国際研究が都市における糖尿病の増加に関する再考を促す

ノボノルディスク

2015/11/16 16:50

国際研究が都市における糖尿病の増加に関する再考を促す

AsiaNet 62561

【バグスバード(デンマーク)2015年11月16日PRニュースワイヤー】

ロンドン大学(UCL)が率いるCities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) パートナーシップに関する先駆的な新たな研究によると、タイム・プレッシャー、通勤時間、住んでいる場所などの社会・文化的要因は脆弱性糖尿病において重要な役割を果たしていることを示しています(1)

・都市の糖尿病に関する世界史上最大の研究から得た知見によると、5つの都市に6000万人が住んでおり、都市は糖尿病の増加に対処するために、公衆衛生と都市計画戦略を再考する必要があることを示唆しています

・世界中の4億人以上の人々のうち、都市に居住する3分の2以上が糖尿病を患っています(2),(3)

・パートナーシップ・イニシエータ-のノボノルディスク (Novo Nordisk) は、2020年までにCities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) に関するエキスパー・リソースおよび研究基金に2000万ドル以上を投資することを約束しました

・研究結果は11月16日(月曜日)に、コペンハーゲンの国際サミットで代表者に発表され、2016年にバンクーバーとヨハネスブルグがパートナー都市としてメキシコシティ、上海、天津、コペンハーゲン、ヒューストンに加わることを発表します

「Cities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) 」パートナーシップ・プログラムの一環として、ロンドン大学(UCL)が率いる国際研究は、都市における糖尿病の急激な増加に関する現在の科学的理解に挑戦しています。研究結果は世界中の都市で、社会的・文化的な要因は、以前に考えられていたよりも、流行の広がりにおいて、はるかに重要な役割を果たしていることを示唆しています。

マルチメディアのニュースリリースは:http://www.multivu.com/players/English/7690951-study-rethink-rise-diabetes-in-cities/

世界中の4億人のうち3分の2以上が糖尿病を患い都市に居住しています。[1],[2]1年を通じてのユニークなパブリック・プライベート・アカデミック・パートナーシップであるCities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) 研究は、最も急を要する現代の公衆衛生上の課題のいずれかの解決策を通知するために、都市で2型糖尿病になりやすい原因をよりよく理解することに努めました。この複雑な問題を探求するために、糖尿病のリスクがあるまたは診断されたコペンハーゲン、ヒューストン、メキシコシティ、上海、天津の5大都市の550人以上に対してインタビュー調査が行われました。

UCLの医療人類学のDavid Napier教授は「主に糖尿病の生物医学リスク要因に焦点を当てることで、従来の研究は病気の社会的・文化的なドライバの影響を十分に説明されていません。我々の先駆的な研究により、世界中の都市の人々は糖尿病になりにくい生活を適応することが可能になります」と述べました。

研究により都市の脆弱性糖尿病は、社会的・文化的要因[1]が複雑雑混じり合っていることが関係していることが分かりました。これらは大きな初期リスクをもたらし、その後、診断、治療、健康を維持する可能性が低くなります。文化的決定には、体の大きさ、健康、根深い従来の認識を含みながら、識別された社会的要因には、金融、地理的、リソース、時間的制約が含まれています。(1)

メキシコシティの厚生大臣であるArmando Ahued Ortega博士は「Cities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える)から得た洞察は、都市の糖尿病についての考え方を根本的に変えました。この新たな社会文化的危険因子についての理解は国民の健康・福祉をサポートするために、効率改善および目標とされた公衆衛生政策の発展を導いてくれます」と語りました。

都市に関する主な研究結果(1)

・ヒューストンでは、脆弱性と同じデメリットの従来の概念はもはやルールではなく、財政的制約の有無にかかわらず人々は、糖尿病に対して脆弱である可能性があります

・メキシコシティでは、女性は重荷になることを避けるために自分自身の健康を軽んじていることから、男女の役割が脆弱性の高まりの一因となっています

・コペンハーゲンでは、糖尿病は、失業、財政的困難や孤独のようなその他の多くの社会的・健康問題を考慮すると、人間の欲求の階層において最上位であるとは限りません

・上海では、困難を受け入れない文化的な傾向から、人々は友人、家族、医療従事者からの助けを求め糖尿病を防いでいると見なされていました

・天津では、糖尿病を患う人々は、貧しい食品選択、過労、精神的不健康を含む広範なコンディションの原因を報告しました

研究結果に促されて、ノボノルディスクは2020年までに、エキスパート・リソースと研究資金2000万米ドルの投資を介した都市部の糖尿病との闘いを支援することを約束しました。ノボノルディスクのLars Rebien Sorensen社長兼最高経営責任者(CEO)は「我々は糖尿病との闘いにおいて、医薬品以上のものを提供する長年のコミットメントを有しています。この種の研究は、新しい理解による重点的な取り組みを通じて、病気の軌道を根本的に変更するため、我々がなぜCities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) を開始しているかについて正確に説明しています」と述べました。

