未来を開くメゾン・マムがフォーミュラEのスポンサー契約締結を発表

Maison Mumm(メゾン・マム)

2015/10/29 15:56

未来を開くメゾン・マムがフォーミュラEのスポンサー契約締結を発表

AsiaNet 62346 (1412)

【ランス(フランス)2015年10月28日PR Newswire=共同通信JBN】Maison Mumm(メゾン・マム)は、国際自動車連盟(FIA)フォーミュラE選手権(FIA Formula E Championship)とスポンサー契約を結んだと発表した。フォーミュラEは未来のモータースポーツと評価が高い世界初の全電気駆動車のレースシリーズである。

Maison Mummは創業以来一貫して勝利追求の限界を押し広げてきた。献身と専念、イノベーションへの情熱、そして卓越性の絶えざる追求を通してである。今回の新しいパートナーシップは真に画期的なコンセプトへの支援を視野に入れている。フォーミュラEは自動車産業の将来ビジョン、電気自動車をめぐる調査開発(R&D)の枠組みとして、クリーンなエネルギーと持続可能性を推進している。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151028/281344

フォーミュラEはモータースポーツファンの新しい世代に、ほかでは味わえない楽しく親しみやすい体験を与える機会でもある。世界中の都市の中心部に設けられたサーキットでレースは実施されるが、そのほかの楽しいイベントも繰り広げられ、斬新な「ファンブースト」コンセプトを通じて観客が参加する初の機会もある。ファンブーストのファン投票で人気を集めたドライバーは追加のエネルギーブーストを得られる。

フォーミュラEが将来の持続可能なモビリティーとして電気を全面的に打ち出し、クリーンで緑豊かな都市への変換を助けることで、エネルギーと環境に関心が集まり、活気あふれるビジョンが生まれる。フォーミュラEサステナビリティー委員会議長のレオナルド・ディカプリオ、ルノー-e.ダムス・チームの共同設立者アラン・プロストら世界有数のカリスマタレントを引きつけてきた。

Maison Mummが加わった今シーズンのフォーミュラEレースは、2015年10月24日に北京で始まった。選手権は今後、世界主要8都市で開かれ、2016年夏のロンドンで締めくくられる。

Maison MummのフォーミュラEへの参加は、1904年にさかのぼる有名スポーツイベント・スポンサー契約の伝統を継承している。この年、フランス人で初めて南極に遠征したジャン・バティスト・シャルコーを支援した。最近では世界最速のトライマラン(三胴船)イドロプテール号の航海を助けた。現在のスポンサー契約としては、限界に挑戦して勝利の喜びを体験する力の典型であるケンタッキーダービー競馬などがある。

Maison Mummは勝利と祝賀の瞬間に主役を演じ、世界中のスポーツイベントの表彰台で勝利者とともにあった誇らしい歴史がある。シャンパン掛けの歴史が始まったのは偶然にもほぼ50年前、1966年のル・マン・レースであった。勝者のドライバー、ジョー・シフェールが表彰台に上った時、シャンパンのボトルは少し温まっており、圧力でコルク栓がはじけ飛び、喜ぶ観客に向かってにわか雨のようにシャンパンが降り注いだ。それ以来、伝説の赤いリボンに飾られた「マム・コルドン・ルージュ」は勝利を祝う究極のアイコンになった。

Maison Mummのセザール・ジロン会長兼最高経営責任者(CEO)は「時代を先取りするMummの精神をとらえたこの新しいグローバルなスポンサー契約に、われわれはとても喜んでいる。MummとフォーミュラEは情熱、イノベーション、卓越性の探究、それに世界中の人々が勝利を祝う喜びを与える願いという価値を共有している。Maison MummはフォーミュラEとともに、これまでもそうであったように、未来の開拓にまい進する」と語っている。

