サー・イヴァンがトランスジェンダー問題でキャンペーン開始 ドキュメンタリー映画上映

ピースマン財団

2015/10/5 10:24

サー・イヴァンがトランスジェンダー問題でキャンペーン開始 ドキュメンタリー映画上映

AsiaNet 62021(1283)

【ニューヨーク10月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*ドキュメンタリー映画「SIR IVAN: I Am Peaceman」を特別上映

ポップダンス・レコーディング・アーティストのサー・イヴァンは5日、トランスジェンダー問題への認識を深めるキャンペーンを開始した。この問題はまた、サー・イヴァンの慈善団体ピースマン財団が尽力する新たな分野でもある。財団は長年LGBT問題、ヘイトクライム、いじめおよび心的外傷後ストレス障害(PTSD)の支援者である。

Video - https://www.youtube.com/watch?v=og3WZmShvJE
Video - http://youtu.be/SFKNorGpZt4
Video - http://youtu.be/jz-7LfMHyZM
Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150930/272686LOGO
Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150303/179367

キャンペーン開始は2015年10月14日。サー・イヴァンはこの日、彼の音楽家、事前活動家としてのキャリアを年代順に追った新しいドキュメンタリー映画「SIR IVAN: I Am Peaceman」の上映会を主催する。この映画は4度のエミー賞受賞者でビリー・ジョエル、ピート・シーガー、ピーター・ポール&マリーのドキュメンタリーを監督したジム・ブラウン氏が監督する。映画は、大手ポップカルチャー販売会社MVD Visual Entertainmentを通じPOP TWISTからリリースされ、イベント計画にはマイケル・ジャクソン、ビートルズ、ボノ、エイミー・ワインハウスなどが含まれている。ドキュメンタリー映画は以下のサイトから入手できる。
Amazon(http://www.amazon.com/Sir-Ivan-I-Am-Peaceman/dp/B00YAZNC9W/ref=sr_1_1?s=movies-tv&ie=UTF8&qid=1443554416&sr=1-1&keywords=sir+ivan+i+am+peaceman
Vimeo On Demand(https://vimeo.com/ondemand/sirivan
Google Play
https://play.google.com/store/movies/details/Sir_Ivan_I_Am_Peaceman?id=OZ8PZbyoDkY

上映会は10月14日水曜日午後7-8時に、マンハッタンの18W.ヒューストン・ストリートにあるAngelia Theaterで行われる予定。上映会に続きサー・イヴァンが午後8-11時にソーホーにある「Peaceman’s Penthouse Pad」でアフターパーティーを主催する。

このパーティーでサー・イヴァンは、LGBTコミュニティーにおける自殺防止に尽力しているTrevor Projectのエグゼクティブディレクターであるアビー・ランド氏に1万ドルの小切手を贈呈する。パーティーではトランスジェンダー・コミュニティー向けの特別プログラムを用意されている。サー・イヴァンとピースマン財団は2012年Trevor Projectに10万ドルを寄贈し、ことし初めにはさらに10のいじめ防止組織に10万ドルを寄贈し、総額は20万ドルを超えている。

さらにサー・イヴァンは2015年にポップスター、テイラー・デインとともに、ポール・オーケンフォルドがプロデュースした「Kiss All The Bullies Goodbye(すべてのいじめっ子よ、さようなら)」といういじめ反対のシングルをリリースしている。この音楽ビデオはBETとMTV賞の受賞者であるエリック・ホワイト氏が監督しており、トランスジェンダーの10代がいじめられる物語になっている。サー・イヴァンは彼のファッションに現代のある種のヒーローというスタイルを取っており、ピースサインの付いたケープまでまとい、音楽と慈善活動の両方を通じて世の中をより良くする手助けをしている。

サー・イヴァンは次のように語っている。「わたしはホロコーストの生き残りの息子として、常に迫害されている人々のために活動してきた。わたしは人との違いが引き起こすと考えられる害について、極めて敏感に受け止めながら育った。トランスジェンダーの人々にはサポート体制がないことが多く、失職したりいじめられたりしやすく、困難を経験することから自殺する率が高くなっている。私は1人の人間としてこの問題に我慢できない。この不正義のために人々が共に結集してくれるよう望んでいる。わたし自身のレコードレーベルPeaceman Musicの社長であるローラ・フォード(元ローレンス・フォード)氏が、トランスジェンダーの人々の41%が自殺を試みたと語ってくれた際、わたしはこれらの人々が一番私の助けを必要としているのだと思った」