Cities Changing Diabete (都市の糖尿病を変える) パートナーシップにはマッピング、共有、行動の3つの異なる相互接続段階があります。最初のマッピング段階が現在完了し、コペンハーゲン・サミットは世界中から250人の専門家代表団が集まり、教訓を議論し、都市におえる糖尿病に取り組むための解決策を議論します。

パートナーシップは長期的に、参加者の洞察力・知識の共有を介して世界中の都市における糖尿病の増加に対処することを目指しています。バンクーバーとヨハネスブルグは2016年に、プログラムに参加し、インターナショナル・プール・エビデンスに貢献する最後の都市となります。

▽CITIES CHANGING DIABETES について

Cities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える)は、都市の糖尿病に取り組むためのパートナーシップ・プログラムです。ノボノルディスクによって開始されたプログラムは、劇的な都市の糖尿病の増加に取り組んでおり、ロンドン大学、ステノ糖尿病センターと共同開発し、糖尿病/健康コミュニティ、市当局、学術機関、地域社会の指導者(様々な分野からの)、市民社会組織の支援を各都市で受ける予定です。同プログラムの目的は、問題を解読、ソリューションの共有および世界中の大都市における糖尿病と闘うための具体的な行動を駆動することです。詳しい情報はウェブサイト (citieschangingdiabetes.com) (http://www.citieschangingdiabetes.com/ )を参照してください。

▽NOVO NORDISK(ノボノルディスク)について

ノボノルディスク90年以上にわたり糖尿病治療に必要な革新的な医薬品や糖尿病ケアをリードしてきたグローバル・ヘルスケア企業です。同社はまた糖尿病に加え、成長ホルモン療法および血友病などのその他の重篤な慢性疾患に打ち勝つための経験や能力を与えています。ノボノルディスクはデンマークに本社を置き、75カ国で約3万9,700人の社員を擁し、製品は180カ国以上で販売されています。詳しい情報はhttp://novonordisk.com、 

Facebook (https://www.facebook.com/novonordisk )、 

Twitter (https://mobile.twitter.com/novonordisk )、 

LinkedIn (https://www.linkedin.com/company/novo-nordisk )、 

YouTube (https://www.youtube.com/user/novonordisk/custom )を参照してください。

このプレスリリースをサポートしている写真(http://citieschangingdiabetes.com/media/)やb-roll(http://citieschangingdiabetes.com/media/ )についてはウェブサイトを参照してください。

1. 糖尿病を変更するCities Changing Diabetesファイルに関するデータ

2. 国際糖尿病連合。IDF Diabetes Atlas 2014 update, 6th edn. ブリュッセル、ベルギー:国際糖尿病連合、2014年更新。

3. 国際糖尿病連合。IDF Diabetes Atlas 2015 update, 7th edn. ブリュッセル、ベルギー:国際糖尿病連合、2015年更新。

メディア

Novo Nordisk A/S

メディア向けの広報窓口

Katrine Sperling

+45-3079-6718

krsp@novonordisk.com

(写真:http://photos.prnewswire.com/prnh/20151112/286694

ソース:ノボノルディスク (Novo Nordisk)

(日本語リリース:クライアント提供)

International Study Prompts Rethink on the Rise of Diabetes in Cities

PR62561

BAGSVAERD, Denmark, Nov. 16 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    - Pioneering new research led by University College London (UCL) for the

      Cities Changing Diabetes partnership shows socio-cultural factors

      including time pressure, commuting time and where you live play

      significant roles in diabetes vulnerability[1]

    - Findings from the world's largest-ever study of urban diabetes - in five

      cities which together are home to 60 million people - suggest cities must

      reconsider public health and city planning strategies to address the rise

      of the condition

    - Over 400 million people worldwide have diabetes, more than two thirds of

      whom live in cities[2],[3]

    - Partnership initiator Novo Nordisk has pledged to invest over 20 million

      USD of expert resource and research funds in Cities Changing Diabetes by

      2020

    - The findings will be presented to delegates at an international Summit in

      Copenhagen on Monday 16 November where it will also be announced that in

      2016, Vancouver and Johannesburg will join Mexico City, Shanghai,

      Tianjin, Copenhagen, and Houston as partner cities

    International research led by University College London (UCL) as part of

the 'Cities Changing Diabetes' partnership programme challenges current

scientific understanding of the rapid rise of diabetes in cities. The findings

suggest that in cities around the world,  social and cultural factors play a

far more important role in the spread of the epidemic than previously thought.

    To view the Multimedia News Release, please click:

http://www.multivu.com/players/English/7690951-study-rethink-rise-diabetes-in-cities

    More than two thirds of the world's 400 million people with diabetes live

in urban areas.[1],[2] The year-long study for Cities Changing Diabetes, a

unique public-private-academic partnership, sought to better understand what

makes people vulnerable to type 2 diabetes in cities in order to inform

solutions for one of the most pressing modern-day public health challenges. To

explore this complex issue, more than 550 interviews were undertaken with

at-risk and diagnosed people in five major cities - Copenhagen, Houston, Mexico

City, Shanghai and Tianjin.

