独創的PR会社おくりバント、映像制作事業部「おくりバントフィルムズ」を設立

アドウェイズ

2016/6/28 11:30

株式会社おくりバントは映像制作業務に特化した事業部「おくりバントフィルムズ」を設立し、映像制作業務を本格稼動いたしました。 また、今回の事業稼動に伴い、スクウェア・エニックスの新作スマートフォンアプリ「ランガンキャノンボール」の実写PVの企画・制作を担当いたしまし た。

2016.6.27

独創的PR会社おくりバント、映像制作事業部「おくりバントフィルムズ」を設立

~スクウェア・エニックスの新作アプリ「ランガンキャノンボール」の実写PVを企画・制作~

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)の100%子会社である株式会社おくりバント(本社:東京都新宿区、代表取締役:高山洋平、以下おくりバント)はこの度、映像制作業務に特化した事業部「おくりバントフィルムズ」を設立し、映像制作業務を本格稼動いたしました。

「おくりバントフィルムズ」では、主に実写を用いた映像作品を強みとし、出演者のキャスティングから、使用楽曲の作曲、レコーディングまで、映像に関わる全ての部分を企画・制作いたします。

また、ポスター制作や、ソーシャルメディアを中心としたマーケティングなど、映像作品を軸としたプロモーション展開も包括的にサポートしてまいります。

また、今回の事業稼動に伴い、株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役:松田洋祐、以下スクウェア・エニックス)の新作スマートフォンアプリ「ランガンキャノンボール」の実写プロモーションビデオ(PV)の企画・制作を担当いたしました。

監督は「BRADIO」「skillkills」「水曜日のカンパネラ」などのミュージックビデオなどを手がけたクリエイティブディレクター小沼朋治が演出、ポスターデザインをおくりバントアートディレクターの宮路良平が担当いたしました。

近年、デジタル動画広告は著しい成長を見せており、市場が盛んな米国では2018年までに約1兆2000億円の規模まで成長すると言われております。(出典:eMarketer)

また、最近の海外ゲームでは実写映像を用いたプロモーションが流行しており、「おくりバントフィルムズ」では、そのようなニーズに対応するべく、設立当初から培ってきた映像技術と、マーケティングのノウハウを軸に、クライアントが求める独創的なコンテンツの提供を行ってまいります。

今後もおくりバントは、顧客のニーズに柔軟に対応し、創造的かつ独創的なプロモーションを行うべく尽力してまいります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

おくりバントシネマズ ロゴ画像

ランガンキャノンボール ポスター

おくりバント ロゴ画像

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース