ファーウェイが画期的なアプリケーション・ドリブン・ネットワークを支える新理論・モデルを発表

ファーウェイ

2015/12/18 17:20

ファーウェイが画期的なアプリケーション・ドリブン・ネットワークを支える新理論・モデルを発表

AsiaNet 62918 (1655)

【深セン(中国)2015年12月18日PRNewswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)のフェロー、ウェン・トン博士は18日、同社のアプリケーション・ドリブン・ネットワーク(ADN)がさまざまなアプリケーションをサポートする3つの情報消費モデルからヒントを得たことを発表した。ADNが革新的であるのは、そのトップレベルのアーキテクチャー設計にある。ネットワーク・レイヤーは上から下までに垂直統合され、アプリケーションに必要な最適なネットワーク・リソースは端から端まで割り当てられコントロールされている。

ウェン博士は「ネットワークが進化する環境は劇的に変化している。ビジネスモデルやユーザーニーズはネットワーク開発のさまざまな段階で異なる。ファーウェイの2012 Laboratoriesの中のFuture Network Theory Labは、さまざまな通信シナリオが種々の情報消費モデルに適合し、さまざまなタイプのネットワーク・アーキテクチャーをもたらすことを発見した。ファーウェイは、ネットワーク進化の中でアプリケーションに優先順位を付ける。ファーウェイはADNコンセプトを開発し、ネットワーク理論モデルの分析と典型的なシナリオの下でのアーキテクチャー・テストを完了した」と語った。

ウェン博士によると、アプリケーションは3つの情報消費モデルによってサポートされている。

その1つはポアソン配信モデルで、音声通信に使用される。このシナリオでは、大半の加入者の通話頻度および通話時間は平均値に落ち着いている。このモデルは階層ネットワーク・アーキテクチャーに適している。

2つ目はベキ乗測分布モデルで、インターネット通信に使用される。このシナリオでは、大半のユーザーはスーパーインターネットノードに接続される。このモデルはフラットネットワークに最適である。

3つ目はマルコフ過程モデルで、マシンツーマシン(M2M)通信に使用される。M2M時代には、業界のアプリケーション・ニーズは大きく異なる。例えば、インターネット・オブ・ビークル(IoV)では、カーツーカー(C2C)通信は極めて低いレイテンシーを必要とする。遠隔医療では、遠隔ビデオシステムは超広帯域、低レイテンシー、高信頼性を必要とする。この場合、ネットワークはローカルには小型システムを、グローバルには大型システムを開発しなければならない。マルコフ過程モデルは分散および集中型コントロールのいずれによってもネットワーク・アーキテクチャーをサポートする。

ウェン博士は革新的なADNアーキテクチャーについて「従来の通信ネットワークは水平なアーキテクチャーを採用し、さまざまなネットワーク・レイヤーにリソースを分散してきた。これは地域ごとに適用対象を網羅し、さまざまなレイヤーのリソースの利用効率を最大限に引き出すことを狙っている。しかし、これらのネットワークはエンドツーエンド・アプリケーションのニーズを満たすことはできない」と語った。

ウェン博士は発表にあたり、「ファーウェイのADNは上から下までの垂直アーキテクチャーを採用していることを明らかにした。ファーウェイは3レイヤーADNを設計にした情報消費理論、情報コントロール理論、情報配信理論の3つの理論を開発した。アプリケーション・レイヤーでは、データモデルリングは種々のサービスの特徴に従って実行される。リソースコントロール・レイヤーでは、ネットワーク・リソースはグローバルおよびローカルで調整され、優れたユーザー体験を提供するとともにリソース活用を最大限に引き出す。データレイヤーでは、サービスレイヤリングを通じてアプリケーション・デカップリングが実現し、より効率的なリソース共有と調整をサポートする」と語った。

ウェン博士は「ADNは新しいビジネス理論を体現したものであり、われわれは顧客価値、ネットワーク価値、キャリア価値の観点からネットワークのオペレーションと技術開発を再考する必要がある。ADNはネットワーク構築および開発に関してアプリケーションおよびデマンド・ドリブンのアプローチを推奨するので、ネットワーキングに関するキャリアの伝統的手法を変革することになる」と説明した。

