ソートリーダーシップとコンテンツ・マーケティングへの投資は3倍に

Euromoney Institutional Investor Thought Leadership

2015/11/19 10:21

ソートリーダーシップとコンテンツ・マーケティングへの投資は3倍に

AsiaNet 62595(1512)

【ロンドン2015年11月19日PR Newswire=共同通信JBN】新しい調査は、B2B(企業間)マーケターにとってコンテンツ・マーケティング、とりわけソートリーダーシップが重要性を増しつつあることを示している。Euromoney Institutional Investor Thought Leadershipのアンケートに基づく白書「コンテンツ・マーケティングとソートリーダーシップに関する最新の考え方をとらえる」は、コンテンツ市場投資が向こう2、3年で3倍になる可能性があることを示唆している。多くのB2Bマーケターが徐々にそれをマーケティングミックスの主要素に採用しているためである。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151117/288272LOGO

このトレンドの背景には、対象オーディエンスがますます情報を消費し、購入を決定するチャンネルのシフトがあるとみられる。たとえば、B2B企業にとっても、ソーシャルメディアが主要なデリバリーチャンネルとされている。同様に重要な点は、ブランド認識を高めてオーディエンスの受け止め方を変え、言うまでもなく見込み客情報をもたらすうえで、ソートリーダーシップがB2Bマーケターに重要な要素と見なされていることである。

コンテンツ・マーケティングを通じたソートリーダーシップ採用の一方で、それを実現するためにマーケターが直面する多くの課題がある。アンケート回答者の多くは、先進的で魅力的なコンテンツが欠けているとして、ブランド差別化の困難性に言及している。いいコンテンツを持ちながら、狙ったオーディエンスとの接触に苦労しているとみられる回答者もいる。

Euromoney Institutional Investor Thought Leadershipのガイ・ダン最高経営責任者(CEO)は「われわれの調査は、コンテンツ・マーケティングがB2Bマーケターの主要なツールであり、今後数年も重要性を高める一方であることを確認した。しかし、ソートリーダーシップ・アプローチを採用する組織が増えるにつれて、他社より抜きん出ることは次第に難しくなってくる。マーケターはもっと人の心を引きつけるコンテンツ、ハイレベルなオーディエンスへのアクセス拡大、成功を達成するためのより革新的なデリバリー方法を必要としている」とコメントした。

白書全文は以下からダウンロード可能。

http://www.euromoneythoughtleadership.com/our-content/capturing-current-thinking

▽「Capturing current thinking on content marketing and thought leadership」 について

「Capturing current thinking on content marketing and thought leadership(コンテンツ・マーケティングとソートリーダーシップに関する最新の考え方をとらえる)」は一部主要トレンドおよび世界の業界のB2Bマーケティング役員が第一に直面する課題の掘り下げた考察である。この白書はEuromoney Institutional Investor PLCの1部門であるEuromoney Institutional Investor Thought Leadershipがまとめ、企業の金融・非金融クライアントと取引先の国際調査結果から仕上げた。多くの業界、地域に及ぶ売上高2億5000万ドル未満から400億ドル以上の企業の主に上級マーケターから計207の回答が寄せられた。調査対象企業の大半は米州と欧州、残りはアジア太平洋、中東、アフリカに本社がある。

▽Euromoney Institutional Investor Thought Leadershipについて

Euromoney Institutional Investor Thought Leadershipは2015年、オーディエンスを引きつける高品質コンテンツに対するマーケターの要求拡大に応じて設立された。世界最高級の評判を得ている複合ビジネス情報ブランドのオーナーとして、世界で500万人を超える意思決定者へのアクセス提供が可能である。その「ソートリーダー・ネットワーク」はマーケターにオーディエンスの思考と共鳴、解明、刺激するコンテンツを生み出す専門編集手法を活用する方法を提供する。われわれはまた、マーケターの目的を達成する特定オーディエンスに効果的なコンテンツを発信することができる。

ソース:Euromoney Institutional Investor Thought Leadership

Investment in Thought Leadership and Content Marketing Set to Triple but Challenges Remain

PR62595

LONDON, Nov. 19 / PRNewswire=KYODO JBN / --

    New research signals that content marketing and, specifically, thought

leadership will assume ever-growing importance for B2B marketers. "Capturing

current thinking on content marketing and thought leadership," a survey-driven

white paper from Euromoney Institutional Investor Thought Leadership, suggests

that investment in content marketing could triple in the next few years as more

and more B2B marketers adopt it as the main ingredient in their marketing mix.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151117/288272LOGO )

    The main driver behind this trend appears to be a shift in the channels

through which target audiences are increasingly consuming information and

making purchasing decisions. Social media, for example, is cited as a major

delivery channel even for B2B companies. Equally importantly, thought

leadership is seen by B2B marketers as a vital component in increasing brand

awareness, changing audience perception and, of course, generating new sales

leads.

    While adoption of thought leadership through content marketing continues to

rise, there are a number of challenges that marketers face in making it work.

Many survey respondents cited the difficulty in distinguishing their brand

through lack of forward-looking and engaging content. Others appear to struggle

to connect with their intended audience even when they have great content.

    Commenting on the research, Guy Dunn, CEO of Euromoney Institutional

Investor Thought Leadership, said, "Our research confirms that content

marketing is the principal tool for B2B marketers and will only grow in

importance in coming years. But, as more organisations adopt a thought

leadership approach, it is going to be increasingly difficult to stand out from

the crowd. Marketers will need more compelling content, greater access to

high-level audiences and more innovative means of delivery to achieve success."

    The full report is available to download here:

http://www.euromoneythoughtleadership.com/our-content/capturing-current-thinking

    About"Capturing current thinking on content marketing and thought

leadership "

    "Capturing current thinking on content marketing and thought leadership" is

an in-depth look at some of the main trends and challenges primarily faced by

B2B marketing executives globally in this area. The report was commissioned and

compiled by Euromoney Institutional Investor Thought Leadership, part of

Euromoney Institutional Investor PLC, and draws on the results of a global

survey of financial and non-financial clients and contacts of the company. In

total, 207 responses were received mostly from senior marketers of companies

across industries and geographies with annual revenues of less than $250

million to over $40 billion. The vast majority of companies surveyed were based

in the Americas and Europe, with the remainder in Asia-Pacific, the Middle East

and Africa.

    About Euromoney Institutional Investor Thought Leadership

    Euromoney Institutional Investor Thought Leadership was founded in 2015 in

response to an accelerating requirement from marketers for high quality content

with which to engage their audience. As the owner of some of the world's most

respected business information brands across a variety of sectors, we are able

to provide access to over 5 million decision-makers across the globe. Our

Thought Leaders Network offers marketers a way to tap into the thoughts of

their audience and our editorial expertise means that we can create content

that resonates, illuminates and inspires. We are also able to disseminate that

content effectively to specific audiences to complete the circle for marketers.

SOURCE: Euromoney Institutional Investor Thought Leadership

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中