光、音楽、アイデアの祭典「ビビッド・シドニー」が開幕

デスティネーションNSW

2016/5/30 18:27

光、音楽、アイデアの祭典「ビビッド・シドニー」が開幕

AsiaNet 64582 (0661)

【シドニー2016年5月27日PR Newswire=共同通信JBN】

*世界最大の光、音楽、アイデアの祭典がシドニーで始まる

「ビビッド・シドニー」の画像はウェブサイト(https://www.dropbox.com/sh/yguhzjqkq3zerht/AAA98A6FNPGbUeqYrKGlTQMQa?dl=0 )で入手可能

放送品質の映像はウェブサイト(https://vimeo.com/168292664 )で入手可能

オーストラリアのシドニーは今夜、毎年恒例の「ビビッド・シドニー(Vivid Sydney)」の祭典で90を超える光のインスタレーションで照らされ、世界的に有名なシドニー・ハーバー・ブリッジ、シドニー・オペラ・ハウスなど市内中でカラフルなプロジェクション芸術が投影されるなど、色彩であふれる。「ビビッド・シドニー」は5月27日夜に公式スタート、2016年6月18日の夜まで23日間続く。

フル・マルチメディア・リリースはウェブサイト(http://www.prnasia.com/mnr/vividsydney_201605.shtml )を参照。

ビデオ - http://static.prnasia.com/pro/media/201605/vividsydney/video.mp4

写真- http://photos.prnasia.com/prnh/20160527/8521603420-a

写真- http://photos.prnasia.com/prnh/20160527/8521603420-b

「ビビッド・シドニー」は世界最大の光と音楽とアイデアの祭典である。23カ国の150人を超えるアーティストが光を使ったインスタレーションやプロジェクション映像を製作、それらはシドニーに設置された8カ所以上の「ビビッド・シドニー」開催地区に出現する。「ビビッド・シドニー」ではまた、195の「ビビッド・ミュージック」イベントと500人を超えるスピーカーが登場する「ビビッド・アイデア」トークショー&フォーラムが行われる。

ニューサウスウェールズ州政府のマイク・ベアード首相は「今夜、大勢の人々がビビッド・シドニーの見事な「点灯」の瞬間を見るためにシドニーを訪れている。これから23夜の間、シドニーのアイコンとして最も有名な名所の数々が色彩と躍動のシンフォニーの中でライトアップされ、世界中の人を招き寄せることだろう。ビビッドは世界のオーディエンスに向けたクリエイティブな祭典であり、その人気は昨年の祭典が170万人の来場者を集めたことからも明らかだ」と述べた。

今年の「ビビッド・シドニー」はオーストラリア固有の文化をたたえることを主眼として、オーストラリアのアイコンであるシドニー・オペラ・ハウスの帆型屋根に先住民アボリジニの間に伝わる「ソングライン」のプロジェクション映像が投影される。この目を見張るようなアニメーションに使われた作品は以下の6人の著名な先住民族のアーティストの手になるもの。カーラ・ディケンズ、ジョン・マンダイン(オーストラリア勲章受章者)、レコ・レニー・、ガブリエラ・ポッサム・ナングレイ、ドニー・ウーラグージャおよび故グルンブ・ユニピング。デスティネーションNSWとシドニー・オペラ・ハウスが共同でキュレートした「ソングライン」はオーストラリアの「ファースト・ピープル」の精神性や文化をそのまま物語っており、相互につながる共有のシステム、そして時間と空間、大地と天空を超えて伸びる交易の道を描いたものだ。

シドニー現代美術館の正面やカスタムハウス(旧税関)にも他の大きな3Dプロジェクションが投影されるように「ビビッド・シドニー」はクリエイティブ産業のハブとしてのシドニーを展示するものになっており、光のスペクタクルを演出するため世界最初の技術やデザインが使われている。

ダーリング・ハーバーの「レーザー・ドラゴン・ウオーター・シアター」では、56の噴水の上に浮かぶ13メートルのロボット・アームに設置された世界初の水のスクリーンが使われている。レーザー・ドラゴン・ウオーター・シアター・ショーではビデオを投影するため4つの水のスクリーンが使われており、「ザ・プリセッツ」が作曲した音楽にのって踊るダンサーの映像などが投影される。高さ20メートルの垂直型噴水が40基、高さ25メートルの移動式噴水16基、高さ15メートルの火炎フレームジェット20基、そして強力レーザーが10基あり、来場者を驚かすのに十分だ。ダーリング・ハーバーには世界初がもう一つあり、「Intel RealSense(TM)」技術を利用すれば来場者は自分の顔をスキャンして、その映像を水のスクリーン上に投影することができる。

