マイクロソフトがプロダクティビティーを変革 Dynamics CRM 2016をリリースへ

マイクロソフト

2015/9/9 18:50

マイクロソフトがプロダクティビティーを変革 Dynamics CRM 2016をリリースへ

AsiaNet 61716(1146)

【レッドモンド(米ワシントン州)2015年9月8日PRN=共同通信JBN】
*Microsoft Dynamics CRM 2016はプロダクティビティー、インテリジェンス、モビリティー、顧客サービスを強化する機能を搭載

マイクロソフト(Microsoft Corp.)(http://www.microsoft.com/ )(Nasdaq "MSFT")は8日、新たな能力を公開し、顧客エンゲージメント・ソリューションの最新リリースMicrosoft Dynamics CRM 2016を今年後半に提供すると発表した。Dynamics CRMでは最も総合的なアップデートとなるMicrosoft Dynamics CRM 2016は、企業および従業員がより多くを達成することを支援する大幅なプロダクティビティーの強化によってインテリジェンス、モビリティー、サービスの向上させる機能を含んでいる。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO

新しい強化は組織のプロダクティビティーを向上させるように設計され、Dynamics CRMアプリケーションおよび電子メール、Excel、容易なタスクマネジメントのためのOneDrive for Business、外出中の従業員向けの強化されたモバイル体験、豊富なデータ・分析などのプロダクティビティー・アプリケーションにおいて、シンプルかつシームレスな体験を提供する。これは今年後半に発売される。

Microsoft Dynamics CRM担当コーポレート・バイスプレジデントであるボブ・シュルツ氏は「マイクロソフトが顧客の成功にこだわるのは、プロダクティビティーとビジネスプロセスを改革したいという願望に根ざしている。Dynamics CRM 2016は完全な新設計で、雑念を取り払うためにすべてのコア機能を単一のシステムで提供し、仕事を成し遂げることを容易にするとともにプロダクティビティーを大幅に向上させて、当社の顧客が顧客へのサービス提供に時間を割けるようにする」と語った。

Experimental Psychology誌(注1)によると、ユーザーがプログラムないしはアプリケーションをオンオフするたびに、プロダクティビティーが40%低下する。マイクロソフトは、今回の新リリースでこの問題に真正面から取り組み、組織が単一の体験で顧客対応の業務を管理でき、エクスポートないしはオンオフする必要をなくすことを設計原則に据え、基本タスクを自動化することによって、業務完了までの時間を大幅に短縮し、時間を節約した。さまざまなタスク、機能、シナリオ向けの新しいExcelテンプレートを装備したDynamics CRMの中でExcel体験が強化されることで、ユーザーは多大な時間を必要とする複雑なエクスポートとは対照的にファンクションを効率的に切り替えることが可能となり、CRM体験の中でシンプル、かつなじみある分析を使って顧客プロセスを拡大することができる。組織はOneDrive for Businessおよび新たなドキュメント生成機能と一体化されたDynamics CRMの中で、ドキュメントにもアクセスできる。Microsoft Dynamics CRM 2016のリリースはまた、Delve機能性をアプリケーションに導入する。Office Graphで動作するDelveはユーザーがコンテンツを表示することによってプロダクティビティーを向上させることを支援し、販売員が人気のあるセールスプレゼンテーションや提案など機会ないしは説明に役立つ可能性がある情報を見つけることを可能にする。

データをインテリジェントなアクションに転換することはビジネス変革とプロダクティビティーの要であり、Dynamics CRMの新リリースは、データ管理とCortana Analytics Suiteで動作する高度な分析機能を含んでいる。これにはビジネス知見を可能にするAzure Machine Learningが含まれており、販売員は顧客ニーズを予見することができる。

モビリティーはプロダクティビティーの中核であり、Dynamics CRMの新バージョンは電話およびタブレット、あらゆる主要なモバイル・プラットフォーム(Android、iOS、Windows)で、販売およびサービス担当者に完全なオンライン機能を提供する。今回のリリースはまた、タスクに特化したモバイルアプリを開発する機能も導入し、外回りの販売関連業務の完了や次世代Cortana統合を効率化し、中核となる取引、説明、業務を携帯情報端末上に表示できる。

顧客サービスは、あらゆる顧客エンゲージメント戦略にとって極めて重要な要素である。Dynamics CRMの新バージョンは、セルフサービス、支援サービス、現場サービスにおける顧客サービス向けのエンドツーエンド・ソリューションを提供し、顧客関係のループを縮める。

▽販売プロダクティビティーで実証された成功
昨年、マイクロソフトは販売プロダクティビティーの宣伝オファー(Sales Productivity、Connect with Customers、Connected Cloudプロモーション)を打ち出し、組織がDynamics CRM Online、Power BI、Office 365を通じた単一のオファーでプロダクティビティーおよびインテリジェンスの恩恵を受けることを容易にした。このソリューションは引き続き、割引のプログラマティック・オファーとして購入することができる。マイクロソフトは10月から、Dynamics CRM Online Professional Add On to Office 365によって新しい販売および価格モデルに合わせたこれらの総合サービスを提供する。

