SPEEDEX Verio「CPX」の機能を継承したコントロールパネル「S.Panel」利用可能プランの提供を開始

アールエムエス

2015/7/22 14:00

再販売用レンタルサーバーSPEEDEXを運営する株式会社アールエムエスは、NTT/Verioが2015年12月末にサービス停止することを受け、2015年8月より、VerioのVPSで利用されているコントロールパネル「CPX」の機能を継承したコントロールパネル「S.Panel」を利用できるプランの提供を開始します。

2015年7月22日

株式会社アールエムエス

SPEEDEX Verio VPSで利用されているコントロールパネル

「CPX」の機能を継承したコントロールパネル「S.Panel」を

利用できるプランの提供を開始

再販売用レンタルサーバーの「SPEEDEX」を運営する株式会社アールエムエス(本社:東京都多摩市)では、NTT/Verioが2015年12月末にサービス停止することを受け、2015年8月より、VerioのVPSで利用されているコントロールパネル「CPX」の機能を継承したコントロールパネル「S.Panel」(エスパネル)を利用できるプランの提供を開始します。

「S.Panel」はサーバー管理機能に関してはユーザーインタフェースも含めほぼCPXと同一で、Webメール機能に関しては、モバイル利用にも適したHordeを組込んでいます。

「S.Panel」を利用できる「クラウドS.Panelプラン」は、これまで提供してきた他のプランと同様、独自ブランド名・独自価格設定で分割再販売できます。

■クラウドS.Panelプラン提供開始スケジュール

弊社既存パートナーへの提供開始:2015年8月1日(土)~

新規パートナーへの提供開始:2015年8月17日(月)~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クラウドS.Panelプラン基本仕様

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・OS:CentOS6

・コントロールパネル:S.Panel

・データセンター:NTTコミュニケーションズデータセンター

・月間データ転送量:無制限

・独自ドメイン設置可能数:無制限

・ウイルスチェック:KASPERSKYアンチウイルス

・データバックアップ:別のデータセンターに毎日1回バックアップ、7世代

・共用SSL利用可能

・IPアドレスの追加なしで独自証明書を追加可能(SNI(Server Name Indication))

※プランは10種類、各プランではディスク容量15GBを基本に、40GB・100GB・300GB・500GB・1TB追加を選択できます(基本の15GBのうち、データ領域として利用できるのは10GB程度です)。

※その他詳細は以下のURLをご確認ください。

詳細: https://www.speedex.ne.jp/cloud/spanel/

■会社概要

社名   : 株式会社アールエムエス

所在地  : 東京都多摩市鶴牧1-4-10

設立   : 昭和55年10月

代表   : 代表取締役 望月 忠雄

URL    : https://www.speedex.ne.jp/

■本件に関するお問合せ先

法人営業部 SPEEDEX(スピーデックス)担当

TEL :042-357-5261

E-MAIL:info@speedex.ne.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中