Singhaがビール販売のキャッシュフローを内外資産の多様化に投資

Singha Corp.

2016/4/26 13:40

Singhaがビール販売のキャッシュフローを内外資産の多様化に投資

AsiaNet 64220(0518)

【バンコク(タイ)2016年4月25日インフォクエスト=共同通信JBN】タイの大手飲料メーカーSingha Corpは、ビール販売で生まれたキャッシュフローを投資して、資産と他の新事業の多様化を進めている。グループ企業の主要販売部門Boon Rawd Trading Co., Ltd.のピティ・ビローム・バクディ・マネジングディレクターが明らかにした。

Boon Rawd Brewery Co., Ltd.としても知られるSinghaは、ピティ氏の曾祖父が1933年にタイ初の醸造会社として設立した。株式非公開の家族経営会社で、2015年にタイのビール市場で68%のシェアだった。同社はSingha、Leo 、Singha Lightのブランド名でビールを生産している。Singha Beer(シンハービール)は世界の50カ国余りに輸出されてもいる。

Singhaの子会社であるSingha Estate PCLは、買収した上場不動産会社と、タイで最も人気のある観光地の1つ、サムイ島にある五つ星ホテルのサンティブリビーチリゾート&スパを含むSinghaの既存の資産の合併により2014年9月に設立された。

Singha Estateは急速に事業を拡大し、幅広く商業不動産、住宅、英国の26ホテルを含むホテル事業を管理している。Singha Estateは取引名「S」でタイ証券取引所(SET)に上場されている。

ピティ氏は最近開かれたフォーブス誌のセミナー「Thailand Forum 2016:The Next Tycoons(2016年タイ・フォーラム:次世代の大実業家)」で講演、「われわれは引き続き事業を多様化しており、Singha Estateのほかにも8つもしくは9つの事業の分離独立を準備している。もしわれわれがビール事業だけを考えたとすれば、小さすぎる」と語った。

ピティ氏はビール事業について、Singhaは事業多角化の資金を賄うため、市場シェアより利幅を維持することに注力していると述べた。

過去5年間で、グループ企業の従業員数は5000人から約2万人に増えている。

ピティ氏はSingha Corpのサンティ・ビローム・バクディ社長兼最高経営責任者(CEO)の2番目の息子として1979年に生まれた。サンティとその家族は2015年のフォーブス誌「タイの長者番付50人」で純資産29億ドル相当とされ、7位だった。

「トッド(Todd)」というあだ名を付けられたピティ氏は、米マサチューセッツ州の高等学校ウィルブラハム&マンソン・アカデミーで学び、その後、同じくウースター工科大学で生産工学を学んだ。

ピティ氏は2002年に大学卒業後、最初は米国の航空宇宙、エネルギー部門の部品メーカーであるWyman-Gordonに就職した。同氏はその後、タイに帰国し、ファミリービジネスの階段を駆け上がり始め、現職に就くまでは、Boon Rawd Tradingで広告、次いでマーケティングの部門を管理した。同氏はまたSingha Corp.の取締役である。

グループはビール、飲料水、電解質飲料のほかに、ホテルとホスピタリティー、タイのジャスミンライス、スナックなどの食品、包装、Singha所有のEst.33などのレストランチェーン、今やスポーツアパレルにまで拡大しているSingha Lifeブランドのファッションなどの事業に関係する100近い子会社を持つ。

Singhaはまた、タイ北部のチェンライ県にある有名なSingha Park(シンハーパーク)を通じて、社会・コミュニティー事業を支援している。

追加情報は次へ:www.boonrawd.co.th

Chanyapat P.

Tel: +662-659-2000

chanyapat_p@boonrawd.co.th

ソース:Singha Corp.

添付画像のリンク先:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=269564

写真説明:

Boon Rawd Tradingマネジングディレクターのピティ・ビローム・バクディ氏は「タイの有名なシンハービールのメーカーは、ビール販売で生まれたキャッシュフローを利用して、国内、国外の資産と他の新事業の多様化を進めている」と語った。

Singha Uses Beer Cashflow to Fund Diversification in Thailand Property, Foreign Assets

PR64220

BANGKOK,Thailand, Apr. 25 / InfoQuest=KYODO JBN / --

Singha Corp, Thailand's leading beverage maker, is using the cash flow

generated by beer sales to fund increasing diversification in property and

other new businesses, according to Piti Bhirom Bhakdi, Managing Director of

Boon Rawd Trading Co., Ltd., the group's main sales arm.

Sinha, also known as Boon Rawd Brewery Co., Ltd., was set up in 1933 as

Thailand's first brewer by Piti's great-grandfather. The closely-held family

company, had a 68% share of Thailand's beer market in 2015. The company

produces beer under the Singha, Leo and Singha Light brands. Singha Beer is

also exported to over 50 countries around the world.

Singha's property affiliate, Singha Estate PCL, was formed in September 2014

through takeover of a listed property firm and consolidation with Singha's

existing property assets, including the Santiburi Beach Resort and Spa, a

five-star hotel on Koh Samui, one of Thailand's top tourist destinations.

Singha Estate is fast expanding and controls a range of commercial, residential

and hotel business, including 26 hotels in the United Kingdom. Singha Estate is

listed on the Stock Exchange of Thailand, or SET, under the trading symbol "S".

"We will continue to diversify and beyond Singha Estate we are preparing to

spinoff another 8 or 9 other businesses," said Piti, addressing the recent

'Forbes Thailand Forum 2016: The Next Tycoons' seminar. "If we considered to be

only in the beer business it would too narrow."

In the beer business, Singha will focus on maintaining profit margins, rather

than market share, in order to fund diversification, Piti said.

In the past five years the number of employees of the group rose from 5,000 to

around 20,000.

Piti was born in 1979, the second son of Santi Bhirom Bhakdi, the President &

CEO of Singha Corp. Santi and family ranked 7th in Forbes list of Thailand's 50

Richest 2015, with a net worth of $2.9 billion.

Piti, who goes by the nickname 'Todd', attended high school as Wilbraham &

Monson Academy, before studying Industrial Engineering at Worcester Polytechnic

Institute, both institutions located in Massachusetts, USA.

After graduating in 2002, Piti first worked in the US at Wyman-Gordon, a

components manufacturer for the aerospace and energy sectors. Piti then came

back to Thailand and started moving up the echelons in the family business,

successively looking after advertising then marketing at Boon Rawd Trading,

before taking his current position. He is also a director at Singha Corp.

Besides beer, water and electrolyte drinks, the group has close to a hundred

affiliates involved in businesses including hotel and hospitality, food such as

Thai jasmine rice and snacks, packaging, restaurant chains, such as Est.33 by

Singha, and fashion, under the Singha Life brand, which is now expanding into

sport apparel.

Singha also supports social and community enterprise through its famed Singha

Park in Chiang Rai, a province in Thailand's Northern region.

For additional information, please visit: www.boonrawd.co.th

Chanyapat P.

Tel: +662-659-2000

chanyapat_p@boonrawd.co.th

SOURCE: Singha Corp.

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=269564

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

Boon Rawd Tradingマネジングディレクターのピティ・ビローム・バクディ氏

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中