世界的に有名なシドニー・ハーバー・ブリッジも7万2000個のLEDを使った1640本の照明チューブで照らし出され、140の缶に格納された6700個のLEDが「特等席」と銘打ったインスタレーションの一環として来場者が自分でシドニー・ハーバー・ブリッジの色を変えることができる仕掛けになっている。シドニー・ハーバー・フェリーも港を渡る航行の間、全長1480メートルのLEDテープで照らされることになっている。

「ビビッド・シドニー」では「ビビッド・ライト・ウオーク」が企画され、シドニー・オペラ・ハウスをスタートし、200周年を迎えた王立植物園のハーバーサイドを通り、海岸通りをウォルシュ・ベイに向かう。イルミネーションやプロジェクション映像が行われる場所はシドニーのマーティン・プレイス、ダーリング・ハーバー、オーストラリア国立海洋博物館、そしてビジネスの中心街にあるザ・ギャラリーズなどだ。セントラルパークやチャツウッド地区も活気に満ちた夜の遊園地になり、タロンガ動物園も創立100年を祝い、絶滅危惧種の動物の前には光のランタンが置かれることになっている。

「デスティネーションNSW」最高経営責任者(CEO)で「ビビッド・シドニー」のエグゼクティブ・プロデューサーでもあるサンドラ・チップチェイス氏は「ビビッド・シドニーはビビッド・ライトの一環としてまたしても技術と芸術の面で注目すべき世界初を提供した。過去最大になるビビッド・シドニー・プログラムは音楽面でもパンクロックから世界のスーパースター、新進ローカル歌手、伝説的なキャバレー歌手などまで感銘を与える組み合わせを提供する。同じく多様なプログラムとしてジェンジ・コハン、スパイク・ジョーンズ、ボー・ウィリモン、マーガレット・チャンなどを含め、社会のトレンドに反旗を翻す人々がビビッド・アイデアでスピーチとフォーラムを行う。ビビッド・シドニー2016は本当の意味で革新と創造性をたたえるものだ」と述べた。

主催者は「ビビッド・ミュージック」プログラムの一部として国際的なポップ・アイコン、ボーイ・ジョージがDJとして2016年6月12日、ダーリング・ハーバー地区のカフェ・デルマールで特別出演すると発表した。これはボーイ・ジョージのオーストラリアでの唯一のDJパフォーマンスになるだろう。

「ビビッド・シドニー」は州政府の観光および主要イベント担当機関「デスティネーションNSW」が所有し、管理とプロデュースを行っている。2015年には170万の来場者を誘致し、来場者の使ったお金は6300万ドル以上に達し、地元経済に貢献した。

今夜の点灯式のビデオ版ニュースリリースはウェブサイト(http://vividsydney.com/media-centre )で入手可能。

高解像画像や放送品質の映像を含めフル・メディア・キットはウェブサイト(http://vividsydney.com/media-centre )でダウンロード可能。

▽メディア問い合わせ先

E: vivid.media@dnsw.com.au

Melissa Wilson, Destination NSW

M: +61-419-093-882

Melissa.wilson@dnsw.com.au

Jessica Parry, Destination NSW

M: +61-439-143-566

E: Jessica.parry@dnsw.com.au

ソース:Destination NSW

Vivid Sydney's Glow Takes Over the City

PR64582

SYDNEY, May 27, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-World's largest festival of light, music and ideas kicks off in Sydney-

Image gallery of Vivid Sydney available here

(https://www.dropbox.com/sh/yguhzjqkq3zerht/AAA98A6FNPGbUeqYrKGlTQMQa?dl=0)

Broadcast quality footage available here (https://vimeo.com/168292664)

Sydney, Australia is awash with colour this evening as more than 90 light

installations light up the city for the annual Vivid Sydney festival,

projecting colourful art on the world-famous Sydney Harbour Bridge, Sydney

Opera House and throughout the city. Vivid Sydney officially opens tonight, 27

May, and runs for 23 nights until 18 June 2016.

For the full multimedia release, click here:

http://www.prnasia.com/mnr/vividsydney_201605.shtml

Video - http://static.prnasia.com/pro/media/201605/vividsydney/video.mp4

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160527/8521603420-a

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160527/8521603420-b

Vivid Sydney is the world's largest festival of light, music and ideas. More

than 150 artists from 23 countries have created the light installations and

projections that appear in more than eight Vivid Sydney precincts spread across

Sydney. Vivid Sydney also features 195 Vivid Music events and more than 500

speakers appearing at Vivid Idea talks and forums.