販売プロダクティビティーのオファーは、企業の間で極めて人気があることを実証されている(https://community.dynamics.com/b/msftdynamicsblog/archive/2015/09/08/five-ways-customers-are-getting-more-done-with-microsoft-sales-productivity-solution )。それは、企業が優れた価格で職場の垣根を取り払うことに成功したことを引き合いに出したり、収益増大、競争と区別することに役立つパーソナル化、企業と常連顧客の双方の成長の支援につながるコラボレーションを強化した。

O'Neal Steelのセールス&マーケティング・マネジャーであるデービッド・ゴフ氏は「われわれは、もっと優れた企業に、もっと強力な企業に、もちろん大企業になりたいと思っている。Microsoft Dynamics CRM OnlineとOffice 365は、当社の事業が拡大する際に当社がサービスに専念することに役立っている。当社の顧客が何かを必要とするとき、顧客は誰に電話すればよいか承知している。また顧客がその販売員に電話すれば、正確でタイムリーな情報をもらえることを確信している」と語った。

マイクロソフトは今週、Dynamics CRM Release Preview Guideをオンライン上に公開し、Dynamics CRM 2016の進展、機能、能力のすべてを掲載する。マイクロソフトは近く、モビリティー、インテリジェンス、サービスにおける進展に関する詳細を発表し、アップデートされたDynamics CRM 2016を発売する。

ボブ・シュルツ氏のブログポストはCRM Connection(https://community.dynamics.com/crm/b/crmconnection/default.aspx )で閲覧できる。さらに、http://www.twitter.com/msdynamicscrm 、#MSDYNCRMの@MSDynamicsCRM(http://www.twitter.com/msdynamicscrm )でMicrosoft Dynamics CRMコミュニティーをフォローし、コミュニティーと交流できる。

▽Microsoft Dynamicsについて
成功を収めたあらゆる企業の中心には、実際の業務を担う人々が存在する。Microsoft Dynamicsは、最高の仕事の遂行を可能にする直感的なツールを使って個人を支援する最新のビジネス・ソリューションを設計した。マイクロソフトのプロアクティブで使い勝手のよいビジネス・アプリケーションは、人々やシステムが動きに順応し、企業が絶え間なく変化する世界で迅速に展開し、先進的であることを可能にする。

▽マイクロソフトについて
マイクロソフト(Nasdaq "MSFT" @microsoft)はモバイルファースト、クラウドファーストの世界向けのプラットフォームおよびプロダクティビティーをリードする企業であり、そのミッションは世界のすべての人、すべての組織がさらに多くを実現することを支援する。

(1)Rubinstein, Joshua S.; Meyer, David E.; Evans, Jeffrey E. (2001).
"Executive Control of Cognitive Processes in Task Switching. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance," 27(4), 763-797

(編集者注)
マイクロソフトについての詳しい情報、ニュース、展望はマイクロソフト・ニュース・センター(http://www.microsoft.com/news )を参照。ウェブサイトのリンク、電話番号、肩書は本リリース発表時には正確なものだが、その後、変わった可能性もある。さらにアシスタンスが必要な場合、ジャーナリストやアナリストはマイクロソフトのRapid Response Team、または以下の適切な連絡先に問い合わせを。
http://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contacts

ソース:Microsoft Corp.

▽報道関係問い合わせ先
Rapid Response Team
Waggener Edstrom Communications
+1 (503) 443-7070
rrt@waggeneredstrom.com


Microsoft reinvents productivity with upcoming release of customer engagement solution

PR61716

REDMOND, Wash., Sept. 8, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

     - Microsoft Dynamics CRM 2016 features enhancements in productivity,
                 intelligence, mobility and customer service.

Microsoft Corp. (http://www.microsoft.com/) (Nasdaq "MSFT") on Tuesday unveiled
new capabilities it will deliver later this calendar year with Microsoft
Dynamics CRM 2016, the latest release of its customer engagement solution. The
most comprehensive upgrade ever for Dynamics CRM includes advancements in
intelligence, mobility and service, with significant productivity enhancements
to help businesses and workers achieve more.  

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO

The new enhancements are designed to increase productivity for organizations by
providing a simple and seamless experience across their Dynamics CRM
application and their productivity applications like email, Excel, OneDrive for
Business for easier task management, an enhanced mobile experience for the
worker on the go, and enriched data and analytics, all of which will be
available later this calendar year.

"Microsoft's obsession with customer success is rooted in our ambition to
reinvent productivity and business processes," said Bob Stutz, corporate vice
president, Microsoft Dynamics CRM. "Dynamics CRM 2016 is designed from the
ground up to deliver core capabilities all in a single system to eliminate
distractions, to make it easier to get things done, and to dramatically
increase productivity so our customers can spend more time serving their
customers."

