Chainが大手金融機関から3000万ドルを調達

Chain, Inc.

2015/9/11 10:29

Chainが大手金融機関から3000万ドルを調達

AsiaNet 61737(1155)

【サンフランシスコ2015年9月10日PRN=共同通信JBN】

*ビザ、Nasdaq、Citi、Capital One、Fiserv、Orangeと提携

*ブロックチェーン技術プラットフォームが安全でピアツーピアの資産移送を可能に

金融機関にブロックチェーン技術ソリューションを提供する有力企業のChain, Inc.は10日、主要金融機関と大手決済会社のシンジケートから新株発行によって3000万ドルの資金を調達したと発表した。出資したのはビザ(Visa)、Nasdaq、Citi Ventures、Capital One、Fiserv、Orange。こうした最新の提携企業はChainとともにブロックチェーン・ワーキング・グループ(Blockchain Working Group)を結成し、この技術のさまざまな市場への応用を探り、相互運用性に向けて協力してアプローチする。Chainの取締役会には、元アメリカン・エクスプレス(American Express)の最高経営責任者(CEO)で、RRE Venturesを創設したジム・ロビンソンⅢ世が加わった。

Chainのアダム・ラドウィンCEOは「ブロックチェーンは単なる金融技術ではなく、戦略である。ブロックチェーンのネットワークは理知的に導入することにより、資産のやり取りが飛躍的に向上する。将来の市場構造の必然的な変化を最も享受すると信じる各組織との提携を、とても喜んでいる」と述べた。

ビザでイノベーションと戦略提携を担当するジム・マッカーシー上級副社長は「Chainへの投資は、ブロックチェーンのような技術の開発に長年取り組むビザの意気込みを表す。そうした技術はわが社のクライアントや顧客にとって、安全で便利なデジタル決済を進歩させる可能性がある」と指摘した。

ブロックチェーンは暗号を使用した安全なネットワークを通して、第3者の媒介物を代用して金融資産を転送する新しいモデル。市場で資産を保有する人は、低コストで瞬時にピアツーピアで取引できる。転送および発行できる資産には証券や通貨、ギフトカード、モバイルミニッツ、文書データ、ロイヤルティポント、エネルギークレジットなどが含まれる。取引はネットワークの共用ページに自動的に記録されるため、資産の発行者や所有者、規制担当者にとって透明性が高い。さらに暗号署名を使用することでカウンターパーティーリスクが低下し、不正行為を防ぐ。このためブロックチェーンに基づく資産転送はその他の方法より安全性に優れている。

Citi Venturesのグローバル・ベンチャー・インベスティング共同ヘッドでマネジング・ディレクターのラムニーク・グプタ氏は「ブロックチェーンは金融サービスを根本的に変える新世代の技術。Chainのプラットフォームを活用し、Citiの多角的ブロックチェーン戦略の一環として、その応用を早急にテストし、展開することに期待している。その戦略は単なる通貨や決済にとどまらず、顧客の満足度を飛躍的に高める可能性を秘めている」と語った。

Chainは1年ほど前に発足したばかりだが、First DataやNasdaqなど大手機関数社と密接な関係を築いている。

Nasdaqのブラッド・ピーターソン最高情報責任者(CIO)は「金融市場の効率性を高める上で、Chainはわが社と密接に協力している。同社のプラットフォームは、わが社がさまざまなブロックチェーンの取り組みで市場にアクセスする時間の短縮を助けてくれている。同社への投資を通して、提携関係が深まることに期待している」と話した。

Chainは大手機関と提携し、特定の市場や資産を対象にしたブロックチェーンネットワークを設計、展開、運用している。こうした特定のネットワークは通常ビットコイン通貨を使用しないが、共通するオープンなプロトコールに基づくので、ほかのオープンなデジタル通貨ネットワークと相互運用ができる。

Fiservジェフ・ヤブキCEOは「ブロックチェーン技術によって金融市場の利用性が良くなる新しい機会が生まれる。わが社のChainの投資は、金融サービスの革新に取り組むわが社の姿勢を表している。この重要な技術を発展させるためにChainの経営チームと協力できることを楽しみにしている」と述べた。

