一人でのんびり、二人でわくわく。初心者でも始めやすい、空気注入式SUPボードセット発売。

2016/06/08

ビーズ株式会社

一人でのんびりヨガや釣り、二人でわくわくタンデムクルージング。

初心者でも始めやすい、空気注入式SUPボードセット発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2016年6月8日、同社アウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア)」より、二人乗りも可能な空気注入式のSUPボードセット「スタンドアップパドルボードロング」を発売します。

 「SUP(サップ)」とは、「スタンドアップパドル」の頭文字を取った言葉で、ボードに立ったままパドルを使って水面を歩くように進む、新感覚のマリンスポーツです。 ハワイを中心に世界中で流行の兆しを見せており、日本でも海だけでなく川や湖でも体験できるところが増加しています。

 今回発売する「スタンドアップパドルボードロング」は、同社先行品「スタンドアップパドルボード」よりデッキ全長が58cm長く、幅も8cm広くなった長尺版です。 船底にはフィンを3枚搭載し、横揺れが少なく直進安定性にも優れています。 その巨大なデッキと3枚のフィンにより安定性が向上し、初心者の方でも簡単に楽しむことが可能。 ボードの上でのヨガなど、体幹トレーニングにも適しています。

 一般的なSUPボードはエポキシ樹脂やポリエチレンなどの硬い素材を使用していますが、DOPPELGANGER OUTDOOR(R)のSUPボードシリーズは強度の優れたラミネートPVCのインフレータブル(空気注入式)構造を採用。 空気を抜いて丸めることができるためコンパクトに収納でき、車載や保管のスペースを大幅に取ることはありません。

 最大乗船可能重量は160kgで、大人2人で乗りタンデムツーリングをおこなったり、釣り用の装備を載せたりすることも可能です。 カヤックシートを標準装備しており、シットオンカヤックとしても使用可能。 その他にも、空気圧計付きエアポンプや2種類のアルミパドル(SUP用・カヤック用)、保管や持ち運びに便利なキャリーバッグも付属し、必要な付属品が全て揃っておりすぐに遊べるオールインワンパッケージです。

【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)

【製品名】スタンドアップパドルボードロング SP2-471

【カラー】ホワイト×ブルー

【サイズ】(約)W3500×D850×H150mm

【収納サイズ】(約)W900×D340×H280mm

【重量(付属品含む)】(約)19.8kg

【定員】2名

【材質】本体:ラミネートPVC、パドル:アルミ/PP、バッグ:ポリエステル

【付属品】フィン×3(大×1、小×2)、リーシュコード、

     スタンドアップパドル、カヤックパドル、カヤックシート、

     ポンプ、リペアキット、キャリーバッグ、取扱説明書

【希望小売価格】116,000円(税別)

【製品ページ】http://www.doppelganger-sports.jp/product/sp2_471/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

二人乗りも可能な空気注入式のSUPボードセット「スタンドアップパドルボードロング」を発売。

エアポンプや2種類のパドルが標準装備されたオールインワンパッケージです。

広いデッキが水上での安定性を向上、SUPボードに乗り慣れない初心者にもお勧めのモデルです。

船底に取り付けできる3枚のフィンが、水上での横揺れを軽減しています。

SUP上で行うヨガは、体幹トレーニングの効果を一層高めます。

強度の優れたラミネートPVCのインフレータブル(空気注入式)構造を採用。

空気を抜けば専用キャリーバッグにコンパクトに収納可能、運搬・保管も楽ラクです。

ロングモデルだからこそ大人2人で楽しめるタンデムツーリング。

最大乗船可能重量は160kg、釣りの装備を載せることも可能です。

シットオンカヤックとして使用できるよう、着脱可能なカヤックシートが付属。

エアポンプは空気圧計の機能付きです。

大容量の空気を注入できるエアポンプ。

SUP用とカヤック用の2種類のパドルを標準装備しています。

水中に投げ出されても、SUPボードが波で流されないためのリーシュコード付き。

ボード中心部にハンドルを付与し、ボードを掴んで運搬しやすくなっています。

フィンはスライドしてピン留めするだけで固定可能。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース