第163回紀伊國屋サザンセミナー「インタースコア 多様な社会を編集する」のご案内

紀伊國屋書店

2016/2/12 17:00

株式会社紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長  高井 昌史)は、イシス編集学校、春秋社と共催で、第163回紀伊國屋サザンセミナー 春秋社『インタースコア』刊行記念「インタースコア 多様な社会を編集する」を開催いたします。

2016年2月12日

株式会社紀伊國屋書店

第163回紀伊國屋サザンセミナー「インタースコア 多様な社会を編集する」のご案内

 謹啓 平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 この度、株式会社紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長  高井 昌史)は、イシス編集学校、春秋社と共催で以下のセミナーを開催いたします。

 つきましては、ぜひとも御社より本セミナーを告知、取材・報道いただければ幸いです。

 ご検討いただけますよう、心よりお願い申し上げます。何卒よろしくお願いいたします。 謹白

第163回紀伊國屋サザンセミナー 春秋社『インタースコア』刊行記念

「インタースコア 多様な社会を編集する」

共催:イシス編集学校、春秋社、紀伊國屋書店

日時:2016年3月2日(水)19:00開演(18:30開場)

会場:紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F)

料金:1500円(全席指定/税込)

●講演者

松岡正剛(編集工学研究所所長、イシス編集学校校長)

田中優子(法政大学総長、江戸文化研究者)

佐々木紀彦(NewsPicks編集長)

●概要

ビジネス、教育、医療、生活、商品。さまざまな領域で新しい方法や見方、

既存のマイナーチェンジにとどまらない再編集が必要とされ始めています。

ビジネスの現場における課題解決のステージを変えるイノベーション、高大

接続が進む教育では学際的なリベラルアーツ、病理医学と臨床医学をつなぐ

医療、これらを創り出すための21世紀のキーワードが「インタースコア」です。

知と知、情報と情報、カテゴリーとカテゴリー、それぞれがもっている異なる

スコアをまたいでつなぎ、往還しながら新しい見方、価値をつくりだすこと

が「インタースコア」なのです。かつては、民族、言語、宗教、哲学、音楽

なども「インタースコア」によって編集され、脳がA10細胞・ニューロトランス

ミッター・感覚器官で情報を交換しているように、生命、生物も本来的に

「インタースコア」がおこっています。書物、交易、労働、ゲーム、スポーツ

でも異なる価値をスコアに示し社会化する「インタースコア」が行われてきました。

では、今の多様な社会でどのように「インタースコア」編集を興していけばよいのか。

メディア、イベントプロデュース、開発プロジェクトの監修で超ジャンル的編集と

先駆的グラフィズムを生み出してきた編集工学研究所所長・イシス編集学校校長の

松岡正剛氏、法政大学で初の女性総長に就任し、大学教育の再編集に取り組む

江戸文化研究家の田中優子氏、東洋経済オンラインをビジネス誌系サイトNO.1に

導いたNewsPicks編集長の佐々木紀彦氏を迎え、「インタースコア」により新たな

価値や世界を創る仕組みや方法を交わし合います。「インタースコア」元年の口火を

きるトークセッション、どうぞお見逃しなく。

●『インタースコア~共読する方法の学校』 ISBN 978-4-393-33348-8

著者 松岡正剛&イシス編集学校

春秋社 2015年12月24日刊行 価格2,200円(税別)

●連動フェアについて

紀伊國屋書店新宿南店5階(2016年2月下旬)、紀伊國屋書店新宿本店3階(2016年3月初旬)より本セミナーに連動したフェアを開催予定です。

●チケット取り扱いについて

料 金 1500円(全席指定/税込)

チケット発売日 2016年2月12日(金)10:00~

・キノチケオンライン https://www.kinokuniya.co.jp

・キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5F/店頭販売 10:00~18:30)

・紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F/店頭販売 10:00~18:30)

お問い合わせ:紀伊國屋サザンシアター 03-5361-3321(10:00~18:30)

■本書に関するお問い合わせ、取材のお申し込みは下記までお願いいたします。

株式会社春秋社 〒101-0021 千代田区外神田2-18-6

TEL:03-3255-9611  FAX:03-3253-1384

営業部 片桐幹夫 m-katagiri@shunjusha.co.jp

-----------------------------------

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中