天体物理学者らの「Breakthrough Initiative」が地球外生命体探索に1億ドル

Breakthrough Initiatives

2015/7/21 17:15

天体物理学者らの「Breakthrough Initiative」が地球外生命体探索に1億ドル

AsiaNet 61240 (0536)

【ロンドン2015年7月20日PRN=共同通信JBN】
*(太陽系から)最も近いところにある100万の星や銀河、そして100の星雲からのデータ分析と世界最大の望遠鏡を動員する10年間の学際的調査プロジェクトを発表

英王立協会は21日、宇宙の生命(体)探索を再び活気づけるため前例のない1億ドルの世界的「ブレークスルー・イニシアチブ(Breakthrough Initiative)」プロジェクトを発表した。プロジェクトには、スティーブン・ホーキング、マーティン・リース、フランク・ドレーク、ジェフ・マーシー、ピート・ワーデン、アン・ドルーヤンらに加えて、ロシアの有力投資家ユリ・ミルナーが参加した。

  Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150720/238144

20日発表された2つのイニシアチブの1つである「ブレークスルー・リッスン(Breakthrough Listen)」は、地球からはるか離れた宇宙にある知的生命の兆候を探る、これまでで最も強力で包括的かつ徹底的な科学的調査となる。第2の「Breakthrough Message(ブレークスルー・メッセージ)」は、人類および惑星・地球を代表して、いつの日か地球外文明に送り込まれる可能性があるメッセージを作成する国際的コンペを開催する資金を提供する。

▽ブレークスルー・リッスンについて
 *地球外に存在する知的生命の兆候を探知する最大規模の科学的調査
 *世界で最も強力な望遠鏡2台へのアクセスを活用:米ウエストバージニア州にある直径100メートルのロバート・C・バーク・グリーンバンク望遠鏡(グリーンバンク望遠鏡(注1)とオーストラリアのニューサウスウェールズ州にある直径64メートルパークス・テレスコープ(パークステレスコープ)
 *地球外知的生命体探査(SETI)研究専用のこれまでのプログラムより50倍精度が高いSETI 探査
 *これまでのプログラムより10倍広い空をカバー
 *電波スペクトルは少なくともこれまでより5倍の範囲をスキャン(精査)、速度は100倍速い
 *電波探査と並行して、米カリフォルニア州にあるリック天文台(注2)の自動惑星探査望遠鏡が、光レーザー送信向けに世界最深・最広範の調査を実施
 *資金コミットメント1億ドル

▽前例のない(調査)範囲
プログラムは地球に最も近い100万の星の調査が含まれる。太陽系の中心と銀河面
全体をスキャン。銀河を超えて最至近距離にある100星雲からのメッセージを聴く。使われる望遠鏡は、それが低出力あるいは中出力であろうが、長距離信号に極めて感度がいい。

 *至近距離の1000の星の1つにある文明が普通の航空機用レーダーの出力で信号を送ってくる場合、ブレークスルー・リッスン計画の望遠鏡なら信号を検知できる
 *文明が銀河の中心部からわれわれがソーラーシステムを検知に使用する惑星間レーダーの出力の12倍以上で信号を送る場合、ブレークスルー・リッスンの望遠鏡はそれを検知することが可能
 *ブレークスルー・リッスンの光探査は、比較的近い星(25兆マイル離れた)からの100ワット・レーザー(通常の家庭用電球のエネルギー出力)を検知できる

▽オープンデータ、オープンソース、オープンプラットフォーム
プログラムは極めて大量のデータを生み出す。すべてのデータは一般公開される。これはこれまで公開された中でも最大量の科学データで構成される。ブレークスルー・リッスンのチームは、洪水のようなデータを移し、精査する最も強力なソフトウエアを利用し、開発する。同プロジェクトに利用されるソフトウエアとハードウエアは、世界のほかの望遠鏡と互換性があるので、これら望遠鏡も知的生命体の探索に加わることができる。ブレークスルー・リッスン用のソフトウエアを利用するとともに科学者や一般参加者は、データ解析のための自前のアプリを開発する目的でそのソフトウエアを付加することができる。

