ハスクバーナ、専門的な造園の未来についてのアイデアを公表

ハスクバーナ

2015/10/8 17:23

ハスクバーナ、専門的な造園の未来についてのアイデアを公表

AsiaNet 62110

ハスクバーナ(スウェーデン)、2015年10月8日/PRニュースワイヤー/ --

もしあなたのトリマーが、あなたのスマートフォンやスマートウォッチに話しかけ、新しい方法であなたの造園を手伝うことができればどうなるでしょうか?センサーベースのフリートマネジメントシステムであるハスクバーナフリートサービスに対する肯定的な反応を受け、ハスクバーナは、電動工具からのリアルタイムデータを収集・提供することが可能なコネクテッド・バッテリーのコンセプトを紹介しています。コネクテッド・バッテリー技術のアイデアを特徴とし、ハスクバーナは、オペレーターをサポートするためにリアルタイムデータと拡張現実を使用するバイザーにより、未来的なデザインコンセプトヘッジトリマーも発表しています。

マルチメディアニュースリリースはこちらでご覧になれます:

http://www.multivu.com/players/English/7647251-husqvarna-future-landscaping/

アントワープでのプレスイベントにて、ハスクバーナは、統合Bluetooth接続性、つまりコネクテッド・バッテリーを備えたリチウム電池の試作品を発表しました。この新型バッテリー試作品を装備した工具は、その工具自体に関する貴重な情報をユーザーと共有することができます。このバッテリー試作品は、オペレーターのスマートフォンやスマートウォッチと簡単に組み合わせることが可能で、オペレーターに直接情報を提供、あるいは他のオペレーター、マネージャー、技術者、ディーラーといったチームの他のメンバーに情報を伝えることが出来ます。

ハスクバーナグループのCEO兼社長のKai War氏は次のように述べています。「バッテリーとの接続性は、アウトドア製品の動力化以降、我々の業界最大の躍進を遂げています。コネクテッド・バッテリーと当社のコンセプトヘッジトリマーは、高性能バッテリー製品を開発し、モノのインターネットの可能性を利用するというハスクバーナのコミットメントを示しています。」

リアルタイムデータの多数の利点

ランドスケーパーが生産性と最終成果を向上させるためには、高性能で高効率な工具が必要となります。インテリジェンスを備えた工具に動力を供給することで、ランドスケーパーは新しい作業方法の開発を開始出来ます。例えば、機械が故障した場合、事後保全から先行保全にシフトし、工具がサービスを必要とする時に、その工具自体がマネージャーと技術者に警告を与えて準備をさせることで、ダウンタイムを避ける、などです。

コネクテッド・バッテリー試作品が提供するリアルタイムデータからの機会についてのその他の例:

・スキル向上:工具が、工具の使用方法について直接フィードバックと指導を行い、オペレーターが技術を磨き、初心者が専門的で最適な方法でより早く工具を使えるよう支援することができます。

・安全性向上:この新型バッテリーは、新しい機会を開いてユーザーの安全性を高めるとともに、他の誰かがあなたの機械を使用できないように機械をロックして盗難を防ぎます。

・チームコミュニケーションの向上:瞬時に概要を把握することで、チームリーダーは、「今日どのように行ったか」から「今どのように行っているか」へと変化し、それによって、何か予期せぬことが起こっても、指示の調整や資源の異なる方法での割り当てをより柔軟に行うことができます。

・計画立案の向上:コネクテッド・バッテリーが提供するデータと洞察力により、チームリーダーは、短期・長期両方の計画立案を支援するより優れた情報を得ます。

ハスクバーナRamus(TM) - 未来的なデザインコンセプト

バッテリーおよび接続性の可能性に対する確信を明らかにするため、ハスクバーナは、ハスクバーナのコネクテッド・バッテリー試作品と同じ技術を採用したインテリジェントで未来的な超軽量コンセプトヘッジトリマー「Husqvarna Ramus(TM)」も作り出しました。このコンセプトトリマーは、下記のような例を含む、いくつかの異なる業界最前線からの既存技術を特徴としています:

・炭素繊維と液体金属の超軽量刈刃全てに、個別のセンサーが装備されており、バッテリーが手元の仕事のために必要な電力供給量を正確に管理します。

・拡張現実バイザーには、剪定中に機械の状態情報から剪定方法計画に至るあらゆる情報をリアルタイムに提供することでオペレーターをサポートするデータが使用されています。

・統合マイクロカメラは、高い生垣の剪定や見えない複雑な角度での剪定時にオペレーターバイザー内に剪定風景を表示します。

コネクテッド・バッテリーの試作品とハスクバーナRamus(TM)コンセプトヘッジトリマーは、9月30日にベルギーのアントワープでハスクバーナが開催した未来の造園に関する国際的イベントで発表されました。このコネクテッド・バッテリー試作品は、現在特許出願中で、詳細情報が明確になる予定です。

