中国国際航空が北京-ニューヨーク便を増強 ニューアーク空港への運航を新設

中国国際航空(エアチャイナ)

2015/10/15 13:17

中国国際航空が北京-ニューヨーク便を増強 ニューアーク空港への運航を新設

AsiaNet 62188(1353)

【北京2015年10月14日PR Newswire=共同通信JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は増加傾向にある中国と米国間の航空旅客増加に対応するため、10月26日から北京-ニューヨーク間の運行スケジュールを増強する。

エアチャイナは週4便を追加することで、ニューアーク・リバティ国際空港へ運航する中国の唯一の航空会社となる。現在エアチャイナは現在、北京首都国際空港からジョン・F・ケネディ国際空港(JFK空港)に毎日2便を運航している。

エアチャイナは2015年に北京のハブを中心に世界的運航ネットワークを強化し、米州への運航地点を拡大してきた。エアチャイナは現在、ニューヨーク、ワシントン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ヒューストン、バンクーバー、モントリオール、ハワイの北米8カ所の目的地に飛行しており、ボーイング777-300ER機とボーイング747-8機で毎週140便以上を運航している。さらにエアチャイナは中国-米国便で健康的な季節ごとの機内食と空港から市街地への運転手付きVIP待遇の送迎を提供している。快適な機内環境と機内サービスによって、乗客は本当に楽しい旅行体験が保証されている。

▽フライトについて

CA819/820の北京-ニューヨーク(ニューアーク空港)便はボーイング777-300ER機で、毎週月曜日、火曜日、木曜日、土曜日の4便を運行する。往路便は北京を午前9時35分に出発し、ニューアーク空港に現地時間午前11時05分に到着する。復路便はニューアーク空港を同午後1時25分に出発、北京には翌日の北京時間午後2時55分に到着する。

CA981/982の北京-ニューヨーク(JFK空港)便はボーイング747-8機で毎日運航されている。往路便は北京を午後1時に出発し、JFK空港には現地時間午後2時30分に到着し、復路便はニューヨークを同午後4時50分に出発、北京には翌日の北京時間午後6時20分に到着する。これに加え、CA989/990の北京-ニューヨーク(JFK空港)はボーイング777-300ER機を使用し毎日運航されている。往路便は北京を午前10時に出発、JFK空港には現地時間午前11時半に到着する。復路便はJFK空港を同午後1時50分に出発、北京には翌日の北京時間午後3時40分に到着する。

(上記の運航時間はニューヨークの夏時間適用)

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

ソース:Air China

Air China Expands Beijing-New York Footprint, Adding Flights to Newark Airport

PR62188

BEIJING, Oct. 14, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

In order to further meet the buoyant demand for air travel between China and

the United States, Air China will add more flights to its Beijing-New York

schedule from October 26, 2015.

The flights to be added four times a week will make Air China the only Chinese

carrier serving Newark Airport. Up to now, Air China has been operating two

daily flights from Beijing Capital International Airport to JFK Airport.

In 2015, Air China has been cementing its global route network with its hub in

Beijing and expanding its footprint in the Americas. Currently, Air China

serves 8 destinations in North America, including New York, Washington, Los

Angeles, San Francisco, Houston, Vancouver, Montreal and Hawaii, offering over

140 flights per week operated with Boeing 777-300ER and Boeing 747-8. In

addition, Air China also offers healthy seasonal in-flight meals and VIP

chauffeured transfers between the airport and downtown for passengers on the

China-US flights. Comfortable cabin environment and attentive services

guarantee passengers a truly pleasant travel experience.

About the flights

The flights CA819/820 Beijing-New York (Newark Airport) are operated with

Boeing 777-300ER four times a week on Monday, Tuesday, Thursday and Saturday.

The outbound flight departs from Beijing at 09:35 and arrives in Newark Airport

at 11:05 local time. The inbound flight departs from New York at 13:25 local

time and arrives in Beijing at 14:55 Beijing time the following day.

The flights CA981/982 Beijing-New York (JFK Airport) are operated with Boeing

747-8 on a daily basis. The outbound flight departs from Beijing at 13:00 and

arrives in JFK Airport at 14:30 local time; the inbound flight departs from New

York at 16:50 local time and arrives in Beijing at 18:20 Beijing time the

following day. At the same time, flights CA989/ 990 Beijing-New York (JFK

Airport) are operated with Boeing 777-300ER on a daily basis. The outbound

flight departs from Beijing at 10:00 and arrives in JFK Airport at 11:30 local

time; the inbound flight departs from New York at 13:50 local time and arrives

in Beijing at 15:40 Beijing time the following day.

(The flight times mentioned above refer to New York's Summer Saving Time.)

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

Source: Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中