アンチパワーポイント党(APPP)がスイス連邦議会選挙に参加

Anti-PowerPoint-Party(APPP)

2015/10/1 10:23

アンチパワーポイント党(APPP)がスイス連邦議会選挙に参加

AsiaNet 61934 (1236)

【チューリヒ2015年10月1日PR Newswire=共同通信JBN】世界初のAnti-PowerPoint Party(アンチパワーポイント党、APPP)は、世界の人々にPowerPoint問題に関する自覚を促すことを目標とする国際的運動である。

APPPは自身を毎月退屈な企業のプレゼンテーションを見るよう強要されながら、現在まで政治的に代弁されることのなかった世界の約2億5000万市民の提唱者と考える。

この運動は、PowerPointのようなプレゼンテーション用ソフトウエアの使用を問題の根源だと見なす。この運動は企業では上役がPowerPointの使用を命じることに抵抗し、学校では生徒たちがPowerPointの使用を強制されることに反対する。

APPPは生身の人間の自由な言論を薦め、効果の面をケース・バイ・ケースで比較し95%のケースでPowerPointより優れていたフリップチャート(1枚ずつめくれる解説用図表)を使用するよう促す。

運動の目標は、世界中の退屈なプレゼンテーションの数を減らし、PowerPointの使用を止めたいと望む人たちが、この先自己を正当化しなくても済むようにすることである。廃止されるべきはPowerPointではなく、PowerPointの強制だけである。この主張に世界の関心を集めるため、運動はスイスの国際的政党という組織形態を選択する。

このため世界の各国市民は党の一員になることができる。APPPの党員は既に3500人を数えており、10月18日のスイス連邦議会選挙に候補者を立てる。目標はPowerPoint問題を世界で広範かつ深く語り合う政治問題にすることだ。

APPPは、参加者が後になって無駄だったと考えるビジネスプレゼンテーションに注目する。APPPは、こうしたプレゼンテーションに参加者の1時間あたりの賃金が、毎年総額3500億ユーロの経済的損失になっているとはじき出した。

http://www.Anti-PowerPoint-Party.com は12言語で利用可能。国籍を問わずだれでもオンラインで支持者になれる。

▽報道関係問い合わせ先

Antonet Rrasi

+41-44-7779841

info@Anti-PowerPoint-Party.com

http://www.Anti-PowerPoint-Party.com

ソース:Anti-PowerPoint-Party

Anti-PowerPoint-Party Participates in Swiss Parliamentary Elections

PR61934

ZURICH, Oct. 1, 2015 / PRNewswire=KYODO JBN / --

     The first global Anti-PowerPoint-Party (APPP) is an international movement

with the goal to create an awareness of the PowerPoint issue among the world

population.

    The APPP sees itself as the advocate of approximately 250 million citizens

worldwide, who, every month, are obliged to be present at boring company

presentations, and who have not been represented in politics until now.

    The movement regards the use of presentation-software, like PowerPoint, as

the source of the problem. It fights against superiors dictating the use of

PowerPoint and against pupils being forced to use PowerPoint.

    The APPP promotes free speech of live persons, respectively the alternative

flip-chart that beats PowerPoint in 95% of the cases with regard to its effect.

    Goal of the movement is to decrease the number of boring presentations

worldwide, and that those, who want to renounce PowerPoint, will not have to

justify themselves in the future. It is not PowerPoint that should be

abolished, but only the PowerPoint constraint. To draw worldwide attention to

their cause the movement chose the organizational form of an international

party in Switzerland.

    Here, every citizen in the world can become member of a party. The party

has 3500 members already and will be participating in the Swiss parliamentary

elections on October 18. Its goal is to render the PowerPoint issue a political

issue that one talks widely and deeply worldwide.

    The APPP draws attention to business presentations, at which the

participants consider their presence afterwards as futile. The Party calculated

that hourly wages of the attendants alone result in suffering an annual

economic damage of 350 billion Euros worldwide.

    http://www.Anti-PowerPoint-Party.com exists in 12 languages. Every citizen

of the world can become a proponent online.

    Press contact

    Antonet Rrasi

    +41-44-7779841

    info@Anti-PowerPoint-Party.com

    http://www.Anti-PowerPoint-Party.com

SOURCE: Anti-PowerPoint-Party

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中