According to the Journal of Experimental Psychology(1) every time a user
switches programs or applications, there is a 40 percent reduction in
productivity. Microsoft has taken this issue head-on in the new release with a
design principle that allows organizations to manage their customer-facing
activities in a single experience, with no need to export or switch,
drastically reducing the time to completion and saving time by automating
fundamental tasks. Through an enhanced Excel experience within Dynamics CRM,
complete with new Excel templates for various tasks, functions and scenarios,
users can now efficiently toggle between functions as opposed to time-consuming
and complex exporting, enabling them to augment their customer processes with
simple, familiar analysis within their CRM experience. Organizations will also
have access to their documents within Dynamics CRM via integration with
OneDrive for Business and new document generation capabilities. The Microsoft
Dynamics CRM 2016 release also introduces Delve functionality into the
application. Powered by Office Graph, Delve helps users increase productivity
by surfacing key content - enabling salespeople to discover information that
may help them with their opportunity or account, such as popular sales
presentations and proposals.

Turning data into intelligent action is a cornerstone of business
transformation and productivity, and the new Dynamics CRM release includes data
management and advanced analytics capabilities powered by Cortana Analytics
Suite. This includes Azure Machine Learning that can enable business insights
so that sales reps are able to predict their customers' needs.

Mobility is core to productivity, and the next version of Dynamics CRM will
provide full offline capabilities for sales and service professionals on phones
and tablets and across all major mobile platforms (Android, iOS and Windows).
The release also introduces the ability to create task-centered mobile apps to
streamline the completion of sales-related activities on the go and
next-generation Cortana integration to surface core deals, accounts and
activities within the personal assistant.

Customer service is a critical element of any customer engagement strategy. The
next version of Dynamics CRM delivers an end-to-end solution for customer
service across self-service, assisted service and field service to close the
customer relationship loop.

Proven success in sales productivity  

Last year, Microsoft launched sales productivity promotional offers (Sales
Productivity, Connect with Customers, and Connected Cloud promotions) to make
it easy for organizations to reap the benefits of productivity and intelligence
in a single offering through Dynamics CRM Online, Power BI and Office 365. This
solution will continue to be available for purchase as a discounted
programmatic offer. The company will offer these comprehensive services aligned
to a new sales and pricing model, via the Dynamics CRM Online Professional Add
On to Office 365 beginning in October.

The sales productivity offering has proved to be very popular with businesses (
https://community.dynamics.com/b/msftdynamicsblog/archive/2015/09/08/five-ways-customers-are-getting-more-done-with-microsoft-sales-productivity-solution
) as they have cited its success in breaking down silos at a great price,
increased collaboration leading to increased revenue, personalization that
helps differentiate from competition, and help in growing both the business and
loyal customers.

"We want to be a better company, a stronger company, and, of course, a larger
company," said David Goff, sales & marketing manager at O'Neal Steel.
"Microsoft Dynamics CRM Online and Office 365 are helping us maintain our focus
on service as our business grows. When our customers need something, they know
the person to call; and when they call that salesperson, they know they're
going to get accurate and timely information."

The company this week will post the Dynamics CRM Release Preview Guide, which
outlines all the advancements, features and capabilities in Dynamics CRM 2016.
The company will announce additional details related to advancements made in
the areas of mobility, intelligence and service in the coming weeks leading up
to the availability of the update.

A blog post by Bob Stutz is available on CRM Connection
(https://community.dynamics.com/crm/b/crmconnection/default.aspx). In addition,
all can follow and engage with the Microsoft Dynamics CRM community
@MSDynamicsCRM (http://www.twitter.com/msdynamicscrm) at
http://www.twitter.com/msdynamicscrm, #MSDYNCRM.

About Microsoft Dynamics

At the heart of every successful business are the people who make things
happen. Microsoft Dynamics designs modern business solutions that empower
individuals with intuitive tools that allow them to do their best work. Our
proactive, easy-to-use business applications adapt to the way people and
systems work, enabling businesses to rapidly deploy and be forward-looking in
an ever-changing world.

About Microsoft

Microsoft (Nasdaq "MSFT" @microsoft) is the leading platform and productivity
company for the mobile-first, cloud-first world, and its mission is to empower
every person and every organization on the planet to achieve more.

(1) Rubinstein, Joshua S.; Meyer, David E.; Evans, Jeffrey E. (2001).
"Executive Control of Cognitive Processes in Task Switching. Journal of
Experimental Psychology: Human Perception and Performance," 27(4), 763-797

Note to editors: For more information, news and perspectives from Microsoft,
please visit the Microsoft News Center at http://news.microsoft.com. Web links,
telephone numbers and titles were correct at time of publication, but may have
changed. For additional assistance, journalists and analysts may contact
Microsoft's Rapid Response Team or other appropriate contacts listed at
http://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contacts.

SOURCE  Microsoft Corp.

CONTACT:  For more information, press only - Rapid Response Team, Waggener
Edstrom Communications, +1 (503) 443-7070, rrt@waggeneredstrom.com


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中