Chainの使い勝手がよい安全なソフトウエアプラットフォームはオープンな仕様で、発行者と資産保有者、ほかの市場参加者がブロックチェーンネットワーク上でつながり、取引するすべての機能を備えている。プラットフォームには企業がサンドボックス環境で試作品を早急に製作できる開発ツールも含んでいる。Chainのエンジニアリームは過去にSalesforce.comやマイクロソフト(Microsoft)でソフトウエアインフラストラクチャーを構築したことがある。

Capital One Venturesのアダム・ブーティン氏は「Chainの開発者主体の技術プラットフォームは使いやすく、強力だ。わが社がブロックチェーン技術の途方もない可能性を探り始めた時、Chainのチームは力強い戦略思考パートナーになってくれて、社内ハッカソンでは48時間のうちに12の異なるソリューションが生まれた」と打ち明けた。

ブロックチェーン技術は金融サービス以外の企業にも役に立つ。例えば、毎日大規模なデジタルデータを処理する携帯電話会社などが含まれる。

Orangeのピエール・ルエット次席CEOは「ブロックチェーンには圧倒的な可能性があると信じている。Chainの主力提携企業と投資企業となることで、わが社はこの技術を急速に学び、テストを実施できる。顧客へのサービスを改善して新しいサービスを導入するために、わが社の事業の中で多角的な利用形態を創出するよう努めていきたい」と語った。

Chainの新しい戦略的投資家は、同社とともにブロックチェーン・ワーキング・グループを結成し、ブロックチェーン技術にかかわる主要なテクノロジストや学識者、研究者を交えて、半年ごとに会議を開く。そこでは相互に学び、専門家から意見を聞いた上で、次世代金融ネットワーク間の相互運用の重要点を見いだすことが可能になる。

Chainの既存の投資家は、Khosla Ventures、RRE Ventures、Thrive Capital、SV Angelのほか、デービッド・クールター元バンク・オブ・アメリカCEO、X PRIZE Foundationのピーター・ディアマンディスCEO、MongoDB共同創業者のケビン・ライアン氏。

▽Chainについて

Chain Incは大手金融機関と提携し、デジタル資産をシームレス、プログラマティック、ピアツーピアな転送を送可能にするブロックチェーンネットワークの構築と展開に務めている。そのプラットフォームはオープンで相互運用可能なビットコイン・プロトコールに基づき、金融機関は特定の市場に合わせたプライベートネットワークでデジタル資産の開発、発行、保有、転送ができる。早期の試作のためのサンドボックス開発から、生産システムのためのネットワークノードの確保まで、さまざまなソリューションを提供している。本社は米カリフォルニア州サンフランシスコ。詳しい情報はwww.chain.com を参照。プレスや一般の問い合わせは電子メールでhello@chain.com まで。

▽問い合わせ先

Elizabeth Alinikoff

elizabeth@chain.com

ソース:Chain, Inc.

Chain Raises $30 Million from Financial Industry Leaders

PR61737

SAN FRANCISCO, Sept. 10, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

- Partners with Visa, Nasdaq, Citi, Capital One, Fiserv and Orange

- Blockchain technology platform enables secure, peer-to-peer transfer of assets

Chain, Inc., the leading provider of blockchain technology solutions to

financial institutions, announced today that it has raised $30 million in

equity funding from a syndicate of financial and payments industry leaders

including Visa, Nasdaq, Citi Ventures, Capital One, Fiserv and Orange. Chain's

newest partners will also join the company in forming a Blockchain Working

Group to explore the application of the technology in various markets and take

a collaborative approach to interoperability. Former American Express CEO and

RRE Ventures founder, Jim Robinson III, has joined the company's board of

directors.

"A blockchain is more than a financial technology - it's a strategy," said Adam

Ludwin, Chain's CEO. "Applied intelligently, blockchain networks fundamentally

improve how assets move between parties, and we are thrilled to be partnering

with the organizations we believe are best positioned to capitalize on the

inevitable changes in market structure that are on the horizon."

"Visa's investment in Chain underscores our long-standing commitment to explore

technology, like the blockchain, that could have the potential to advance

secure and convenient digital payments for our clients and their customers,"

said Jim McCarthy, executive vice president innovation and strategic

partnerships at Visa.

