2.5秒でヤギを搾乳する画期的搾乳機!

デイリーマスター(Dairymaster)

2015/11/9 17:40

2.5秒でヤギを搾乳する画期的搾乳機!

AsiaNet 62472

ダブリン、2015年11月9日/PRニュースワイヤー/ --
2.5秒でヤギを1頭ずつ搾乳することのできる新システムが、今年の優秀エンジニアリング賞(Engineering Excellence Awards)を受賞しました。

(写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151108/284990 )
(写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151108/284991 )

デイリーマスター(http://www.dairymaster.com )は世界有数の酪農機器メーカーであり、40か国以上に顧客を抱えています。

本日、デイリーマスター(http://www.dairymaster.com )はCEOのエドモンド・ハーティー博士は、「ヤギの搾乳の画期的方法であるスイフトフローのロータリー (http://www.dairymaster.com/milking-parlors/milking-parlors/swiftflo-goat-revolver-rotary )装置がこのように評価されたことを嬉しく思います。この装置は、2.5秒ごとにヤギに搾乳ユニットを取り付けるので、ひとりのオペレーターが1時間に最高1,300頭のヤギを搾乳することができる、ロボット台車使用のロータリー搾乳に新デザインを使用しています。これほど迅速に数多く搾乳できるヤギ搾乳機は類を見ません。ヤギの生産性には限りがあるため、効率的設備はヤギの畜産に不可欠であり、効率を最大限に高めるためには、多数のヤギを搾乳する必要があります。デイリーマスター(http://www.dairymaster.com )は、専門知識と革新的技術を活かして、農家の時間、経費、手間を節約する世界でもっとも自動化されたヤギ用ロータリーを設計しました」と述べました。

エドモンド・ハーティー博士はまた、「チーズ、ヨーグルト、アイスクリーム、液乳などにするヤギの乳の消費需要が高まりつつある中、ヤギの酪農は成長分野です。ヤギの畜産で成功するには、利益を最大にし効率を上げる最良の搾乳装置が必要であり、それこそがスイフトフローのヤギ用ロータリーなのです。その画期的な設計には、世界中から関心が寄せられています」と付け加えました。

スイフトフローヤギ用ロータリーのメリット

・多数のヤギの搾乳にきわめて効率的。

・オペレーターとヤギにとって最高に快適な設計。

・搾乳チューブを短くすることで、維持費を削減し、搾乳の特質を改善。

・クラスターは、ロータリー台のロボット台車でヤギの乳首の真下にくる位置にあり、便利です。乳房を最大限露出するため、クラスターの装着がスピードアップし、オペレーターの搾乳が容易、迅速になり、ストレスを最小限にします。

・ヤギの搾乳が終わると、ティートカップは自動的に外れます。次に交差汚染のリスクを減らすため、クラスターが自動的に消毒され、ロータリー台の下に衛生的に収納されます。自動ティートスプレーのオプションもあります。

受賞に輝くヤギ用ロータリーの2.28分のショートビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=Z9huNu_UmR8

デイリーマスターについて
http://www.dairymaster.com

デイリーマスターは、世界有数の酪農機器メーカーです。本社はケリー郡コーズウェイにあり、英国と米国にも展開しています。デイリーマスターは、世界40か国以上に顧客を有し、その製品は40頭から1万頭までの乳牛の農場で効率的に稼働しています。

デイリーマスターは、研究開発に重点を置くことによって、顧客に大幅な性能優位性を提供し、市場での現在の地位を獲得しました。同社は搾乳機、肥料スクレーパー、自動給餌システム、ミルク冷却タンク、健康・繁殖力監視ほかのさまざまな革新的製品を取り扱っています。デイリーマスターブランドが世界中で成長し続け、デイリーマスターの機器の需要が増加しているのは、機器とその革新的特性の高い実行能力を評価する、世界中の農業経営者の人気を博しているおかげです。

詳細は下記まで:
Lisa Herlihy: lherlihy@dairymaster.com 、+35387-9529291
Mary Mulvihill: mmulvihill@dairymaster.com 、+35387-9328832

ソース: デイリーマスター(Dairymaster)

(日本語リリース:クライアント提供)


Revolutionary Machine Milks Goat Every 2.5 Seconds!

PR62472

DUBLIN, Nov. 9 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    A new system which allows for a goat to be milked every 2.5 seconds has
been honoured at this year's Engineering Excellence Awards.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151108/284990 )

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151108/284991 )

    Dairymaster [http://www.dairymaster.com ] is one of the world's leading
dairy equipment manufacturers and has customers in over 40 countries worldwide.

    Speaking today Dairymaster [http://www.dairymaster.com ] CEO Dr Edmond
Harty said, "We are delighted that the Swiftflo rotary [
http://www.dairymaster.com/milking-parlors/milking-parlors/swiftflo-goat-revolver-rotary
]  which is a revolutionary way of milking goats has been honoured in this way.
It uses a new design in rotary milking with a robotic carriage where one
operator can milk up to 1,300 goats per hour with a milking unit attached every
2.5 seconds. No other goat milking equipment can milk that fast and in such
numbers. Efficient equipment is essential with goat farming, since the
productivity of the goat is limited and it is necessary to milk a large number
of goats in order to maximise efficiency. Dairymaster
[http://www.dairymaster.com ] has applied expertise and innovative technologies
to design one of the world's most automated goat rotaries, saving the farmer
time, money and hassle."

    Dr Edmond Harty added, "Dairy goat farming is a growth area with an
increasing demand for goat's milk for cheese, yoghurt, ice-cream and liquid
milk consumption. A successful goat farmer needs the best milking system to
maximise profit and increase efficiency and that's what you get with the
Swiftflo goat rotary & because of its revolutionary design we are seeing
interest from all around the globe."

    Benefits of the Swiftflo Goat Rotary

    - Extremely labour efficient at milking larger goat herds.

    - Designed to give optimum operator and goat comfort.

    - Designed with shorter milking tubes which reduces maintenance costs and
improves milking characteristics.

    - The cluster is conveniently located directly under the goat's teats in a
robotic carriage in the platform of the rotary. Optimum udder presentation
speeds up cluster attachment enabling the operator to milk with ease, speed and
a minimum of stress.

    - When the goat has finished milking the teat cups are removed
automatically. The cluster can then be automatically sanitised to reduce the
risk of cross contamination and is then stored hygienically underneath the
rotary platform. There is also the option of automatic teat spraying.

    See short video (2.28 minutes on the Award Winning Goat Rotary)

    https://www.youtube.com/watch?v=Z9huNu_UmR8

    About Dairymaster

    http://www.dairymaster.com

    Dairymaster is a world leader in dairy equipment manufacturing. It operates
from its head office in Causeway, Co. Kerry and it also has operations in the
UK and USA. Dairymaster has customers in over 40 countries worldwide and its
products operate effectively on farms with numbers ranging from 40 cows to
10,000 cows.

    Dairymaster has reached this position in the market because they offer
their customers significant performance advantages due to their emphasis on
research and development. They have a wide innovative product range including
milking equipment, manure scrapers, automatic feeder systems, milk cooling
tanks, health and fertility monitoring plus much more. The continued growth of
the Dairymaster brand worldwide and the increased demand for Dairymaster
equipment is due to its popularity with farmers all over the world, who value
the high performance capabilities of the equipment and its innovative features.

    For more information:

    Lisa Herlihy: lherlihy@dairymaster.com, +35387-9529291

    Mary Mulvihill: mmulvihill@dairymaster.com, +35387-9328832

SOURCE: Dairymaster


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中