日本初!インバウンド向け旅行保険付き富士登山ツアーの販売を開始

WILLER

2016/3/29 11:00

WILLER TRAVEL株式会社は、「初心者でも安心して登頂できるツアー」をコンセプトに、本日よりインバウンド向けの富士登山ツアーをウィラートラベルサイトにて販売開始します。日本で初めて旅行商品に訪日旅行保険を組み込み、増加の一途をたどる訪日外国人旅行者の皆様に、より快適で安心なツアーをご提供します。

2016/3/29

WILLER TRAVEL株式会社

日本初!インバウンド向け旅行保険付き富士登山ツアーの販売を開始

 WILLER TRAVEL株式会社(http://travel.willer.co.jp/、代表取締役:村瀬茂高、以下ウィラートラベル)は、「初心者でも安心して登頂できるツアー」をコンセプトに、本日よりインバウンド向けの富士登山ツアーをウィラートラベルサイト(http://willerexpress.com/en/fuji/)にて販売開始します。日本で初めて旅行商品に訪日旅行保険(※)を組み込み、増加の一途をたどる訪日外国人旅行者の皆様に、より快適で安心なツアーをご提供します。(※)訪日外国人旅行者が日本入国後に加入できる訪日旅行保険

昨年ウィラートラベルが主催する富士登山ツアーでは、1,000名を超える訪日外国人旅行者にご利用いただき、一昨年と比較し約200%の伸び率を記録し、多くのお客様にご利用いただく中で、安全や緊急時の対応に関するご心配の声が高まってきていました。また、平成25年度観光庁調査によると、訪日外国人旅行者の4%が「日本滞在中に予期せぬケガや病気を被った」と回答しています。

 そこで、より安心して富士登山ツアーに参加していただくため、登山の際に有資格の山岳ガイドと共に英語対応可能な添乗員が同行することで、日本での旅行において壁となる言葉の問題を取り除きます。また、山頂に近い本八合目の山小屋を宿泊施設として指定し、標高に体を慣らすことで高山病を予防するとともに、危険な夜間登山を避けることができます。さらに、本八合目の山小屋は登山道と下山道の中間に位置しているため、荷物を預けたまま山頂へ向かっていただくことができます。このように負担を最小限にすることで、登山経験のないお客様でも富士登山一番の見どころであるご来光を安全にご覧頂ける環境を整えています。

 さらに本年は、危険が伴う登山でもより安心していただけるように、日本で初めて旅行商品に訪日旅行保険を組み込みました。保険に加入いただくことで3つの安心をご提供します。

1.万が一の事故発生時の治療費や移送費用を補償します。

2.高額な治療費の一時負担が不要となるキャッシュレス治療に対応します。

3.英語・中国語・韓国語の電話医療通訳に対応し、症状を母国語で伝えることが可能なため最適な診療を受けることができます。

 本年は昨年度の実績を大きく超える2,500名の利用を目標とし、より多くの訪日外国人旅行者の皆様に安全で快適な旅をご提供することを目指します。

出典:平成25年度 観光庁調べ

【富士登山ツアー概要】

・予約URL:http://willerexpress.com/en/fuji/

・催行日:7月2日~9月10日

・料金:おひとり様20,800円、レンタルギア付き:29,800円、温泉オプション:800円

・行程

≪1日目≫

新宿発(7:30頃)<高速道で移動>

富士スバルライン五合目(休憩・昼食)

登山開始(12:00頃)…途中休憩あり…本八合目山小屋着(18:00頃)

山小屋泊

≪2日目≫

登山開始(2:00頃)…富士山頂(ご来光を臨む)

下山開始…本八合目山小屋着(8:00頃)(休憩・朝食)…下山再開…

富士スバルライン五合目着(11:00頃)…温泉施設(休憩・昼食)(オプションで入浴可)

御殿場駅(降車のみ)…御殿場プレミアム・アウトレット(降車のみ)…新宿帰着(18:00頃)

________________________________________

本件に関するお問い合わせは、下記までお願い致します。

WILLER ALLIANCE株式会社 広報部

担当:吉村 綾花 E-mail:koho@willer.co.jp

TEL:06-6123-7250  FAX:06-6136-5887

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

サイトメインビジュアル

行程表

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中