IpsenとEpiVaxがBoNT、TSI療法の協業完了 新しい神経毒誘導療法の道開く

EpiVax, Inc.

2015/10/27 15:42

IpsenとEpiVaxがBoNT、TSI療法の協業完了 新しい神経毒誘導療法の道開く

AsiaNet 62320(1401)

【パリ、ロードプロビデンス(米ロードアイランド州)2015年10月27日PR Newswire=共同通信JBN】フランスのIpsen(Euronext: IPN; ADR: IPSEY)と米企業のEpiVax, Inc. (EpiVax)は27日、次世代のボツリヌス神経毒素(BoNT)と特定部位分泌抑制剤(TSI)療法に対する新たなアプローチを提供する協業プロジェクトを完了したと発表した。IpsenはTSIを含む新しい神経毒誘導療法の革新的プラットフォームを積極的に開発しているので、まだ対処されていない各種病状に対応する新しい治療の機会を開くことになる。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20121116/NE15175LOGO

EpiVaxは神経筋の健康とエステティックトリートメント(審美治療)の臨床用途の潜在的な製品開発を継続して、今回のプログラムの前進を目指す。EpiVaxは、米メリーランド州フレデリックで近く開催されるボツリヌス神経毒素に関するIBRCC 2015会議で、これまで実施された研究プログラムの結果を報告する。EpiVaxは人工的に作ったボツリヌス神経毒素(BoNT)シーケンスを生成するため、独自のT細胞エピトープ改質技術「ISPRI」を適用した。このプラットフォーム・プログラムは、EpiVaxが開発、完成した脱免疫原性化および寛容化という2つの主要な技術を採用している。

Ipsenのクロード・ベルトラン執行副社長(研究・開発担当)兼最高科学責任者(CSI)は「Ipsenは米国企業EpiVaxとの提携関係を喜んでいる。今回の作業は最新のプロテインエンジニアリング(タンパク質工学)、組み替えタンパク質発現を提供することで、治療目的の有用性と患者ケアを強化する新しい改良型のボツリヌス神経毒素の開発を可能にする」と語った。

EpiVaxのアン・デグロート最高経営責任者(CEO)は「世界の生物製剤市場は大きく、2014年にはほぼ2340億ドルとなり、2019年末までに3860億ドル(注1)に達する見込みである。このステルスBoNTプログラムは、まったく新しい生物製剤製品ラインを開発する可能性を示している。それはより優れた医薬品をもたらす技術進歩と保証を実らせて、明確な作用機構とよく知られた安全性と効能プロファイルを持たせて製品化する」と語った。

プレスリリースの全文のリンク先は以下を参照。

 http://bit.ly/1OSan4c

▽EpiVaxについて

EpiVax Inc.はロードアイランド州プロビデンスに本社を置く非上場バイオテクノロジー企業であり、ヒトおよび動物の疾患に対する生物製剤製品とワクチンの開発に注力している。EpiVaxは世界の多数の大手製薬会社に、特許で保護されたツールキット「ISPRIと「iVax」の利用権を提供するとともに、同様に特許取得済みの寛容化技術(Tregitopes)を開発した。デグロートCEOは最近、ワクチン分野で「世界トップ50の最も影響力ある人物」に選ばれている。詳しい情報はhttp://www.epivax.com を参照。

EpiVax

Anne S. De Groot MD

Chief Executive Officer

Tel: +1 401 272 1213

Mobile +1 401 952 4227

E-mail: AnnieD@EpiVax.com

Assistant: Kelsey Hazelwood

E-mail: KHazelwood@EpiVax.com

(注1)

http://www.bccresearch.com/market-research/biotechnology/biologic-therapeutic-drugs-technologies-markets-report-bio079c.html

ソース:EpiVax, Inc.

Ipsen and EpiVax collaborate to produce next generation botulinum toxins

PR62320

PARIS and PROVIDENCE, R.I., Oct. 27, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Ipsen (Euronext: IPN; ADR: IPSEY) and the US company EpiVax, Inc. (EpiVax)

today announced that they have completed a collaborative project that provides

a novel approach for creating next generation botulinum neurotoxin (BoNT) and

Targeted Secretion Inhibitor (TSI) therapeutics.  Ipsen is actively developing

an innovative platform of novel neurotoxin derived therapeutics, including TSI,

that is opening up new therapeutic opportunities to address various medical

conditions with unmet need.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20121116/NE15175LOGO

EpiVax will move the program forward, continuing potential product development

for clinical use in neuromuscular health and aesthetic treatments. EpiVax will

present the results of the research program so far conducted at the upcoming

IBRCC 2015 conference on botulinum neurotoxins, in Frederick Maryland. EpiVax

applied its proprietary T cell epitope modification technology "ISPRI" to

generate an engineered BoNT sequence. This platform program employs two key

technologies developed and perfected by EpiVax: deimmunization and

tolerization.

Claude Bertrand, EVP Research & Development and Chief Scientific Officer of

Ipsen stated: "Ipsen is pleased to have had a partnership with the US company

EpiVax. This work is part of Ipsen's commitment to apply modern protein

engineering and recombinant protein expression to enable development of novel

and improved botulinum neurotoxin products for increased therapeutic utility

and patient care".

Anne De Groot, CEO of EpiVax, commented: "The global biologics market is large,

totaling nearly $234 billion in 2014 and expected to reach $386 billion[1] by

the end of 2019. This "stealth BoNT" program illustrates the potential to

develop an entirely new product line of biologics. It capitalizes on

technological advances and promises to bring better drugs, with defined

mechanisms of action and well-known safety and efficacy profiles, to market."

Click this link for the full press release: http://bit.ly/1OSan4c

About EpiVax   

EpiVax, Inc. is a privately-held biotechnology company based in Providence,

Rhode Island that is focused on the development of biologic products and

vaccines for human and animal diseases. EpiVax provides access to its

proprietary toolkits "ISPRI" and "iVAX" to most major pharmaceutical companies

worldwide, and has developed proprietary tolerizing technology (Tregitopes).

CEO De Groot was recently named one of the 50 most influential persons in the

field of vaccines. For more information visit http://www.epivax.com.

EpiVax

Anne S. De Groot MD

Chief Executive Officer

Tel: +1 401 272 1213

Mobile +1 401 952 4227

E-mail: AnnieD@EpiVax.com

Assistant: Kelsey Hazelwood

E-mail: KHazelwood@EpiVax.com

[1]

http://www.bccresearch.com/market-research/biotechnology/biologic-therapeutic-drugs-technologies-markets-report-bio079c.html

SOURCE: EpiVax, Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中