エアチャイナが25日に北京-クアラルンプール線週4往復を就航

中国国際航空(エアチャイナ)

2015/10/20 13:55

エアチャイナが25日に北京-クアラルンプール線週4往復を就航

AsiaNet 62233(1372)

【北京2015年10月19日PR Newswire=共同通信JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は、10月25日に北京-クアラルンプール間の直行便の運行を開始する。新しいサービスによって旅客は、ツインタワーが林立するクアラルンプールの驚異的なスカイラインを含めて、多くの景観と音響にあふれる「ゴムの王国(Kingdom of Rubber)」まで、北京から6.5時間の飛行で到達する。

クアラルンプールはマレーシアの首都であり、政治、商業、文化の中心地である。同市は文化的に多様な都市で、華麗なヨーロッパ風城郭、エレガントなモスク、古風な中国風家屋がいたる所にある。マレーシアは最近、中国人に強烈にアピールする超人気の旅行先となっている。エアチャイナの新しいサービスは、マレーシアと中国北部を結ぶ初めてのもので、新たな旅行選択肢となる。

マレーシアは古代中国の「海のシルクロード」上の重要な寄港地であり、東西商業・文化交流で重要な役割を果たしてきた。エアチャイナが近く就航する北京-クアラルンプール直行便は、中国政府の戦略的「一帯一路」イニシアチブに向けた時宜を得た対応であり、空路上の大通りとなって、両国間の経済と投資分野の協力を促進し、地域経済の発展にとって新たな推進力となる。

北京-クアラルンプール線の開始は、世界戦略を追求し、アジア太平洋地域の路線網を拡大し、北京をハブとする中国の世界的プレゼンスを固めるエアチャイナの重要な動きの1つである。エアチャイナは北京-クアラルンプール線の開始に続き、北京-ムンバイ、北京-コロンボ、北京-イスラマバード-カラチの各路線を導入する。これら新しい空路によって、アジア太平洋地域の行き先は19カ所となる。

▽フライトについて

航空便CA871/872は火曜、木曜、土曜、日曜の週4回運航する。往路は16時45分に北京を出発し、現地時間23時00分にクアラルンプールに到着する。復路はクアラルンプールを00時20分発、06時45分に北京に着く。エアバス330-300で運行される。ビジネスクラスの座席は、倒すとフルフラット・ベッドになり、プレミアムエコノミークラスの座席足下の空間は標準的なエコノミークラスの120%となっている。人間工学的な設計の標準エコノミークラスの座席は、それほど疲れずに旅行できる。全クラスがAVOD(オーディオ・ビデオ・オンデマンドサービス)付きで、乗客は飛行中何時でも楽しむことができる。

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

ソース:Air China

Air China to Start Beijing-Kuala Lumpur Service

PR62233

BEIJING, Oct. 19, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Air China will start Beijing-Kuala Lumpur nonstop service on October 25. With

the new service, passengers just need to fly 6.5 hours from Beijing to the

"Kingdom of Rubber" for its many sights and sounds, including Kuala Lumpur's

amazing skyline dominated by the Twin Towers.

Kuala Lumpur is Malaysia's capital and political, commercial and cultural

center. It's a culturally diverse city where gorgeous European castles, elegant

mosques and quaint Chinese homes are everywhere. Recently, Malaysia has been a

red-hot destination that holds a powerful appeal for Chinese travelers. With

Air China's new service, which will be the first of the kind linking the

northern part of China to Malaysia and an additional travel option.

Malaysia used to be an important pit-stop on ancient China's "Silk Road on the

Sea", playing an important role in the East-West commercial and cultural

exchanges. Air China's forthcoming Beijing-Kuala Lumpur nonstop service, a

timely response to the Chinese government's strategic "One Belt, One Road"

initiative, will become a thoroughfare in the air that promotes the cooperation

in the fields of economy and investment between the two countries and adds

impetus to the growth of the local economy.

The introduction of Beijing-Kuala Lumpur service is one of Air China's

important moves to pursue its global strategy, expand its route network serving

the Asia Pacific region and cement its global presence with its hub in Beijing.

Air China will follow the launch of Beijing-Kuala Lumpur service with the

introduction of Beijing-Mumbai, Beijing-Colombo and Beijing- Islamabad-Karachi

routes. These new routes will bring the number of destinations in the Asia

Pacific region that the carrier serves up to 19.

About the flights

The flights, CA871/872, are operated 4 times a week on Tuesday, Thursday,

Saturday and Sunday. The outbound flight departs from Beijing at 16:45 Beijing

time and arrives in Kuala Lumpur at 23:00 local time. The return flight departs

from Kuala Lumpur at 00:20 and arrives in Beijing at 06:45. The flights are to

be operated with Airbus 330-300 aircraft. Its Business Class seats can turn

into full-flat beds and its Premium Economy Class seats offer 120% of the

legroom of the Standard Economy Class seats. The ergonomically designed

standard Economy Class seats make travel less tough. All classes of service

offer personal AVOD, keeping passengers entertained for the duration of the

flight.

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

Source  Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中