    "By largely focusing on biomedical risk factors for diabetes, traditional

research has not adequately accounted for the impact of social and cultural

drivers of disease," says David Napier, Professor of Medical Anthropology, UCL.

"Our pioneering research will enable cities worldwide to help populations adapt

to lifestyles that make them less vulnerable to diabetes."

    The study found that diabetes vulnerability in cities is linked to a

complex mix of social and cultural factors[1]- responsible for both putting

people at greater initial risk and subsequently making them less likely to be

diagnosed, receive treatment and maintain good health. The identified social

factors included financial, geographical, resource and time constraints while

cultural determinants included the perception of body size and health and

deep-seated traditions.[1]

    "The insights we have gained from the Cities Changing Diabetes research

have fundamentally changed the way we think about diabetes in our city," said

Dr Armando Ahued Ortega, Minister of Health of Mexico City. "This new

understanding of sociocultural risk factors will guide the development of

increasingly efficient and targeted public health policies to support the

health and wellbeing of our citizens."

    KEY FINDINGS FROM STUDY CITIES[1]

    - In Houston, the traditional notion of disadvantage being equal to

      vulnerability is no longer the rule and both people with and without

      financial constraints may be vulnerable to diabetes

    - In Mexico City, gender roles may contribute to increased vulnerability

      as women neglect their own health to avoid being seen as burdensome

    - In Copenhagen, diabetes is often not highest in a person's hierarchy of

      need, given many other social and health issues such as unemployment,

      financial difficulties and loneliness

    - In Shanghai, the cultural trend for the denial of hardship was seen to

      prevent people with diabetes from seeking help from friends, family and

      healthcare professionals

    - In Tianjin, people with diabetes reported a wide range of causes of the

      condition including poor food choices, overworking and poor mental health

    Prompted by the findings, Novo Nordisk has pledged to support the fight

against urban diabetes via the investment of 20 million USD of expert resource

and research funds by 2020. Commenting on the promise, Lars Rebien Sorensen,

president and chief executive, Novo Nordisk said:

    "We have a longstanding commitment to provide more than just

pharmaceuticals to the fight against diabetes. Research of this nature

illustrates precisely why we initiated Cities Changing Diabetes - to

fundamentally change the trajectory of the disease through targeted actions

informed by new understanding."

    The Cities Changing Diabetes partnership has three distinct but

interconnecting phases - mapping, sharing and action. With the initial mapping

phase now complete, the Copenhagen Summit meeting will see 250 expert delegates

from around the world come together to discuss the learnings and discuss

solutions to tackle diabetes in cities.

    In the longer-term, the partnership aims to tackle the rise of diabetes in

cities around the world via the sharing of insights and knowledge of

participants. In 2016, Vancouver and Johannesburg will become the latest cities

to join the programme and contribute to the international pool of evidence.

    ABOUT CITIES CHANGING DIABETES

    Cities Changing Diabetes is a partnership programme to address the urban

diabetes challenge. Initiated by Novo Nordisk, the programme is a response to

the dramatic rise of urban diabetes and has been developed in partnership with

University College London and Steno Diabetes Center, as well as a range of

local partners including the diabetes/health community, city governments,

academic institutions, city experts (from a variety of fields)  and civil

society organisations. The aim of the programme is to map the problem, share

solutions and drive concrete action to fight the diabetes challenge in the big

cities around the world. For more information, visit citieschangingdiabetes.com

[http://www.citieschangingdiabetes.com ].

    ABOUT NOVO NORDISK

    Novo Nordisk is a global healthcare company with more than 90 years of

innovation and leadership in diabetes care. This heritage has given us

experience and capabilities that also enable us to help people defeat other

serious chronic conditions: haemophilia, growth disorders and obesity.

Headquartered in Denmark, Novo Nordisk employs approximately 39,700 people in

75 countries and markets its products in more than 180 countries. For more

information, visit novonordisk.com [http://www.novonordisk.com ], Facebook

[https://www.facebook.com/novonordisk ], Twitter

[https://mobile.twitter.com/novonordisk ],  LinkedIn

[https://www.linkedin.com/company/novo-nordisk ], YouTube

[https://www.youtube.com/user/novonordisk/custom ].

    Visit our website for photos [http://citieschangingdiabetes.com/media ] and

b-roll [http://citieschangingdiabetes.com/media ] supporting this press release.

    1) Data on file, Cities Changing Diabetes

    2) International Diabetes Federation. IDF Diabetes Atlas 2014 update, 6th

       edn. Brussels, Belgium: International Diabetes Federation, 2014 update.

    3) International Diabetes Federation. IDF Diabetes Atlas 2015 update, 7th

       edn. Brussels, Belgium: International Diabetes Federation, 2015 update.

    

     

    MEDIA:

    Novo Nordisk A/S, Media Relations

    Katrine Sperling, +45-3079-6718

    krsp@novonordisk.com

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151112/286694 )

   SOURCE: Cities Changing Diabetes

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中