戦略・イノベーションを学ぶビジネススクール『CICOM-ISL』のプログラムを改編

2015年11月27日

サイコム・ブレインズ株式会社

革新的なアイデア、ビジネスモデルの創出など喫緊の経営課題にフォーカス

サイコム・ブレインズ、『CICOM-ISL』のプログラムを改編

企業研修を展開するサイコム・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 西田 忠康)は、企業の中堅社員・管理職を対象として東京・秋葉原で開講しているスクール『CICOM-ISL』のプログラムを2016年4月より改編いたします。

●CICOM-ISL概要

CICOM-ISL(CICOM Innovation Strategy and Leadership Program)は、2003年に経済産業省の「技術経営(MOT)人材育成プログラム導入促進事業」による支援を受け、当社およびマサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院の提携事業として開講されたプログラムを前身としています。2007年からは技術系の人材に限らず、企業の将来を担う人材に広く門戸を開き、イノベーション、経営戦略、マーケティング、財務会計、人的資源管理などを学ぶ場として、年間約400人が受講しています。2015年より、一部の科目でオンライン配信による映像講義を活用した効果的な学習メソッドを導入しています。

●プログラム改編の骨子

 (詳細 ⇒ http://www.cicombrains.com/news/file/CBISL2015-2016.pdf )

1) 科目構成の見直し

  …「革新的なアイデアの発見」「新しいビジネスモデルの構築」など、

    企業経営における喫緊の課題にフォーカス

    【改編前】

     ・経営戦略

     ・マーケティング戦略策定

     ・人と組織

     ・意思決定のための会計・ファイナンス

     ・ビジネス統計学入門

     ・マネージャーのための問題解決スキル

     ・デザイン思考

     ・イノベーション戦略

   【改編後】

     ・事業発想力強化

     ・デザイン思考

     ・イノベーション戦略

     ・問題解決の思考技術

     ・ビジネスモデル構築

     ・ポーター戦略論

     ・ブルーオーシャン戦略

     ・利益を最大化する戦略会計

     ・人と組織のマネジメント

     ・提携・M&Aの戦略と財務

2) 受講者の利便性の向上、学習効率・効果のさらなる強化

  …受講期間・通学回数を半減/全ての科目において

   オンライン配信による映像講義を導入

   【改編前】

     ・1科目あたり3ヶ月間(隔週1回×全6回)

     ・一部の科目で映像講義を使用

   【改編後】

     ・1科目あたり1.5ヶ月間(隔週1回×全3回)

     ・すべての科目で映像講義を使用

サイコム・ブレインズ株式会社

企業内研修の企画・実施、および公開型の研修プログラムを提供。シンガポール、上海、バンコクに拠点を持ち、日本企業を中心にアジアにおける人材育成を国内外でサポートする。1996年設立。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中