南寧で中国・ASEAN通貨指数を発行

Nanning Municipal Bureau of News

2015/12/21 14:29

南寧で中国・ASEAN通貨指数を発行

AsiaNet 62921 (1658)

【南寧(中国)2015年12月18日新華社=共同通信JBN】China Finance Corporateと南寧市は15日、中国南部の広西チワン族自治区の首都南寧で初の中国・ASEAN通貨指数(CAMI)を共同して発行した。この指数によると、中国通貨人民元はASEAN諸国通貨より速く上昇し、レートもASEAN諸国通貨に対する米ドルの上昇より速い。

CAMIは主要通貨の交換レートと中国、ASEAN諸国間の貿易のデータに基づき、人民元とASEAN諸国通貨の交換レートの変動を総合的に反映するものである。この指数は中国・ASEAN自由貿易地域(CAFTA)の通貨交換のために効率的な参考基準を提供し、通貨・金融協力を促進する。

市場の需要の急速な増加により、通貨交換レートはCAFTAの重要な問題となっていた。元建て資産の外国保有や国際決済での人民元利用の急速な成長は、長期的には通貨交換のコストを下げるとみられる。CAMI計画は人民元の国際化で重要な役割を果たすだけでなく、中国とASEANの間の地域的な貿易と投資を促進するだろう。

指数の運営規則によると、CAMIは2010年8月19日を基点とし、100を基準ポイントとする。ASEAN加盟国の通貨が通貨バスケットに含まれ、各通貨の比重は2国間貿易加重方式で算出される。指数の安定性と比較可能性を考慮して、各通貨の比重は3年ごとに調整される。

2015年12月14日のCAMIは135.82ポイントで、基準ポイントより35.82上昇している。これは人民元がASEAN諸国通貨に対して上昇したことを示す。ASEAN諸国通貨では、マレーシア・リンギット、シンガポール・ドル、タイ・バーツ、インドネシア・ルピー、ベトナム・ドン、フィリピン・ペソが指数の動向への影響力が大きい。

ソース:Nanning Municipal Bureau of News

China-ASEAN Monetary Index Issued in Nanning

PR62921

NANNING, China, Dec. 18, 2015 /Xinhua=KYODO JBN/--

China Finance Corporate and Nanning Municipal jointly issued their first

China-ASEAN Monetary Index(CAMI) on Tuesday in Nanning, capital city of Guangxi

Zhuang Autonomous Region in Southern China. According to the index, the Chinese

currency yuan, or Renminbi, has appreciated faster than that of ASEAN

countries, and the rate is also faster than the appreciation of U.S. Dollar

against ASEAN countries' currency.

CAMI is a comprehensive representation of the fluctuation of monetary exchange

rate between Renminbi and currencies of ASEAN countries based on the data of

monetary exchange rates of major currencies and trade between China and ASEAN

countries. The index will provide efficient reference basis on monetary

exchange for China-Asean Free Trade Area(CAFTA) and promote monetary and

financial cooperation.

With the rapid increase of market demand, currency exchange rate has been a key

issue of CAFTA. Rapid growth in foreign holdings of yuan-denominated assets and

use of the Renminbi in cross-border payments will likely reduce currency

exchange costs over the long term. The CAMI program will not only play a

crucial role in the internationalization of Renminbi, it will also facilitate

regional trade and investment between China and the ASEAN.

According to the rules governing the index, CAMI took 19th August 2010 as the

starting date and 100 as the starting point. Currencies from ten Asean member

states are included in the currency basket and the weight of each currency is

calculated through bilateral trade weighting method. In consideration of the

stability and comparability of the index, the weight of each currency will be

adjusted every three years.

The CAMI of 14th December 2015 is 135.82 point, which rises 35.82 compared to

the starting point, which indicates that Renminbi is appreciating to the Asean

countries currencies, among which the Malaysian Ringgit, the Singapore Dollar,

THB, the Indonesia Rupee, the VND, and the Philippine Peso are the most

influential in the trend of the index.

Source: Nanning Municipal Bureau of News

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中