▽クラウドソースの処理能力
ブレークスルー・リッスンはまた、カリフォルニア大学バークレー校の画期的な分散型コンピューティングプラットフォームであるSETI@homeに参画して、それを支援する。同プラットフォームには、生命の兆候に対する天文学的データを調査するため、世界の900万人のボランティアが彼らの余分のコンピューティング能力を寄贈する。

▽ブレークスルー・メッセージについて
 *人類と惑星の地球を代表するデジタルメッセージを作成する国際コンペ
 *懸賞金は総額100万ドル
 *コンペの詳細は後日発表される
 *このイニシアチブは、メッセージを送るコミットメントではない。それは惑星間コミュニケーションで利用可能な言語について学び、倫理的(道義的)、理性的問題について世界的な論議を巻き起こす道である

▽プロジェクトリーダーシップについて
 *マーティン・リース(英王室天文学者、トリニティーカレッジ・フェロー、ケンブリッジ大学宇宙・天体物理学名誉教授)
 *ピート・ワーデン(ブレークスルー賞財団会長)
 *フランク・ドレーク(SETI協会名誉会長、カリフォルニア大学サンタクララ校の宇宙・天体物理学名誉教授、コーネル大学の元天文学ゴールドウィン・スミス教授)
 *ジェフ・マーシー(カリフォルニア大学バークレー校の天文学教授、アルバーツSETIチェア)
 *アン・ドルーヤン(NASA ボイジャーのInterstellar Messageクリエーティブ・ディレクター、Cosmos Studios共同創業者兼CEO、ライター、プロデューサー部門のエミー賞、ピーボディー賞)
 *ダン・ワルチマー(SETI@homeプロジェクトの共同創業者兼最高科学責任者、SERENDIP取締役、CASPER主任調査官)
 *アンドリュー・シーミオン(Berkeley SETI Research Centerディレクター)

ユリ・ミルナー氏は「ブレークスルー・リッスンによって、われわれは宇宙の知的生命探索に向けて、シリコンバレーのアプローチを持ち込むことにコミットしている。データに対するわれわれのアプローチはオープンであり、ソーシャルネットワークによる問題解決能力を利用する」と語った。

スティーブン・ホーキング氏は「私はブレークスルー・イニシアチブと地球外生命体の探索を強く支持する」と語った。

フランク・ドレーク氏は「たった今でも、部屋や私たちすべてに、星から飛んで来るメッセージがあるかもしれない。私はそのことだけでも背筋が凍り付く思いである。知的生命の探査は偉大な冒険である。そしてブレークスルー・リッスンはそれを鼓舞してくれる」と語った。

同氏はさらに「われわれは宇宙からの信号を探す方法について、過去50年で大いに学んだ。ブレークスルー・イニシアチブによって、その学習曲線は著しく上向きそうだ」と述べた。

アン・ドルーヤン氏は「ブレークスルー・メッセージのコンペは、数百万のイマジネーションを誘発し、宇宙で実際にわれわれが何者で、地球上で生ける者の本質を共有したいのは何かについての議論を生むよう企画されている。われわれが1つもメッセージを送らないにしても、コンセプト作りをする行動は変革させる力がある。ボイジャーによる惑星間メッセージを作成するに当たって、われわれの惑星、われわれの種、われわれの時間に関する宇宙観を達成するよう努めた。それははるか未来の遠い世界の想像上の地球外生物とわれわれ現代人という2つの異なる受信者を視野に入れている。メッセージが始まって40周年記念が近づいているので、私はわれわれが皆で一緒に発見するもののため、そしてわれわれの将来展望とこの世界での行動についても発信できることを願って、ブレークスルー・メッセージプロジェクトで協力する機会を与えられて非常に感謝している」と語った。

