台湾国際漁業展が11月19日、高雄市で開幕へ

台湾貿易センター

2015/10/5 18:04

台湾国際漁業展が11月19日、高雄市で開幕へ

AsiaNet 61908 (1237)

【高雄(台湾)2015年10月5日PR Newswire=共同通信JBN】2015年台湾国際漁業展(Taiwan International Fisheries and Seafood Show)は台湾貿易センター(Taiwan External Trade Development Council)と貿有展覧株式会社(MY Exhibition Co.,Ltd)の共催で11月19日から21日まで高雄展覧館で開催される。

200の出展者が400ブースを使い、漁業機器・技術、養殖、魚介類・付加価値魚介類、加工装置、漁業サービス、海外出展などの分野の展示を行う予定となっている。

サプライヤー、卸売業者、小売業者をつなぐこの台湾初の漁業専門展示会は6000人を超える内外の来場者を迎え、台湾漁業に新たなビジネス機会をもたらすと期待されている。

2013年には、台湾漁業は漁獲高で30億米ドルの大台を超え、30万人におよぶ漁業関連業務の従事者を擁し、遠洋漁業では世界3位の漁獲高を上げている。台湾国際漁業展が登録受け付けを開始して以来、台湾区漁網具製造工業同業公会と台湾水産種苗協会が多大な支援を行ってきた。

冷凍装置付き漁船、海事衛星通信システム、食品加工機械、トロール船、高密度ポリエチレンパイプ、クロマグロ漁業機器、養殖技術などの幅広い分野の出展が予定されている。

台湾企業に加え、韓国、ベトナム、インドネシア、マレーシア、ペルー、ブラジル、アメリカなどの国々が独自のパビリオンを開設する一方、中国国際貿易促進委員会(CCPIT)の泉州事務所が両岸漁業および海産食品関連の展示会を行う予定。

今回の展示会は漁業関係者が技術交流や情報交換を行うプラットフォームとしての役割も果たす。展示会の会期中に予定されたイベントの中には調達会議、漁業と海産物食品のサミット・フォーラム、魚マスター・フォーラム、新製品発表なども含まれている。

海洋資源が枯渇しつつある現在、漁業は世界規模の危機にひんしている。今や台湾は確固とした産業基盤と世界をリードする技術を持ち、100を超える水性種の養殖技術があるが、その中には世界で人工的に繁殖されているハタ類7種のうち、6種が含まれる。完全な遺伝子バンクを所有する台湾漁業は台湾の伝統産業の陰の貢献者であり、現在目まぐるしく進歩し転換期にある世界の漁業界の中でも抜きん出た存在である。

2015年台湾国際漁業展は台湾漁業が成し遂げた業績の全体像を示し、アジアで持続可能な漁業や海産食品の取引を促進するための最良のプラットフォームとなるだろう。

www.taiwanfishery.com

ソース:Taiwan External Trade Development Council

Taiwan International Fisheries and Seafood Show to Begin November 19 in Kaohsiung

PR61908

KAOHSIUNG, Sept. 30, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Organized by Taiwan External Trade Development Council and WES Worldwide Expo

Services Ltd, the 2015 Taiwan International Fisheries and Seafood Show will be

held from November 19-21 at Kaohsiung Exhibition Center.

200 exhibitors will set up 400 booths in sections including Fishery Equipment

and Technology, Aquaculture, Seafood and Value-added Seafood, Processing

Equipment, Fishery Services and Overseas Exhibitors.

This is the first professional exhibition in Taiwan that connects suppliers,

wholesalers and retailers and is expected to attract over 6,000 domestic and

foreign visitors, bringing new business opportunities to Taiwan's fishery

industry.

In 2013, Taiwan's fishery industry surpassed the US$3 billion production mark,

with 300,000 employees in related jobs, and was even ranked as having the

world's third-largest catch in pelagic fishing. Since the Taiwan International

Fisheries and Seafood Show opened for registration, Taiwan Fishing Gear

Manufacturing Industries Association and Fish Breeding Association of Taiwan

have shown great support.

A range of products from freezer-equipped ships, maritime satellite

communication systems, food processing machinery, trawler boats, HDPE pipes and

Bluefin tuna to fishing equipment and fish farming technologies and more will

be showcased at the exhibition.

In addition to Taiwanese companies, countries including South Korea, Vietnam,

Indonesia, Malaysia, Peru, Brazil and the U.S. will also set up country

pavilions in the exhibition, while Quanzhou Branch of the China Council for the

Promotion of International Trade (CCPIT) is setting up a Cross-Strait Fisheries

and Seafood Show.

The exhibition serves as a platform that allows technology exchange and

information sharing among industry figures. Events held during the exhibition

include procurement meetings, fishery and seafood summit forums, fish master

forums and new product presentations.

The fishery industry now faces a global crisis as we are draining ocean

resources. With a firm industrial foundation and world-leading technologies,

Taiwan is now able to artificially breed over 100 aquatic species, including

six of the seven artificially bred grouper species in the world. Owning a

complete germplasm bank, the fishing industry is an unsung hero among Taiwan's

traditional industries, providing the perfect edge for global industrial

transition and upgrade.

The 2015 Taiwan International Fisheries and Seafood Show will present a

complete picture of the accomplishments that Taiwan's fishery industry has

achieved, and will serve as the best platform in Asia for promoting sustainable

fishery and seafood transactions.

www.taiwanfishery.com  

SOURCE:  Taiwan External Trade Development Council

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中