アイプリオがアジアで「IssueLaunch」テストに成功

アイプリオ

2016/4/21 10:18

アイプリオがアジアで「IssueLaunch」テストに成功

AsiaNet 64151 (0482)

【香港、ロンドン、ニューヨーク2016年4月21日PR Newswire=共同通信JBN】
*大手投資銀行とバイサイド企業が新発債情報配信プラットフォームを活用

大手グローバル金融サービス技術・データ・プロバイダーのアイプリオ(Ipreo)は、セルサイドの銀行がバイサイドにディール情報を配信できるIssueLaunchプラットフォームのもうひとつのテストに成功したと発表した。2月の最新テストには、アジアの大手投資銀行9行とバイサイド企業9社が参加した。

アジアのテストは、昨年第4四半期の欧州におけるIssueLaunchのテストと公開に続くもので、それ以来、IssueLaunchによって150以上のライブディールが発表された。テストには15行が参加し、40近いバイサイド企業がプラットフォームを通じて定期的にライブディール情報を受けた。

IssueLaunchプラットフォームは、バイサイドの投資家に安全な方法で新発債の諸条件を公開し、彼らはこの情報をアイプリオのDealMonitorアプリで閲覧するか、アイプリオのDealServices API経由プログラムでデータを利用することが可能である。それはスタンドアローンのアプリとして利用できるが、アイプリオのInvestor Accessプラットフォームの根本要素でもあり、バイサイド投資家がシンジケートブックに対するフィックストインカムのディールについて電子的にIndication of Interest(IOIs)を提出することも可能である。Investor Accessは11行と提携して開発された。

IssueLaunchとInvestor Accessは、アイプリオのシンジケートツーシンジケート通信ネットワークであるIssueNetの基礎の上に構築されており、銀行はシンジケート会員間でブックを同期化し、銀行間ディール管理プロセスを簡素化することが可能である。現在、111行がIssueNetの会員になっている。

統合されたInvestor Accessプラットフォームは今年後半に立ち上げられ、エンドツーエンドのディール通信ソリューションを提供し、スポンサー銀行のバイサイド顧客は起債の発表があるとアラートを受けられ、ディール成立に関する諸条件の情報を受けてディール関連文書を閲覧し、IOIsを提出・管理してアロケーションと価格決定の電子的通知を受けることができる。

テストに参加したクレディ・アグリコル・CIBのアジアシンジケート部長、ベンジャミン・ランベール氏は「過去2、3年、幅広いアジアの引受証券会社がIssueNetを受け入れたことは、国境を超えた市場の発展を大いに促進し、欧州・アジア間に橋を架けた」と語った。

同じくクレディ・アグリコル・CIBのアジアシンジケート部に所属するロマン・ベリヤール氏は「IssueLaunchのリリースは、ディールの実施に必要なある程度の一貫性と透明性を与え、アジアの投資家はこのイニシアチブを歓迎した」と付け加えた。

▽アイプリオ(Ipreo)について
アイプリオは資本をアイデアにつなぐネットワークで、金融サービス技術・データおよび分析の大手グローバルプロバイダーであり、銀行、上場・未上場企業、機関・個人投資家、調査、資産運用、ウェルスマネジメント企業など資本調達プロセスの全参加者をサポートしている。同社独自のクロスアセット・ソリューションは顧客に、より効果的な意思決定とより効率的なワークフローに必要な情報とツールを用意する。アイプリオは、Blackstoneとゴールドマン・サックスのマーチャントバンク部門が保有する未公開企業で、1000人を超える従業員が世界の主要金融ハブ全体のクライアントにサービスを提供している。詳しい情報はwww.ipreo.comを参照。

ソース:Ipreo

▽問い合わせ先
Kate McKay
+1.212.849.5060
kate.mckay@ipreo.com



Ipreo Conducts Successful Test of "IssueLaunch" in Asia

PR64151

HONG KONG and LONDON and NEW YORK, Apr. 21, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Leading investment banks and buy-side firms embrace new-issue publishing
platform

Ipreo, a leading global financial services technology and data provider,
announced another successful test of its IssueLaunch platform, which enables
sell-side banks to publish deals to the buy side. Nine of the Asia's leading
investment banks and nine buy-side firms participated in the latest test in
February.

The Asia test follows on the heels of the successful testing and roll out of
IssueLaunch in Europe in the fourth quarter of last year.  Since the roll out,
more than 150 live deals have been announced over IssueLaunch.  Fifteen banks
have been participating in testing, and nearly 40 buy-side firms are regularly
receiving live deals over the platform.

The IssueLaunch platform publishes new-issue terms and conditions in a secure
manner to buy-side investors who can view this information in the Ipreo
DealMonitor application or programmatically consume the data via the Ipreo
DealServices API. It can be used as a standalone application, but is also a
core component of Ipreo's Investor Access platform, which allows buy-side
investors to electronically submit Indications of Interest (IOIs) on
fixed-income deals directly to the syndicate book. Investor Access is being
developed in partnership with eleven banks.

IssueLaunch and Investor Access build on the foundation of IssueNet, Ipreo's
syndicate-to-syndicate communications network that enables banks to synchronize
order books between members of the deal's syndicate and streamline the deal
management process between banks. Currently 111 banks are members of IssueNet.

The integrated Investor Access platform will go live later this year and
provides an end-to-end deal communication solution, allowing the buy-side
clients of sponsoring banks to be alerted to new-issue announcements, receive
deal structured information on their terms and conditions, view deal-related
documents, submit and manage their IOIs, and receive electronic notification of
allocation and pricing.  

Benjamin Lamberg, Head of Asian Syndicates at Credit Agricole CIB, who
participated in testing, commented, "The wider acceptance of IssueNet over the
last few years with Asian underwriters did facilitate greatly the development
of a cross-border market and build bridges between Europe and Asia."

Romain Beillard, also with Asia Syndicate at Credit Agricole CIB, added, "The
release of IssueLaunch has provided a level of consistency and transparency
that was needed in the execution of corporate deals, and Asian investors have
shown a warm welcome to this initiative."

About Ipreo
Ipreo powers the networks that connect capital to ideas. We are a leading
global provider of financial services technology, data and analytics,
supporting all participants in the capital-raising process, including banks,
public and private companies, institutional and individual investors, as well
as research, asset management and wealth management firms. Our unique,
cross-asset class solutions equip our clients with the information and tools
they need for more effective decision-making and a more efficient workflow.
Ipreo is private-equity held by Blackstone and Goldman Sachs Merchant Banking
Division, and has more than 1000 employees serving clients in every major
financial hub around the world. For more information, visit
http://www.ipreo.com.

SOURCE: Ipreo

CONTACT: Kate McKay, +1.212.849.5060, kate.mckay@ipreo.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中