詳しい情報はhttp://www.breakthroughinitiatives.org を参照。

21日の記者会見の画像、ビデオ、資料は、以下のリンクからメディア向けにダウンロードできる。その内容は終日アップロードすることができる。
  Link: www.image.net/BreakthroughLifeintheUniverseInitiatives

(注1)グリーンバンク望遠鏡は米国立電波天文台(NRAO)と米国北東部大学連合(Associated Universities Inc. )によって全米科学財団に代わって運営されている。
(注2)リック天文台の自動惑星探索はカリフォルニア大学天文台によって運営されている。

ソース:Breakthrough Initiatives

▽メディア問い合わせ先
media@breakthroughprize.org; or

Rubenstein Communications, Inc., New York, NY,
Janet Wootten,
jwootten@rubenstein.com
+1-212-843-8024


Yuri Milner and Stephen Hawking Announce $100 Million Breakthrough Initiatives to Dramatically Accelerate Search for Intelligent Life in the Universe

PR61240

LONDON, July 20, 2015 /PRN =KYODO JBN/ --

-- 10-year, Multi-disciplinary Search Effort Will Harness World's Largest
Telescopes to Mine Data from Nearest Million Stars, Milky Way and 100 Galaxies

   Yuri Milner was joined at The Royal Society today by Stephen Hawking, Martin
Rees, Frank Drake, Geoff Marcy, Pete Worden and Ann Druyan to announce the
unprecedented $100 million global Breakthrough Initiatives to reinvigorate the
search for life in the universe.

    Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150720/238144

   The first of two initiatives announced today, Breakthrough Listen, will be
the most powerful, comprehensive and intensive scientific search ever
undertaken for signs of intelligent life beyond Earth. The second, Breakthrough
Message, will fund an international competition to generate messages
representing humanity and planet Earth, which might one day be sent to other
civilizations.

   Breakthrough Listen

    - Biggest scientific search ever undertaken for signs of intelligent life
      beyond Earth.
    - Significant access to two of the world's most powerful telescopes - 100
      Meter Robert C. Byrd Green Bank Telescope in West Virginia, USA ("Green
      Bank Telescope")(1) and 64-metre diameter Parkes Telescope in New South  
      Wales, Australia ("Parkes Telescope").
    - 50 times more sensitive than previous programs dedicated to SETI
      research.
    - Will cover 10 times more of the sky than previous programs.
    - Will scan at least 5 times more of the radio spectrum - and 100 times
      faster.
    - In tandem with a radio search, Automated Planet Finder Telescope at Lick
      Observatory in California, USA ("Lick Telescope")(2) will undertake
      world's deepest and broadest search for optical laser transmissions.
    - Initiative will span 10 years.
    - Financial commitment is $100,000,000.

   Unprecedented scope

   The program will include a survey of the 1,000,000 closest stars to Earth.
It will scan the center of our galaxy and the entire galactic plane. Beyond the
Milky Way, it will listen for messages from the 100 closest galaxies. The
telescopes used are exquisitely sensitive to long-distance signals, even of low
or moderate power:

    - If a civilization based around one of the 1,000 nearest stars transmits
      to us with the power of common aircraft radar, Breakthrough Listen
      telescopes could detect it.
    - If a civilization transmits from the center of the Milky Way, with any
      more than 12 times the output of interplanetary radars we use to probe
      the Solar System, Breakthrough Listen telescopes could detect it.
    - From a nearby star (25 trillion miles away), Breakthrough Listen's
      optical search could detect a 100-watt laser (energy output of normal
      household light bulb).

   Open Data, Open Source, Open Platform

   The program will generate vast amounts of data. All data will be open to the
public. This will likely constitute the largest amount of scientific data ever
made available to the public. The Breakthrough Listen team will use and develop
the most powerful software for sifting and searching this flood of data. All
software will be open source. Both the software and the hardware used in the
Breakthrough Listen project will be compatible with other telescopes around the
world, so that they could join the search for intelligent life. As well as
using the Breakthrough Listen software, scientists and members of the public
will be able to add to it, developing their own applications to analyze the
data.

