ウクライナ裁判所の判決は違法とアルブゾフ元国立銀行総裁

Press Office of Serhiy Arbuzov

2016/2/18 18:02

ウクライナ裁判所の判決は違法とアルブゾフ元国立銀行総裁

AsiaNet 63454(0206)

【キエフ2016年2月18日PRNewswire=共同通信JBN】キエフのペチェルシク地方裁判所は2月15日、ウクライナの法律に違反して、セルゲイ・アルブゾフ元国立銀行総裁に対する特別な公判前調査の実施を求めるウクライナ検事総長室の申し立てを認めた。これにより裁判所は、ウクライナ現政権によって犯していない罪で追及されているセルゲイ・アルブゾフ氏に対する欠席裁判で下された政治目的の有罪判決とみられるものに対する機会をもたらした。

裁判が運営された方法(https://www.youtube.com/watch?v=SLVDhrnruhs&feature=youtu.be )(字幕をオンにするべし)は、検察側の圧力により裁判所による法の支配の無視を証明しているようだ。法は申し立てに関する審理への弁護人の義務的な参加に例外を設けていない。しかし、裁判所は本件で、セルゲイ・アルブゾフ氏の弁護人の出席なしに決定した。弁護側はこの訴訟手続きへの参加を回避してはいないことが強調されるべきだ。

司法扶助センターを通じて裁判所の指示により追加的に任命された弁護士らが裁判所による法順守の必要性を主張したことも特記されるべきである。しかし、裁判所は第3者弁護士らの要請に応じなかった。

本件の理非に関する審理は2分で終わった。裁判所は捜査官や検察官の説明を求めず、質問もしなかった。弁護側は裁判所の予断と強要された決定を示すものと理解している。

弁護側は、ウクライナの上級裁判所がセルゲイ・アルブゾフ氏に関する決定を覆さない場合の欧州人権裁判所への提訴も含め、裁判所の決定を不服として上訴する意向である。

セルゲイ・アルブゾフ氏によると、彼に対する告発の弱さと当局が1年半の間にこれらの少なくとも1件も捜査を完了できないことは、検察当局の告発の政治的性格、ならびにアルブゾフ氏の行動における犯罪構成事実の不在の証拠である。

ルクセンブルクの欧州連合(EU)司法裁判所は1月28日、予備的調査に基づくだけで第3国での資産の不正流用に責任があるとして個人を扱うことはできないと判断、セルゲイ・アルブゾフ氏の資産の凍結を無効と決定した。

ソース:Press Office of Serhiy Arbuzov

Former Governor of the National Bank, Serhiy Arbuzov, Says the Ukrainian Court Delivered Unlawful Judgement Against Him

PR63454

KYIV, Ukraine, Feb. 18, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     On February 15, 2016, Pechersk District Court of Kyiv, contrary to

Ukrainian law, sustained a motion of the Prosecutor General's Office of Ukraine

to hold a special pre-trial investigation against the former Governor of the

National Bank of Ukraine, Serhiy Arbuzov. Thereby the court brought about the

opportunity for what is understood to have been a politically-motivated

conviction in absentia of Serhiy Arbuzov, accused of crimes he did not commit,

by the current Ukrainian authorities.

    The way the trial was conducted -

https://www.youtube.com/watch?v=SLVDhrnruhs&feature=youtu.be (subtitles should

be turned on) - seemed to speak to the court's disregard of rules of law under

pressure from the prosecution. The law does not provide for any exceptions to

the mandatory participation of defense counsel in a hearing of a motion.

However, the court ruled on the case without the presence of Serhiy Arbuzov's

lawyers. It should be noted that the defense did not evade participation in the

process.

    It should also be noted that the lawyers, appointed additionally on the

instructions of the court through the Legal Aid Centre, insisted on the need

for compliance with the law by the court. However, the court did not respond to

the request of the third-party lawyers.

    The hearing on the merits of the case lasted two minutes; the court did not

demand any explanation from investigators or prosecutors and asked no

questions. The defense understands this to be indicative of the bias of the

court and coerced decisions.

    The defense intends to appeal against the decision in court, including with

the European Court of Human Rights, if the higher courts in Ukraine do not

reverse the decision in respect of Serhiy Arbuzov.

    According to Serhiy Arbuzov, the weakness of charges against him and the

inability of the authorities to complete investigation of at least one of these

for a year and a half, are evidence of the political nature of the accusations

from representatives of the prosecutor's office and the absence of corpus

delicti in his actions.

    The General Court of the European Union in Luxembourg, on January 28,

decided to annul the freezing of Serhiy Arbuzov's assets , ruling that a person

cannot be treated as being responsible for misappropriation of assets solely on

the ground of a preliminary investigation in a third country.

SOURCE: Press Office of Serhiy Arbuzov

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中