The New South Wales Government's Premier Mike Baird said: "Tonight thousands of

people have visited Sydney to witness the amazing Vivid 'lights-on' moment. For

the next 23 nights, Sydney's most iconic landmarks will be lit up in a symphony

of colour and movement, attracting visitors from across the world. Vivid is a

creative festival for a global audience and its popularity is evident in the

1.7 million visitors who attended last year's festival."

This year Vivid Sydney will celebrate Australian Indigenous culture with the

Songlines projection appearing on the Sails of the iconic Sydney Opera House.

The spectacular animation showcases the work of six renowned Indigenous

artists: Karla Dickens, Djon Mundine OAM, Reko Rennie, Gabriella Possum

Nungurrayi, Donny Woolagoodja and the late Gulumbu Yunipingu. Co-curated by

Destination NSW and the Sydney Opera House, Songlines speaks directly to the

spirituality and culture of Australia's First Peoples, depicting the

interconnected sharing systems and the trade routes that weave through time and

distance, earth and sky.

With other major 3D projections appearing on the facade of the Museum of

Contemporary Art Australia, and Customs House, Vivid Sydney showcases Sydney as

a hub for the creative industries, with world-first technologies and design

used to create the stunning spectacle of light.

Darling Harbour's Laser-Dragon Water-Theatre features a world-first

water-screen mounted on a 13m robotic arm floating high above fifty-six

fountains. Laser-Dragon Water-Theatre show includes four video projected

water-screens on which dancers will be projected moving to a music score

created by The Presets. Visitors will be astonished by forty 20m-high vertical

fountains, sixteen 25m-high moving fountains, twenty 15m-high flame jets and

ten powerful lasers. In another world first at Darling Harbour, visitors will

be able to scan and project their own face onto the water screen, through the

use of Intel RealSense(TM) technology.

World-famous Sydney Harbour will be showcased to the world with the Sydney

Harbour Bridge illuminated by 1,640 lighting fixtures tubes, containing 72,000

individual LEDs, and 6,700 individuals LEDS in 140 Cans as part of the Dress

Circle installation which allows visitors to literally control the colour of

the Sydney Harbour Bridge. Sydney Harbour Ferries will also be illuminated with

up to 1,480m of LED tape to light up their journey across the Harbour.

Vivid Sydney stretches across the city with the Vivid Light Walk, starting at

the Sydney Opera House, taking in the harbourside of the Royal Botanic Gardens

celebrating its 200th anniversary, and following the waterfront to Walsh Bay.

Illuminations and projections appear in Sydney's Martin Place, Darling Harbour

and the Australian National Maritime Museum, and Vivid Sydney's first indoor

precinct at The Galeries in the city's CBD. The precincts of Central Park and

Chatswood have also become a vibrant nighttime playground, as well as Taronga

Zoo where illuminated lanterns will represent critical species to celebrate the

Zoo's 100th anniversary.

Destination NSW CEO and Executive Producer of Vivid Sydney Sandra Chipchase

said: "Vivid Sydney has again delivered remarkable technical and artistic

world-firsts as part of Vivid Light. Our biggest ever Vivid Sydney program will

deliver an impressive line-up of music acts from punk rockers to global

superstars, up-and-coming homegrown talent, cabaret legends and more. This

matched by a diverse program of social trend disrupters, including Jenji Kohan,

Spike Jonze, Beau Willimon and Margaret Zhang, who appear as part of Vivid

Ideas talks and forum series. Vivid Sydney 2016 is truly a celebration of

innovation and creativity."

As part of the Vivid Music program, organisers have now announced an exclusive

DJ performance from international pop-icon Boy George, taking place at 12 June

2016 at Cafe Del Mar in Vivid Sydney's Darling Harbour precinct. This will be

Boy George's only DJ performance in Australia.

Vivid Sydney is owned, managed and produced by Destination NSW, the State

Government's tourism and major events agency. In 2015 it attracted 1.7 million

visitors and delivered more than $63 million in visitor expenditure to the

local economy.

A VNR of tonight's lights on moment is available here at

http://vividsydney.com/media-centre.

The full media kit including high-res images and broadcast quality footage are

available to download at http://vividsydney.com/media-centre.

Media Enquiries: E: vivid.media@dnsw.com.au

Melissa Wilson, Destination NSW

M: +61-419-093-882

Melissa.wilson@dnsw.com.au

Jessica Parry, Destination NSW

M: +61-439-143-566

E: Jessica.parry@dnsw.com.au

Source: Destination NSW

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中