A blockchain is a new model for transferring financial assets that substitutes

third-party intermediaries with cryptographically secured networks. A

blockchain enables asset holders in a market to transact peer-to-peer instantly

and at low cost. These networks can facilitate the issuance and transfer of

asset types as varied as financial securities, currencies, gift cards, mobile

minutes, loyalty points and energy credits. Transactions are recorded

automatically on the network's shared ledger, providing increased transparency

to asset issuers, owners and regulators. In addition, the use of cryptographic

signatures reduces counterparty risk and prevents fraud, making

blockchain-based transfer safer than any other alternative available today.

"Blockchain technology represents a fundamental, generational shift for

financial services, and Chain's platform is enabling and accelerating this

transformation," said Ramneek Gupta, Managing Director and Co-head of Global

Venture Investing at Citi Ventures. "We hope to leverage Chain's platform to

rapidly test and develop applications as part of Citi's multi-faceted

blockchain strategy which has the potential to greatly enhance our customers'

experience well beyond just currencies and payments."

The company, which launched just over a year ago, already works closely with

several large institutions, including First Data and Nasdaq.

"Chain is collaborating closely with us to increase efficiency in the capital

markets," said Brad Peterson, Chief Information Officer, Nasdaq. "We see their

platform helping us accelerate our time-to-market across our various blockchain

initiatives. We are excited to further our partnership with them through

Nasdaq's investment in the company."

Chain partners with leading institutions to design, deploy and operate

blockchain networks that are built specifically for particular markets and

assets. These private networks, which typically do not use bitcoin currency but

are based on the same open protocols, can be interoperable with one another and

other open digital currency networks.

"Blockchain technology presents a new opportunity to enhance the financial

services experience," said Fiserv CEO, Jeff Yabuki. "Our investment in Chain

reflects our commitment to innovation in financial services, and we look

forward to working collaboratively with the Chain management team to drive this

important technology forward."

Chain's intuitive and secure software platform implements an open specification

and includes a full suite of components to connect to and transact on a

blockchain network as an issuer, asset holder or other market participant. The

platform also includes development tools that enable companies to rapidly

prototype in sandboxed environments. The company's engineering team previously

built software infrastructure at Salesforce.com and Microsoft.

"Chain provides a developer-centric technology platform that is as intuitive as

it is powerful," said Adam Boutin of Capital One Ventures. "As we have begun

exploring the tremendous potential of blockchain technology, the Chain team has

served as a great strategic thought partner, including co-hosting an internal

hack-a-thon that produced 12 different solutions in 48 hours."

Blockchain technology also creates opportunities for companies outside of

financial services including, for instance, mobile operators who process a vast

quantity of digital data every day.

"We believe in the disruptive potential of the blockchain. Becoming a key

partner and investor in Chain will help us to learn faster and perform tests

around this technology," said Pierre Louette, Orange's Deputy CEO. "We are

seeking to carve out multiple use cases in our range of businesses to improve

our services and propose new ones to our customers."

Chain's new strategic investors will form a Blockchain Working Group with the

company whose bi-annual meetings will also include leading technologists,

academics and researchers working on blockchain technology. In addition to

learning from one another and from leading experts, the working group will be

able to identify points of interoperability between these next-generation

financial networks.

Existing Chain investors Khosla Ventures, RRE Ventures, Thrive Capital and SV

Angel also participated and were joined by former Bank of America CEO, David

Coulter, X PRIZE Foundation CEO, Peter Diamandis and MongoDB co-founder, Kevin

Ryan.

About Chain

Chain Inc. partners with leading financial institutions to build and deploy

blockchain networks that enable seamless, programmatic and peer-to-peer

transfer of digital assets. The platform, which is based on the open and

interoperable bitcoin protocol, enables institutions to create, issue, store

and transfer digital assets on private networks purpose-built for a given

market. The company offers a range of solutions, from a development sandbox for

rapid prototyping to secure network nodes for production systems. Chain is

headquartered in San Francisco, CA. For more information please visit

www.chain.com. For press and general inquiries, please email hello@chain.com.

Contact:

Elizabeth Alinikoff

elizabeth@chain.com

SOURCE  Chain, Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中