ドキュメンタリー映画上映に参加するにはmarisa@rcourihaycpr.com にメールするか212-580-0835に電話を。詳細はwww.SirIvan.com を参照。

ソース:Peaceman Productions


Recording Artist SIR IVAN Kicks off Transgender Awareness Campaign With Special Screening of a New Documentary titled "SIR IVAN: I Am Peaceman"

PR62021

NEW YORK, Oct. 5, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Pop-dance recording artist SIR IVAN aka "Peaceman" announced today he is
kicking off a campaign to raise awareness of transgender issues. This is also a
new area of focus for The Peaceman Foundation, SIR IVAN's philanthropic
organization, which has been a longtime supporter of LGBT issues, fighting hate
crime, bullying and Post Traumatic Stress Disorder (P.T.S.D.).

Video - https://www.youtube.com/watch?v=og3WZmShvJE
Video - http://youtu.be/SFKNorGpZt4
Video - http://youtu.be/jz-7LfMHyZM
Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150930/272686LOGO
Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150303/179367

The campaign will begin on October 14, 2015, when SIR IVAN hosts a screening of
a new documentary, called "SIR IVAN: I Am Peaceman", which chronicles the
musical and philanthropic career of SIR IVAN. The film is directed by four-time
Emmy award-winning director Jim Brown, who has also done documentaries on Billy
Joel, Pete Seeger, and Peter, Paul and Mary. Released by POP TWIST through MVD
Visual Entertainment Inc., the leading pop culture sales company, with event
programming featuring Michael Jackson, The Beatles, Bono, Amy Winehouse and
many more, this documentary is available on Amazon[
http://www.amazon.com/Sir-Ivan-I-Am-Peaceman/dp/B00YAZNC9W/ref=sr_1_1?s=movies-tv&ie=UTF8&qid=1443554416&sr=1-1&keywords=sir+ivan+i+am+peaceman
], Vimeo On Demand[ https://vimeo.com/ondemand/sirivan ] and Google Play[
https://play.google.com/store/movies/details/Sir_Ivan_I_Am_Peaceman?id=OZ8PZbyoDkY
]. The screening will take place at the Angelika Theater at 18 W. Houston
Street in Manhattan on Wednesday, October 14, from 7-8pm. Following the
screening, SIR IVAN will host an after-party at "Peaceman's Penthouse Pad" in
SoHo from 8-11pm.

There, SIR IVAN will present a $10,000 check to Abbe Land, Executive Director
of The Trevor Project, which focuses on suicide prevention in the LGBT
community, and which has special programs for the transgender community. He and
The Peaceman Foundation donated $100,000 to The Trevor Project in 2012, and
earlier this year they donated and additional $100,000 to ten different
anti-bullying organizations, bringing total donations to over $200,000.

Furthermore, in 2015, SIR IVAN released an anti-bullying single with pop star
Taylor Dayne called "Kiss All the Bullies Goodbye," produced by Paul Oakenfold.
The music video, directed by BET and MTV award-winner Erik White, shows the
story of a transgendered teen being bullied. SIR IVAN, who has fashioned
himself into a modern-day superhero of sorts, and even wears a cape with a
peace sign, is helping to change the world for the better, both through his
music and through his philanthropy.

"As the son of a Holocaust survivor, I've always been an activist for people
who have been persecuted. I was brought up with a heightened awareness of the
harm that being perceived as different can cause. Transgender people often lack
a support system and are more likely to be fired or bullied, to experience
difficulties and have a much higher suicide rate. I, for one, will not stand
for it and I hope people will unite with me against this injustice. When the
president of my own record label, Peaceman Music, Laura Ford (formerly Lawrence
Ford), informed me that 41 percent of all transgendered people attempt suicide,
I decided they needed my help the most."

To attend the screening, contact marisa@rcourihaycpr.com or 212-580-0835 and
for more information, visit www.SirIvan.com.


SOURCE: Peaceman Productions  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中