[ダイキン]技術開発拠点「テクノロジー・イノベーションセンター」を開設

ダイキン

2015/11/25 11:00

ダイキン工業株式会社は、グローバルに広がる当社グループの技術開発のコア拠点として「テクノロジー・イノベーションセンター(以下TIC)」を当社淀川製作所(大阪府摂津市)内に開設しました。2015 年11 月25日から業務を開始します。

2015年11月25日

ダイキン工業株式会社

技術開発のコア拠点として新たな価値創造をめざす

技術開発拠点「テクノロジー・イノベーションセンター」を開設

ダイキン工業株式会社は、グローバルに広がる当社グループの技術開発のコア拠点として「テクノロジー・イノベーションセンター(以下TIC)」を当社淀川製作所(大阪府摂津市)内に開設しました。2015 年11 月25日から業務を開始します。

TICでは、国内3 拠点(堺・滋賀・淀川製作所)に分散していた技術者を集約し、約700名体制で技術開発を推進します。当社が世界各地で展開する技術開発の中心と位置づけており、グローバルでの産・官・学連携を積極的に進め、世界中の人・情報・技術をTICに呼び込みます。社内外の協創イノベーションにより、「インバータ」「ヒートポンプ」「フッ素化学」などのコア技術で世界No.1の技術力を構築し、差別化商品による事業拡大、新技術・先端技術による新たな価値・事業創出などを実現します。

技術の進歩・変化のスピードは、情報通信やソフトウェアの分野を中心に、ますます加速しています。当社はこの変化を先取りし、空調・化学・油機・特機・電子システム事業における、それぞれのコア技術を磨き、情報通信、先端材料・加工技術、センサー技術、医療・ヘルスケア技術といった世界最先端技術との融合を図ります。環境・エネルギー・健康などの社会課題を解決し、人々のライフスタイルを変えるような商品・サービスを提供することで、事業の拡大とともに、社会貢献を果たしたいと考えています。

TICでは異業種・異分野のユニークな技術を持つ企業・大学・研究機関との連携・提携による「協創」を、グローバルレベルで実行していきます。当社はすでに京都大学、大阪大学、奈良先端科学技術大学院大学との包括提携や、住宅・電機・素材メーカー、建築事務所などとの共同研究開発を推進しています。今後は、各分野の有識者をTICに招聘し、長期滞在を通じた技術指導や、当社技術者と一体となった中長期的な技術戦略立案を担っていただきたいと考えています。

当社はTICを中心に協創イノベーションを推進することで、お客様にとっての新たな価値を創造します。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中