「タカラトミー おもちゃハッカソン」最優秀賞決定のご報告 アイデアを出しながら走り抜けた3日間

タカラトミー

2016/1/31 22:17

株式会社タカラトミーは、1/10、30、31の3日間にわたり、「タカラトミー おもちゃハッカソン」を開催しました。多様な背景を持った参加者が、マラソンのようにアイデア創出に臨み、最後まで走りぬきました。見事、最優秀賞を獲得したアイデアは“りかさんず”チームの「リカちゃんファッションメイカー」となりました。

2016年1月31日

株式会社タカラトミー

目指せ商品化!アイデア、技術を持ち寄っておもちゃを共創 「タカラトミー おもちゃハッカソン」最優秀賞決定のご報告 アイデアを出しながら走り抜けた3日間

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:H.G.メイ/所在地:東京都葛飾区)は、商品開発の新しい試みとして、JellyWare(ゼリーウェア)株式会社(代表取締役社長:崔 熙元/所在地:東京都新宿区)が企画・運営、GUGEN  (グゲン)協力のもと「タカラトミー おもちゃハッカソン」を開催しました。本ハッカソンは、1/10(日)【予選77名参加】、30(土)・31(日)【本選45名参加】の3日間に渡り、各日程において9時から20時の間、社会人、学生を問わず、エンジニアやデザイナー、プランナー等が、マラソンのようにアイデア創出に臨みました。最後まで走りぬき、見事最優秀賞を獲得したアイデアは “りかさんず”チームの「リカちゃんファッションメイカー」となりました。最優秀賞をはじめ、受賞したアイデアにつきましては、これから商品化を目指してまいります。

今回開催する「おもちゃハッカソン」は、「タカラトミーの定番おもちゃの進化」「新しい定番おもちゃの発掘」の2つの大きなテーマに、参加者が独自のアイデアや最新技術などを組み合わせておもちゃの開発にチャレンジしました。  エンジニアやデザイナー、プランナー等、幅広い分野から多様な背景を持った人々に参加してもらい、お互いの経験・アイデアを共有しながら、プロトタイプの完成を目指し、おもちゃをチームで共創することを目的としたイベントです。 参加者は、トミカ、リカちゃん、プラレール等のタカラトミー定番おもちゃに最新のIT技術やIoT(Internet of Things)技術等を適用させ、既存のおもちゃを再定義しながら、一方では全く新しい未来のおもちゃアイデアの発想、プロトタイプの完成に向けて切磋琢磨しながらおもちゃ作りに取り組みました。

■「ハッカソン」とは

「ハッカソン」とは、ソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた造語で、プログラマーやデザイナーから成る複数の参加チームが、マラソンのように、与えられた期間内でアイデアや成果を競い合う開発イベントのことを指します。

【受賞概要】

 最優秀賞 企画名:「リカちゃんファッションメイカー」 企画チーム:りかさんず

■企画趣旨 

弊社の定番着せ替え人形「リカちゃん」のドレスを自分でデザインできるソリューションの提案です。簡単なインターフェイスで、女の子自身がドレスを自由にデザインしてドレスを作成することができます。

■チームリーダーコメント

「デザイナー、エンジニア、プランナーが集まったバランスのとれたオールラウンドなチームだからこそ、このアイデアを生み出し、形にすることができました。ハッカソンに楽しみながら参加することができました。」

■審査員講評

玩具の商品開発は、アイデアを出すだけでなく、試作品や商品サンプルを作り上げ、短時間で形にすることが重要。審査をする上で重要視したのは、商品化できるかどうかという点。受賞したアイデアについては、弊社でしっかりと商品化していきたい。

優秀賞 企画名:「ポイカメラ」 企画チーム:NBC

タカラトミー賞 企画名:「プラレールMIRAI」 企画チーム:プラレールMIRAI

タカラトミー賞 企画名:「CORORO(コロロ)」 企画チーム:生春巻き

【開催概要】

企画背景

現在、スマートフォンやタブレット端末の普及、SNSの発達など、子どもたちを取り巻く環境やおもちゃのあり方、遊び方にも大きな変化が生まれてきており、タカラトミーでは、時代の変化に合わせたおもちゃ創りを行いたいと考えております。昨年は、一般の方の自由な発想で描く“夢”の実現化を目指す機会として「おもちゃアイディアコンテスト」を開催し、コンテストで入賞したアイデアの商品化を現在進めております。そして今回はJellyWare株式会社企画・運営、GUGEN協力のもと新しいおもちゃの本格的な開発を目指します。

開催期間

2016年1月10日(日)アイデアソン(予選)

アイデア拡散ワーク

個人アイデアプレゼン

チームビルディング

アイデアブラッシュアップ

最終チームプレゼン

予選結果発表

2016年1月30日(土)ハッカソン1日目(本選)

ハッカソンプラン作成

プロトタイピング

ソリューションインタビュー

中間プレゼン

2016年1月31日(日)ハッカソン2日目(本選)

プロトタイピング

ソリューションインタビュー

最終プレゼン

審査・結果発表

開催会場  株式会社タカラトミー 青戸オフィス(東京都葛飾区青戸4-19-16) 特設会場

参加者    アイデアソン100名/ハッカソン50名程度(予選通過チームのみ)

参加費     2,000円

参加資格   参加申し込み日時点で満20歳以上の方/本イベントの全日程に参加可能である方/参加規約に同意している方

公式HP    http://takaratomy.co.jp/event/toyhack2015/

※申込期間2015年12月9日~12月31日24時まで

賞金/賞品最優秀賞 賞金30万円(1点) 副賞:Omnibot Hello! Zoomer(ビーグル犬)

優秀賞:賞金10万円(1点) 副賞:タカラトミーおもちゃ

タカラトミー賞:賞金5万円(1~3点) 副賞:タカラトミーおもちゃ

開発テーマ  

1.タカラトミー定番おもちゃの進化

①プラレール※1分野/②トミカ※2分野/③リカちゃん※3分野

2.新しい定番おもちゃの発掘 

①ロボット/②ウェアラブルおもちゃ/③ラジオコントロール/④ペットのためのおもちゃ

⑤IoTおもちゃ/⑥その他自由開発

(※1)「トミカ」 公式サイトhttp://www.takaratomy.co.jp/products/tomica/

(※2)「プラレール」 公式サイトhttp://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/

(※3)「リカちゃん」 公式サイトhttp://licca.takaratomy.co.jp/   Twitter @bonjour_licca

審査員    

タカラトミー取締役 常務執行役員 事業統括本部長  鴻巣 崇 

タカラトミー執行役員 事業統括本部統括副本部長  中野 哲

タカラトミー研究開発部部長  渡辺 公貴 

タカラトミー研究開発部 研究企画課課長  大沢 孝

  

その他参加に関する詳細は公式HPよりご確認ください。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

おもちゃハッカソン 集合写真

最優秀賞受賞チーム「りかさんず」と審査員

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース