早大シンポ 1980年代サブカルチャー再訪 アジアを貫く若者文化の起源(1/17)

早稲田大学

2016/1/13 12:15

2016/01/13

早稲田大学広報室広報課

国際シンポジウム「1980年代サブカルチャー再訪──アジアを貫く若者文化の起源──」

1月17日、早稲田大学で開催

国際シンポジウム「1980年代サブカルチャー再訪──アジアを貫く若者文化の起源──」

日時:2016年1月17日(日) 13時-18時30分

会場:早稲田大学小野小講堂

総合司会:藤本一勇

第一部:1980年代ポップスの世界

・牧村憲一「80年代の70年代」

・鈴木惣一朗「90年代の80年代」

・チャ・ウジン「20世紀のノスタルジアはいかに21世紀音楽市場の支配力を持ったのかー韓国の若者文化、ソーシャルメディアそしてK-POP」

・林ひふみ「1980年代北京:ロックの萌芽と改革開放」

第二部:1980年代マンガの世界

・とり・みき「80年代の個人的マンガ家活動から見たオタクとサブカルの分化」

・宮沢章夫「岡崎京子で読む80年代、90年代」

第三部:パネルディスカッション

司会:小沼純一、千野拓政

パネリスト:牧村憲一、鈴木惣一朗、チャ・ウジン、林ひふみ、とり・みき、宮沢章夫

主催:早稲田大学文学学術院 私立大学戦略的研究基盤形成事業

共催:表象メディア論系/総合人文科学研究センター 研究部門「東アジアの人文知」

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中