   Crowdsourced processing power

   Breakthrough Listen will also be joining and supporting SETI@home,
University of California, Berkeley's ground breaking distributed computing
platform, with 9 million volunteers around the world donating their spare
computing power to search astronomical data for signs of life. Collectively,
they constitute one of the largest supercomputers in the world.

   Breakthrough Message

    - International competition to create digital messages that represent
      humanity and planet Earth.
    - The pool of prizes will total $1,000,000.
    - Details on the competition will be announced at a later date.
    - This initiative is not a commitment to send messages. It's a way to
      learn about the potential languages of interstellar communication and to
      spur global discussion on the ethical and philosophical issues
      surrounding communication with intelligent life beyond Earth.

   Project Leadership

    - Martin Rees, Astronomer Royal, Fellow of Trinity College; Emeritus
      Professor of Cosmology and Astrophysics, University of Cambridge.
    - Pete Worden, Chairman, Breakthrough Prize Foundation.
    - Frank Drake, Chairman Emeritus, SETI Institute; Professor Emeritus of
      Astronomy and Astrophysics, University of California, Santa Cruz;
      Founding Director, National Astronomy and Ionosphere Center; Former
      Goldwin Smith Professor of Astronomy, Cornell University.
    - Geoff Marcy, Professor of Astronomy, University of California, Berkeley;
      Alberts SETI Chair.
    - Ann Druyan, Creative Director of the Interstellar Message, NASA Voyager;
      Co-Founder and CEO, Cosmos Studios; Emmy and Peabody award winning
      Writer and Producer.
    - Dan Werthimer, Co-founder and chief scientist of the SETI@home project;
      director of SERENDIP; principal investigator for CASPER.
    - Andrew Siemion, Director, Berkeley SETI Research Center.

   Yuri Milner said: "With Breakthrough Listen, we're committed to bringing the
Silicon Valley approach to the search for intelligent life in the Universe. Our
approach to data will be open and taking advantage of the problem-solving power
of social networks."   

   Stephen Hawking said: "I strongly support the Breakthrough Initiatives and
the search for extraterrestrial life."

   Frank Drake said: "Right now there could be messages from the stars flying
right through the room, through us all. That still sends a shiver down my
spine. The search for intelligent life is a great adventure. And Breakthrough
Listen is giving it a huge lift."

   "We've learned a lot in the last fifty years about how to look for signals
from space. With the Breakthrough Initiatives, the learning curve is likely to
bend upward significantly," added Frank Drake.

   Ann Druyan said: "The Breakthrough Message competition is designed to spark
the imaginations of millions, and to generate conversation about who we really
are in the universe and what it is that we wish to share about the nature of
being alive on Earth. Even if we don't send a single message, the act of
conceptualizing one can be transformative. In creating the Voyager Interstellar
Message, we strived to attain a cosmic perspective on our planet, our species
and our time. It was intended for two distinct kinds of recipients - the
putative extraterrestrials of distant worlds in the remote future and our human
contemporaries. As we approach the Message's fortieth anniversary, I am deeply
grateful for the chance to collaborate on the Breakthrough Message, for what we
might discover together and in the hope that it might inform our outlook and
even our conduct on this world."

   Additional information: http://www.breakthroughinitiatives.org .

   Images, video and materials from today's press conference are available for
media download at the below link. Content will be uploaded throughout the day.

   Link: www.image.net/BreakthroughLifeintheUniverseInitiatives

   (1) The Green Bank Telescope is operated on behalf of the National Science
Foundation by the National Radio Astronomy Observatory/Associated Universities
Inc.

   (2) The Automated Planet Finder at Lick Observatory is operated by the
University of California Observatories.

    SOURCE: Breakthrough Initiatives

   CONTACT: For media inquiries:
            media@breakthroughprize.org; or

            Rubenstein Communications, Inc., New York, NY,
            Janet Wootten,
            jwootten@rubenstein.com
            +1-212-843-8024

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中