Wuxi LerTech Technologyがシリアル出力インターフェースの磁気イメージセンサーをリリース

Wuxi Ler Technology Co.,LTD

2015/9/25 11:15

Wuxi LerTech Technologyがシリアル出力インターフェースの磁気イメージセンサーをリリース

AsiaNet 61893 (1219)

【無錫(中国)2015年9月23日PR Newswire=共同通信JBN】Wuxi LerTech Technology Co. Ltd.はこのほど、新型磁気イメージセンサー(モデル:LTM-XM-336B-0.5-AS)のリリースを発表した。これは2014年8月にリリースした第1世代磁気イメージセンサーの改良版で、シリアル出力インターフェースによって、処理済みのアナログ出力シグナルはユーザーのA/D変換チップモジュールに直接伝送される。

偽造された紙幣や流通証書を適切に特定する先進的な磁気コーディングを利用することは、光学ベースの走査システムを無力化する巧妙な手法が増えるにつれ必要になった最近のイノベーションである。このため、多くの国の紙幣にコード化されている付加的な磁気情報の特徴は、偽造コピーから本物の紙幣を識別するために使うことができる。この磁気コード化の利用は、高密度かつ高感度の磁気パターン認識センサーの開発と一体になっている。

LerTechの磁気イメージセンサーは、違いの大きい特性を示す最高SNRの磁気チップを高出力と結合させ、多くの紙幣の磁気コード化情報の強弱さまざまを確実に検知する。そのマルチチャンネル・ラインアップとして、代表的なチャンネル解像度50 DPI(高解像度のものもある)、ライン解像度200 DPI(50 DPIから600 DPIの間に特別設計できる)がある。実効的な走査幅は180ミリ、物理的サイズは幅193ミリ、長さ16ミリ、高さ40ミリまで可能で、多くの紙幣の全体の走査に適している。

LerTechの研究・製品開発部門で責任者を務めるジャンミン・バイ博士は「従来の低解像度の勾配型磁気フィールド検知手法と異なり、LerTechは全面的な新設計を採用している。われわれの磁気イメージセンサー製品は、完璧な磁気フィールド検知を特徴とし、磁気の実像を検知できる。独自設計の高解像度磁気イメージセンサーを開発する能力は、各種の紙幣や流通文書に磁気コード化された情報の利用を加速すると約束する」と指摘した。

Lertechは磁気センサー製造、設計の世界的リーダーで、そのイノベーションは磁気イメージスキャン、磁気信号検知、バイオチップ・テクノロジーに集中している。

詳しい情報は公式ウェブサイトwww.lertech.com を参照。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150922/0861508895

(LerTech:磁気イメージスキャニング例)

ソース:Wuxi Ler Technology Co.,LTD

Wuxi LerTech Technology's New Magnetic Image Scanning Sensor With Serial Output Interface

PR61893

WUXI, China, Sept. 23, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Recently, Wuxi LerTech Technology Co., Ltd. announced the introduction of a new

type magnetic image scanning sensor (model: LTM-XM-336B-0.5-AS), which is an

upgraded version of its first-generation magnetic image scanning sensor

introduced in August 2014. With the serial output interface, the processed

analog output signal can be directly provided to user's A/D chip modules.

In order to better identify counterfeit currency and other negotiable

documents, the use of advanced magnetic coding is a recent innovation

necessitated by the increasingly sophisticated methodologies available to

compromise optically based scanning systems. Therefore, the signature of

additional magnetic information encoded in currencies of many countries can be

used to distinguish valid currency from counterfeit copies. This use of

magnetic encoding was coupled with the development of high-density and high

sensitivity magnetic pattern recognition sensors.

LerTech's magnetic image scanning sensor, combines the highest SNR magnetic

chips, featuring wide gap characteristics, and high output, ensuring the

reliable detection of varieties of strong and weak magnetic encoded information

in many currencies. The multi-channel lineup includes a typical channel

resolution of 50 DPI (higher resolution also available) and line resolution of

200 DPI (can be specially designed between 50 DPI and 600 DPI range). The

effective scanning width can be up to 180 mm with the physical size of 193 mm *

16 mm * 40 mm (width * length * height), suitable for the whole image scanning

for many currencies.

Dr. Jianmin Bai, who is in charge of LerTech's research and product development

division, pointed out that "Different from the traditional gradient magnetic

field detection methodology limited at low resolution, LerTech applies the

total new design featuring absolute magnetic field detection in our magnetic

imaging sensor products allowing real magnetic image to be detected. The

ability to develop high resolution magnetic imaging sensors with this unique

design promises to accelerate the use of magnetically encoded information in a

variety of currencies and other negotiable documents."

Lertech is a world leader in magnetic sensor manufacturing and designing,

Lertech innovation is focus on magnetic image scanning, magnetic signal

detection, and biochip technology.

For more information, visit our website at www.lertech.com.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150922/0861508895

SOURCE: Wuxi Ler Technology Co.,LTD

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中