Rightware、CESで未来のコネクテッドカ―ユーザーインターフェイスを紹介

Rightware

2016/1/15 10:49

Rightware、CESで未来のコネクテッドカ―ユーザーインターフェイスを紹介

AsiaNet 63014

ラスベガス、2016年1月14日/PRニュースワイヤー/ --

マルチスクリーンのデジタルコックピットコンセプトが自動車革命を表します

自動車産業向けユーザーインターフェイスクリエーションソフトウェアのリーディングプロバイダーRightwareは、未来のコネクテッドカ―のユーザーインターフェイスについてのビジョンを本日明らかにしました。「Triton - Connected HMI(トリトン - コネクテッドHMI)」という名のコンセプトは、自動車メーカーがどのようにして、車内の統一されたスタイルと雰囲気によって、マルチディスプレイのユーザー体験を急激に展開することが出来るかを紹介します。このコンセプトは、計器群、インフォテインメントシステム、HUD、個人のモバイル機器のようないくつかの車載ディスプレイ上のユーザーインターフェイスがどのようにシームレスに接続できて、ドライバーが彼らにとって最も重要な情報に常時接続して入手することができるかを示します。

     (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160106/319638 )

「Triton - Connected HMI」コンセプトは、車載システムに個人データや好みを伝えるAT&T ドライブクラウドプラットフォームへの認証としてモバイル機器を用いることで、パーソナライズされた社内体験を可能にする、オフボード接続サービスや機器の価値も紹介します。

Rightwareのヨーナス・ゲウスト最高経営責任者は、次のように述べています。「車内でのデジタルユーザー体験は、顧客にとって主要な購買基準となっています。スクリーンの数が増加するにつれて、OEMメーカーは、車内の全スクリーンでのシームレスなユーザー体験を確実にする必要があります。当社の『Triton - Connected HMI』コンセプトは、今後数年にわたり車内でどのような発展を目にすることになるかを紹介し、ラピッドプロトタイピングから大量生産に至るまで同じデザインツールを用いることで、いかに革新速度を加速することが可能かを実証します。既に10社以上の世界の主要なOEMメーカーが、生産プロジェクトにKanziを利用しています。」

Rightwareについて

Rightware(R)は、最先端のユーザーインターフェイス技術のマーケット・リーダーで、迅速なユーザーインターフェイスの設計・開発用Kanzi(R)ソフトウェアによって、自動車産業などの組み込み型産業に奉仕しています。Rightwareは、デロイトの2015年に最も急成長しているハイテク企業「ファスト50 」リストにノミネートされ、フィンランドのヘルシンキに本拠を置き、シリコンバレー、デトロイト、ソウル、東京、上海、ロンドン、ミュンヘンにオフィスを構えています。

詳細情報は、http://www.rightware.com でご覧になれます。

問合せ先:

Rightwareプロダクトマーケティング担当部長

オリー・ライホ(Olli Laiho)

電話:+358-50-386-3444

電子メール: olli.laiho@rightware.com

ソース: Rightware

(日本語リリース:クライアント提供)

Rightware Showcases the Future of the Connected Car User Interface at CES

PR63014

LAS VEGAS, Jan. 7 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    - Multi-screen digital cockpit concept shows automotive innovation

    Rightware, the leading provider of user interface creation software for the

automotive industry, revealed today their vision of tomorrow's connected car

user interface. The concept, titled "Triton - Connected HMI", showcases how car

manufacturers can rapidly develop multi-display user experiences with unified

look and feel in the car. The concept shows how the user interface on several

in-car displays such as instrument cluster, infotainment system, HUD and a

personal mobile device can be seamlessly connected, with the driver having

always-on access to their most important information.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160106/319638 )

    The Triton - Connected HMI concept also showcases the value of off-board

connectivity and devices, allowing a personalized in-car experience by using a

mobile device as the authentication to AT&T Drive cloud platform, that delivers

personal data and preferences to the onboard systems.

    "The digital user experience in the car has become a key buying criteria

for the consumer. With the number of screens increasing, OEMs need to make sure

that the user experience is seamless across all screens in the car. Our Triton

- Connected HMI concept showcases the development that you'll see in cars

during the next few years and demonstrates how innovation speed can be

accelerated using the same design tools from rapid prototyping to mass

production. Already more than 10 leading OEMs globally are using Kanzi for

production projects" said Jonas Geust, CEO, Rightware.

    About Rightware

    Rightware(R) is the market leader in advanced user interface technology,

serving the automotive and other embedded industries with its Kanzi(R) software

for rapid user interface design and deployment. Nominated on Deloitte's "Fast

50" list of fastest growing tech companies in 2015, Rightware is headquartered

in Helsinki, Finland with presence in Silicon Valley, Detroit, Seoul, Tokyo,

Shanghai, London and Munich.

    Learn more at: http://www.rightware.com

    CONTACT:

    Olli Laiho

    Director, Product Marketing, Rightware

    Tel: +358-50-386-3444

    Email: olli.laiho@rightware.com

SOURCE: Rightware

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中