エアチャイナが26日に週3往復の北京-イスラマバード-カラチ線就航

中国国際航空(エアチャイナ)

2015/10/20 15:34

エアチャイナが26日に週3往復の北京-イスラマバード-カラチ線就航

AsiaNet 62247(1375)

【北京2015年10月20日PR Newswire=共同通信JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は2015年10月26日に北京-イスラマバード-カラチ線の運航を開始する。これにより、エアチャイナは北京とパキスタン間の空路を開設する中国初の航空会社となる。

パキスタンは伝統と現代性が交わる国である。同国の政府所在地は1960年代に、カラチからイスラマバードに移った。同国の政治的中心地であるイスラマバードは今日、若々しい活力に満ちあふれている。カラチはパキスタンの最大かつもっとも人口の多い都市であり、経済首都との定評がある。

中国とパキスタンは1951年に外交関係を樹立して以来、非常に友好的な関係にある。中国主導の「一帯一路」イニシアチブとアジアインフラ投資銀行(AIIB)の創設が予定されていることから、両国はあらゆる面で戦略的提携関係を形成している。エアチャイナの北京-イスラマバード-カラチ線は「一帯一路」プラットフォームへの価値ある追加となり、両国間の友好、貿易、文化交換をさらに固め、国内経済成長に貢献する。

中国とパキスタン間の航空旅行の需要は、耐えることなく伸びている。北京-イスラマバード-カラチ線の導入は、両国を結ぶ空の架け橋になる、北京をハブとする世界的プレゼンスを固め、アジア太平洋地域にサービスを提供する空路網を拡大し、南アジアへの進出を開始するエアチャイナの重要な動きの1つである。同線の就航後、エアチャイナはデリー、ムンバイ、コロンボ、カトマンズ、イスラマバード、カラチの南アジア6カ所に運航することになり、中国と南アジア間を旅行する旅客に多様な選択肢を提供、アジア太平洋地域の旅客を北京経由で世界の他地域に結ぶことになる。

▽フライトについて

CA945/6便は、月曜、水曜、金曜の週3回運航する。往路は北京時間18時30分に出発し、現地時間21時30分にイスラマバード、同翌日0時50分にカラチに到着する。復路はカラチを現地時間02時50分発、11時35分に北京に着く。エアバス330-200で運行される。ビジネスクラスの座席は倒すとフルフラット・ベッドとなり、全クラスがAVOD(オーディオ・ビデオ・オンデマンドサービス)付きで、旅客は飛行中の全時間で楽しむことができる。

http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

ソース:Air China

Air China to Start Beijing-Islamabad-Karachi Service

PR62247

BEIJING, Oct. 20, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Air China will start Beijing-Islamabad-Karachi service on October 26, 2015. The

service will make Air China the first Chinese domestic carrier offering an air

link between Beijing and Pakistan.

Pakistan is a country where tradition and modernity meet. In the 1960's, the

country's seat of government was moved from Karachi to Islamabad. Today,

Islamabad, the nation's political center, is a city full of youthful vigor.

Karachi, Pakistan's largest and most populous city, has earned its reputation

as the country's economic capital.

China and Pakistan have been very good friends since the establishment of

diplomatic relationships in 1951. With the China-led "One Belt, One Road"

initiative and the anticipated creation of the Asian Infrastructure Investment

Bank (AIIB), the two countries have formed a strategic partnership on all

fonts. As a timely response to the Chinese government's strategic moves in the

region, Air China's Beijing-Islamabad-Karachi service will be a worthy addition

to the "One Belt, One Road" platform and further solidify the friendship and

trading and cultural exchanges between the two countries, contributing to the

local economic growth.

The demand for air travel between China and Pakistan has been growing

incessantly. The introduction of the Beijing-Islamabad-Karachi service, which

will become an air bridge linking the two nations, is one of Air China's

important moves to cement its global presence with its hub in Beijing, expand

its route network serving the Asia Pacific region and start making inroads into

South Asia. After the service is launched, Air China will be operating to six

destinations in South Asia including Delhi, Mumbai, Colombo, Kathmandu,

Islamabad and Karachi, offering varied travel options to passengers traveling

between China and South Asia and passengers of the Asia Pacific region

connecting to other parts of the world via Beijing.

About the flights

The flights, CA945/6, are operated 3 times a week on Monday, Wednesday and

Friday. The outbound flight departs from Beijing at 18:30 Beijing time and

arrives in Islamabad at 21:30 local time and in Karachi at 00:50 local time the

following day. The return flight departs from Karachi at 02:20 local time and

arrives in Beijing at 11:35. The flights are to be operated with Airbus

A330-200 aircraft. Its Business Class seats can turn into full-flat beds, and

its all classes of service offer personal AVOD, keeping passengers entertained

for the duration of the flight.

http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

SOURCE:  Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中