ADNはアプリケーションの可能性を切り開き、キャリアはトラフィックだけ、帯域だけ絞った従来の販売モデルを多様化させ、新しい収入源をつくり出すことができる。ウェン博士は「将来、キャリアは充実したアプリケーションを備えるADNを、輸送、医療、教育、金融、IoTなどの垂直業界にリースすることによって市場領域を拡大することができる」と語った。

ファーウェイは12月10日Globecom 2015で、同社のADNコンセプトを発表してセンセーションを巻き起こした。

詳細は以下のウェブサイトを参照。

http://www.huawei.com/en/news/2015/12/Huawei%20Unveils%20the%20Vision%20for

写真:http://photos.prnasia.com/prnh/20151218/0861512568-e

キャプション:さまざまなアプリケーションをサポートする3つの情報消費モデル

ソース:Huawei

Huawei Fellow Dr. Wen Tong: New Theories and Models Inspired Huawei's Revolutionary Application-driven Network

PR62918

SHENZHEN, China, Dec. 18, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Huawei Fellow Dr. Wen Tong announced today that the company's revolutionary

Application-driven Network (ADN) was inspired by three information consumption

models that support a variety of applications. What makes ADN innovative is its

top-level architecture design: Network layers are vertically integrated from

the top down, and optimal network resources required for applications are

allocated and controlled from end to end.

"The environment in which networks evolve is changing dramatically," said Dr.

Wen. "Business models and user needs vary at different stages of network

development. The Future Network Theory Lab of Huawei's 2012 Laboratories has

discovered that different communications scenarios comply with different

information consumption models and lead to different types of network

architecture. Huawei prioritizes applications in network evolution. It has

developed the ADN concept and completed the analysis of network theory models

as well as architecture testing under typical scenarios."

According to Dr. Wen, applications are supported by three information

consumption models.

First is the Poisson distribution model, used for voice communications. Under

this scenario, most subscribers' call frequencies and durations remain at a

mean value. The model is suitable for hierarchical network architecture.

Second is the power-law distribution model, used for Internet communications.

Under this scenario, most users are connected to super Internet nodes. This

model is a perfect fit for flat network architecture.

Third is the Markov process model, used for machine-to-machine (M2M)

communications. In the M2M era, the application needs of industries differ

greatly. For example, in the Internet of Vehicles, car-to-car communications

require extremely low latency. In telemedicine, remote video systems require

ultra-wide bandwidth, low latency, and high reliability. In this case, networks

must create small systems locally and huge systems globally. The Markov

distribution model supports network architecture with both distributed and

centralized controls.

Regarding the innovative ADN architecture, Dr. Wen remarked, "Traditional

communications networks adopt a horizontal architecture, with resources

scattered at different network layers. They aim to provide coverage by region

and maximize the utilization efficiency of resources at different layers.

However, these networks are unable to meet end-to-end application needs."

According to Dr. Wen, to address this issue, Huawei's ADN adopts a top-down

vertical architecture. Huawei has developed three theories that guide the

design of a three-layer ADN: the information consumption theory, information

control theory, and information dissemination theory. At the application layer,

data modeling is conducted according to the characteristics of different

services. At the resource control layer, network resources are coordinated

globally and locally to deliver a superior user experience and maximum resource

utilization. At the data layer, application decoupling through service layering

is achieved to support more efficient resource sharing and coordination."

"ADNs represent a new business theory, which requires us to rethink network

operations and technology development from the perspectives of customer value,

network value, and carrier value," said Dr. Wen.  "ADNs recommend an

application- and demand-driven approach to network construction and

development, thus reshaping carriers' traditional ways of networking," he

explained.

ADNs will open the door to applications, enabling carriers to diversify their

traditional traffic-only or bandwidth-only sales models and create new revenue

streams. "In the future, carriers will be able to expand their market space by

leasing ADNs with enhanced applications to vertical industries, such as

transportation, healthcare, education, finance, and the IoT," Dr. Wen continues.

At Globecom 2015 on December 10, Huawei caused a sensation when it first

announced its ADN concept.

For more information, visit:

http://www.huawei.com/en/news/2015/12/Huawei%20Unveils%20the%20Vision%20for

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20151218/0861512568-e

Caption - Three information consumption models supporting a variety of

applications.

SOURCE: Huawei

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中