Vazquez, Intro Restaurant; Puebla, Mexico

    A globetrotter chef in his own right, Angel Vazquez began his culinary

career in Puebla, Mexico and later went on to work in New York and at Michelin

star restaurants in both Paris and Barcelona, including Ze kitchen Gallerie and

Cingle. He has represented Puebla's cuisine internationally in the embassies of

Berlin 2011 and Lima 2012, at the Chicago Gourmet Festival in 2013, the

Inauguration Cocktail in FITUR, Madrid 2013, and twice at the Vatican for the

"Mexican Christmas Cocktail".

    Today, Angel owns Intro Restaurant in Puebla which carries the flavors of

Morocco, Thailand, Scandinavia, and Mexico among others. His latest projects

are the Antojeria "Salome Antojeria del mar" and "La Palafoxiana mezcaleria y

Champaneria", created by him and a group of friends.

    - Baja California region: a hot spot of innovation for a new generation of

Mexican chefs (July 10 at 16:00 hours, local Paris time)

    Diego Hernandez Baquedano; Corazon de Tierra Restaurant (#42 on Latin

America's 50 Best Restaurants); Ensenada, Mexico

    Diego Hernandez began his career in Mexico in the kitchens of some of the

country's most renowned chefs including Benito Molina, Guillermo Gonzalez and

Enrique Olvera. He earned his formal degree from Tijuana Culinary Art School

and was co-owner chef of UNO Restaurant in Tijuana.

    In 2011, in partnership with The Villa Valley, he created "Corazon de

Tierra Restaurant" in Valle de Guadalupe, an ode to Baja California cuisine,

focusing primarily on the ways and customs of Ensenada. His approach to cooking

is a personal interpretation of the regional style and conveys a sensitivity

and respect for nature. He was nominated as "Best New Chef" by Travel + Leisure

in 2011 and Corazon de Tierra received the "Best Hotel Restaurant" in 2012. He

was awarded the prize for "Best Concept" by the same publication in 2013. That

same year, Corazon de Tierra was placed # 30 on the list of "50 Best

Restaurants in Latin America".

    - Developing a new style of cuisine in the Yucatan region (July 10 at 17:30

hours, Paris local time)

    Roberto Solis, Nectar Restaurant; Merida, Mexico

    Roberto Solis decided to open his restaurant, Nectar, at the age of 27

without any previous experience. The restaurant's culinary style started out

with a minimalist concept that slowly evolved to create a New Yucatecan Cuisine

from traditional roots.

    Solis' knowledge and professional learning come largely from his rich

personal experiences. In 2004 he worked in the world-famous Fat Duck restaurant

in England. In 2008,  he was at Thomas Keller's restaurant Per Se in New York

and in 2010 in Les Creations of Narisawa in Tokyo with chef Yosihiro Narisawa.

In 2009 he established the famous festival Kooben with his partner Chef Luis

Barocio. Today, Roberto is working on several projects including a casual

Mexican tapas restaurant and a taqueria.

    All times are local Paris, France time. Join the conversation via social

media and use the hashtag #venacomer.

Source: The Mexico Tourism Board

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中