▽2015-2016フォーミュラEチャンピオンシップ

10チーム、ドライバーは2人ずつ

主なドライバー:ネルソン・ピケ(2014-2015年チャンピオン、ネクストEV TCR)、ニコラス・プロスト、セバスチャン・ブエミ(ともにルノー-e.ダムス)、ルーカス・ディ・グラッシ(ABTシェフラー・アウディ・スポーツ)、ジェローム・ダンブロシオ(ドラゴン・レーシング)、サム・バード(DSヴァージン・レーシング)

開催地はブエノスアイレス、パリ、ベルリン、モスクワ、ロンドンなど10都市

シーズンスタート:2015年10月24日、北京

ソース:Maison Mumm

Driving the Future Mumm Announces its Sponsorship of Formula E

PR62346

REIMS, France, Oct. 28, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Maison Mumm is delighted to announce its sponsorship arrangement with the

FIA Formula E Championship, the world's first all-electric racing series, which

is being hailed as the future of motorsport.

    Throughout its history, Maison Mumm has pushed the limits in the pursuit of

victory through dedication and commitment, a passion for innovation and a

constant quest for excellence. This new partnership sees it lend its support to

a truly ground-breaking concept: Formula E represents a vision for the future

of the motor industry, serves as a framework for R&D around the electric

vehicle, and promotes clean energy and sustainability.

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151028/281344 )

    At the same time, Formula E offers a uniquely exciting and accessible

experience to a new generation of motorsport enthusiasts. Races are held on

city-centre circuits around the world, integrate other forms of entertainment,

and provide never-before opportunities for audience participation via the

innovative "FanBoost" concept, which enables spectators to vote for their

favourite driver to receive an extra energy boost.

    The focus on energy and the environment, with Formula E showcasing

electricity as the future of sustainable mobility and helping to drive change

towards cleaner, greener cities,  makes for an inspiring vision. It has already

attracted some of the world's most charismatic personalities, including

Leonardo DiCaprio, Chairman of Formula E sustainability committee, and Alain

Prost, co-founder of the Renault-e.dams team.

    The first Formula E race of the season was launched with Maison Mumm in

Beijing on October 24, 2015, and the championship will take in a further eight

of the world's major cities before concluding in London in summer 2016.

    Mumm’s commitment to Formula E represents the continuation of its tradition

of high-profile sporting partnerships, which began all the way back in 1904,

when it supported Jean-Baptiste Charcot during the first French Antarctic

expedition and more recently in sailing, the Hydroptere, the world’s fastest

trimaran. Current sponsorships include the Kentucky Derby horse race, which

epitomize a drive to push the limits and experience the thrill of victory.

    Maison Mumm has a proud history of accompanying winners of sporting events

on podiums around the world, playing a central role in the moment of victory

and celebration. This historical champagne spray moment began - by accident -

almost 50 years ago, at the Le Mans race in 1966. The champagne bottle was

slightly warm when the winning driver, Jo Siffert, climbed onto the podium, and

the cork popped out with the pressure, spraying a fine shower over the

delighted audience below. Since then, Mumm Cordon Rouge, emblazoned with its

legendary red ribbon, has become the ultimate icon of the celebration of

victory.

    Cesar Giron, Chairman and CEO of Maison Mumm, comments: "We are extremely

excited by this new global sponsorship which captures the avant-garde spirit of

Mumm. Mumm and Formula E share the same values of passion, innovation and a

quest for excellence, as well an ambition to bring the thrill of the

celebration of victory to people across the world. Together with Formula E,

Maison Mumm is committed - as it has always been - to driving the future."

THE 2015-2016 FORMULA E CHAMPIONSHIP

Ten teams, each with two drivers

Leading drivers: Nelson Piquet (2014-2015 champion, NEXTEV TCR), Nicolas Prost,

Sebastien Buemi (both Renault e.dams), Lucas di Grassi (ABT Schaeffler Audi

Sport), Jerome D'Ambrosio (Dragon Racing), Sam Bird (DS Virgin Racing)

Ten cities, including Buenos Aires, Paris, Berlin, Moscow and London

Season start: Beijing, October 24, 2015

Source: Maison Mumm

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中