新作CM「パイオニアケアプラス 定年体操」篇 12月14日から配信開始

明治安田生命

2015/12/14 14:30

2015年12月14日

明治安田生命保険相互会社

明治安田生命 新作CM

「パイオニアケアプラス 定年体操」篇の配信開始

 明治安田生命保険相互会社(執行役社長 根岸 秋男)は、“老後の備え”をより身近なものとして実感していただく新作CM「パイオニアケアプラス 定年体操」篇を2015年12月14日から、明治安田生命公式ホームページ等にて公開するとともにWeb配信いたします。

1.「パイオニアケアプラス 定年体操」篇について

 今回のCMは、介護保障を組み込んだ一時払終身保険「パイオニアケアプラス」<5年ごと利差配当付介護終身年金保障保険>をPRするものです。当商品の加入対象層のお客さま向けにWeb配信し、「万一の保障、介護の保障、急な資金準備」といった“老後の備え”の必要性について訴求することを目的としています。

 CMでは、「定年退職」をきっかけに、自分自身や家族のための“老後の備え”について想いを巡らせる男性の心の動きを、サイレントコメディーで表現しました。ダンサー役には「NO MORE 映画泥棒」のカメラ男として人気のo-ki さんを起用し、コミカルなロボットダンスによる「定年体操」を披露しています。

2.配信について

○YouTube TrueView 広告等にて配信

※明治安田生命公式ホームページ(www.meijiyasuda.co.jp )、YouTube 明治安田生命公式チャンネル、明治安田生命公式Facebook ページ(www.facebook.com/meijiyasudalife)でもご覧いただけます

※動画はこちらからご覧ください

http://www.meijiyasuda.co.jp/enjoy/koukoku/web/index.html#web05

<CMの概要>

○みどころ

 真っ白いスーツに身を包んだダンサー役のo-ki さん(43才)が、特殊メイクで定年退職を迎える男性に扮し、キレのあるロボットダンスを披露しています。

 一見、お辞儀をしているように見える白スーツの男性が、実は「アンチグラビティ」という倒れないポーズをしている意外性のある場面から始まり、部下や家族との思い出、定年後の楽しみ・不安といった男性の心理が、「定年体操」のパントマイムを通じて次々と表現されていきます。

 また、明治安田生命公式ホームページでは、多くのみなさまに“老後の備え”をより身近なものとして実感いただけるよう、誰にでも簡単に踊れる「定年体操」の振り付け動画も提供しています。

○制作スタッフ

クリエイティブディレクター : 後藤 彰久

プランナー/コピーライター : 塚本 祐介

演出 : 金澤 善風

プロデューサー : 椎橋 卓見/小原 寛之

PM : 竹内 良輔

撮影 : 根岸 浩太

ナレーター : 青木 菜な

クリエイティブプロデューサー : 大迫 雄一

アカウントエグゼクティブ : 大庭 大/小山内 和也

○ダンサー役 o-ki(オーキ)さんプロフィール

ダンサー、振付師として、TVCM・PV・映画・舞台などで活躍。「NO MORE 映画泥棒」のカメラ男として、独特なパフォーマンスで全国的に人気を集める。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

「定年体操」CMカット①

「定年体操」CMカット②

「定年体操」CMカット③

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中