ThyssenKruppがマイクロソフトMicrosoft Azure IoT対応のMAXを発表

ThyssenKrupp Elevator AG

2015/10/28 10:30

ThyssenKruppがマイクロソフトMicrosoft Azure IoT対応のMAXを発表

AsiaNet 62305(1393)

【ニューヨーク2015年10月28日PR Newswire=共同通信JBN】

*クロスレファレンス:写真はAP Images(http://www.apimages.com )とhttp://www.presseportal.de/nr/113002/ で入手可能

ThyssenKrupp Elevatorは、遠隔モニタリング能力を増強して既存および新規エレベーターの可用性レベルを大幅に引き上げる予測的な先行保守サービスを実現する画期的なソリューションMAXを発表した。MAXはマイクロソフトAzure Internet of Things(IoT)テクノロジーの能力を活用しており、エレベーターは修理、部品交換、システム先行保守をリアルタイムで識別し、エレベーターにとって必要事項を保守技術者に「指示」することを可能にする。

 (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151023/279986

現在、世界で1200万基のエレベーターが日々10億人の人々を輸送しており、エレベーターは最も利用され、最も安全な輸送手段になっている。しかし、1年間の稼働において、これらのエレベーターは累積稼働時間が1億9000万時間を越えると保守のために利用できなくなる。MAXは、この利用できない時間を半減することを目指し、この制約条件を緩和する。

ThyssenKrupp Elevatorのアンドレア・シーレンベック最高経営責任者(CEO)は「われわれの使命は、業界のどの企業もこれまで成し得なかったことを達成すること、すなわち、これまで既存のテクノロジーに依存してきた100年の歴史がある業界を変革することである。われわれが直面しているのは、都市が大規模な都市化の課題に対処するイノベーションを必要としていることである。われわれはマイクロソフトと協力してThyssenKruppがデジタル時代に完璧に対処できるようにし、エレベーター業界が保守サービスを提供する方法を変革する」と語った。

MAXを利用して、コネクテッドThyssenKruppエレベーターでリアルタイム収集したデータはマイクロソフトの信頼できるAzureクラウド・プラットフォームに送信され、プラットフォームのアルゴリズムがそれぞれのエレベーターの主要システムの残存耐用年数を算出する。現在、ThyssenKruppの2万人以上にのぼる保守技術者はMAXをウィングマンとして信頼し、部品の修理ないしは交換を事前に知ることが可能となる。MAXに接続されたビルでは、人々は待ち時間が短縮されるので、ストレスが軽減され有効時間が増えることになる。

詳細はウェブサイトhttp://www.max.thyssenkrupp-elevator.comhttp://www.thyssenkrupp-elevator.com を参照。

▽問い合わせ先

Michael Ridder

Head of Media Relations

ThyssenKrupp Elevator AG

Phone: +49-201-844-563054

E-mail: michael.ridder@thyssenkrupp.com

ソース:ThyssenKrupp Elevator AG

ThyssenKrupp Launches MAX: Maximizing Urban Efficiency with Leading Microsoft Azure IoT-enabled Technology

PR62305

NEW YORK, Oct. 28 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    - Cross reference: Picture is available at AP Images

(http://www.apimages.com) and http://www.presseportal.de/nr/113002/ -

    ThyssenKrupp Elevator launches MAX, a game-changing predictive and

pre-emptive service solution that extends remote monitoring capabilities to

dramatically increase current availability levels of existing and new

elevators. Leveraging the power of Microsoft Azure Internet of Things (IoT)

technology, MAX makes it possible for an elevator to "tell" service technicians

its real needs, including real-time identification of repairs, component

replacements, and proactive system maintenance.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151023/279986 )

    Today's twelve million elevators worldwide move one billion people each

day, making the elevator the most used means of transport - and also the safest

- but in one year of operation these elevators are unavailable due to service

interventions in a cumulative amount of over 190 million hours; MAX is set to

improve all these statistics, aiming to cut unavailability periods by half.

    Andreas Schierenbeck, CEO of ThyssenKrupp Elevator: "Our mission is to do

something nobody else in our field has done before: To transform a century-old

industry that has relied on established technology until now. Cities need

innovations that respond to the challenges of the massive urbanization we are

currently witnessing. We are very pleased to work with Microsoft to truly take

ThyssenKrupp into the digital era and change the way the elevator industry

offers maintenance services."

    With MAX, data collected in real time from connected ThyssenKrupp elevators

is sent to Microsoft's trusted Azure cloud platform, where an algorithm

calculates the remaining lifetime of key systems in each elevator. Now,

ThyssenKrupp's team of over 20,000 service technicians will be able to rely on

MAX as their wingman, making it possible to be informed in advance when

components will need to be repaired or replaced. In a MAX-connected building,

people will wait less time, resulting in decreased stress and more quality time.

    Also visit: http://www.max.thyssenkrupp-elevator.com and

                http://www.thyssenkrupp-elevator.com

    Contact:      

    Michael Ridder

    Head of Media Relations

    ThyssenKrupp Elevator AG

    Phone: +49-201-844-563054

    E-mail: michael.ridder@thyssenkrupp.com

    SOURCE: ThyssenKrupp Elevator AG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中