ハスクバーナフリートサービス

ハスクバーナは、アウトドア電動製品への接続性を初めて展開した会社であり、2014年には「ハスクバーナフリートサービス」が紹介されました。これは、製品に加えたスマートセンサーからのデータによって造園専門家をサポートするオンラインサービスプラットフォームです。その目的は、市販後に、新しいコネクテッド・バッテリーをハスクバーナフリートサービスに統合することです。そしてちょうど今、ハスクバーナは、現場作業のサポートを向上しクルーの関与を強めるハスクバーナフリートサービスのスマートフォンアプリ版を発売しようとしています。例えば、新アプリによって、チームリーダーとオペレーターは、マップ上で業務詳細にアクセスし、現場作業中のオペレーターが特定したビジネスチャンスを記録・提出することさえできます。

高解像度画像および動画のリンク先:http://www.husqvarna.com/silentcity

http://photos.prnewswire.com/prnh/20151007/275127

情報源:Husqvarna

(日本語リリース:クライアント提供)

Husqvarna Unveils Ideas for the Future of Professional Landscaping

PR62110

HUSKVARNA, Sweden, Oct. 8 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    What if your trimmer could talk to your smartphone, or smart watch, and

help you do landscaping in new ways? Following the positive response to the

sensor based fleet management system Husqvarna Fleet Services, Husqvarna

presents a concept of a connected battery that can collect and provide

real-time data from power tools. Featuring the connected battery technology

idea, Husqvarna also unveils a design concept hedge trimmer for the future,

with a visor that uses real-time data and augmented reality to support

operators.

    To view the Multimedia News Release, please click:

    

http://www.multivu.com/players/English/7647251-husqvarna-future-landscaping/

    During a press event in Antwerp, Husqvarna unveiled a prototype of a

lithium battery with integrated Bluetooth connectivity - a connected battery.

Tools equipped with the new battery prototype will be able to share valuable

information about themselves to their user. The battery prototype can easily be

paired with an operator's smartphone or a smart watch, to either provide the

operator direct information, or to pass on information to other members of the

team, such as other operators, managers, technicians or dealers.

    "Battery and connectivity constitute the biggest leap in our industry since

motorizing outdoor products," says Kai Warn, CEO and President of the Husqvarna

Group. "The connected battery and our concept hedge trimmer demonstrate

Husqvarna's commitment to pioneer high performing battery products and leverage

the possibilities of the Internet of Things."

    Multiple benefits of real-time data

    The requirement for landscapers to increase productivity and end-results

calls for high-performing and efficient tools. When powering tools with

intelligence, landscapers can start developing new ways of working. For

example, avoiding downtime by shifting from reactive maintenance if a machine

breaks down, to proactive maintenance, as the tools themselves can alert and

prepare managers and technicians when they need service.

    Other examples of opportunities from real-time data provided by the

connected battery prototype:

    - Improving skills: Tools can give direct feedback and guidance on how to

use them, helping operators to refine their technique as well as help beginners

use the tool in a professional and optimized way faster.

    - Improving safety: The new battery opens up new opportunities to improve

user safety, as well as to prevent theft by locking your machine so someone

else cannot use it.

    - Improving team communications: Getting an instant overview enables team

leaders to go from 'how did we do today' to 'how are we doing right now' and

thus be more flexible in adjusting directives or allocating resources

differently if something unexpected happens.

    - Improving planning: With the data and insights provided by the connected

battery, team leaders will have better intelligence to support their planning,

both short and long term.

    Husqvarna RamusTM - A design concept for the future

    To manifest the belief in the potential from battery and connectivity,

Husqvarna has also created 'Husqvarna RamusTM' - an intelligent and super light

futuristic concept hedge trimmer that employs the same technology as in

Husqvarna's connected battery prototype. The concept trimmer features existing

technologies from the forefront of several different industries, some examples

include:

    - Super light cutting blades in carbon fibre and liquid metal, with

individual sensors on each blade to govern exactly how much power the battery

should provide for the job at hand.

    - An augmented reality visor that uses data to support the operator in

real-time with everything from machine status information to projected cutting

patterns while cutting.

    - An integrated micro camera that displays the cutting view within the

operator's visor when cutting high hedges or complicated angles out of sight.

    The prototype of the connected battery and the Husqvarna RamusTM concept

hedge trimmer was unveiled on September 30th at an international event about

the future of landscaping, held by Husqvarna in Antwerp, Belgium. The prototype

of the connected battery is currently patent-pending and further details are to

be defined.

    Husqvarna Fleet Services

    Husqvarna was first in deploying connectivity to outdoor power products and

in 2014 'Husqvarna Fleet Services' was introduced - an online service platform

that supports landscaping professionals with data from smart sensors added on

to products. The aim is to integrate the new connected battery with Husqvarna

Fleet Services when available to the market. And just now, Husqvarna is

launching a smartphone app version of Husqvarna Fleet Services that further

supports work in the field and increases crew involvement. For example, the new

app allows team leaders and operators to access assignment details on the map

and even record and submit new business opportunities identified by the

operators while working in the field.

    Link to high res images and video http://www.husqvarna.com/silentcity

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151007/275127 )

    http://www.multivu.com/players/English/7647251-husqvarna-future-landscaping

SOURCE: Husqvarna

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中