アドウェイズ、Mist Technologies株式会社の子会社化のお知らせ

アドウェイズ

2016/8/31 16:00

アドウェイズは、P2P型CDNやHTML5動画プレイヤー等の最先端のweb動画技術を保有するMist Technologiesの株式を取得する株式譲渡契約を締結し、当社の子会社としましたことをお知らせいたします。

2016.8.31

株式会社アドウェイズ

アドウェイズ、Mist Technologies株式会社の子会社化のお知らせ

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、P2P型CDN※やHTML5動画プレイヤー等の最先端のweb動画技術を保有するMist Technologies株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中晋太朗、以下Mist Technologies)の株式を取得する株式譲渡契約を締結し、当社の子会社としましたことを、お知らせいたします。

Mist Technologiesは、東京大学構内に拠点を置くスタートアップ企業で、先進的な動画技術を開発・提供しています。KDDI ∞ Labo第6期最優秀賞や、Microsoft Innovation Award 2015テクノロジーエッジ賞等を受賞し、その技術力は対外的にも認められてきました。

Mist Technologiesの提供するサービスは、ユーザー間で動画データの配信を行うことで、混雑時のサーバ負荷を軽減することが出来るP2P型CDN「MistCDN」や、モバイル・PC上でよりリッチな動画再生を実現するHTML5プレイヤー「Mist Inline Player」、モバイル・PCのブラウザ上で360度動画を再生するHTML5プレイヤー「360 VR Player」など、現在のweb動画における最先端の技術を保有しております。

今後、全世界対応のスマートフォンアプリ向け広告効果測定システム「PartyTrack」やコンテンツ型アドネットワーク事業「Oct-pass」を展開するアドウェイズ子会社のBulbit株式会社(以下、Bulbit)と、Mist Technologiesの持つ技術を連携し、全世界対応型のアドプラットフォームを開発/提供していくことを目指しています。

Mist Technologies 代表取締役 田中晋太朗 コメント

今回の連携により国内外に広く展開するアドウェイズのネットワークを活用することで、当社の開発した技術をより多くのユーザーに提供し、更にチャレンジングな課題に挑戦できることを喜ばしく思っています。我々の強みである先進的技術の素早い実用化を通じ、アドウェイズのサービスの強化・拡大に貢献して参ります。

アドウェイズ 取締役 新規領域担当/Bulbit 代表取締役 山田翔 コメント

率直な思いとして今回の取り組みに対し非常にワクワクしております。今後は、Adwaysグループが保有するアドプラットフォームとMist Technologiesが保有する技術、知見を合わせることで、我々が考えるグローバルでのアドプラットフォーム展開をより加速させていきたいと考えています。

Mist Technologies株式会社 会社概要 https://www.mist-t.co.jp/

--------------------------------------------------------

商号/代表者名:Mist Technologies株式会社 代表取締役:田中晋太朗

所在地:東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ302

設立年月日:2013年7月

事業内容:Web上での動画コンテンツ配信に関する技術の開発・提供

--------------------------------------------------------

※ P2P型CDNとは:ユーザー同士で直接通信を行うネットワーク手法

□■□Bulbit株式会社についてhttp://bulbit.jp/

2013年設立。アドウェイズ内外から集う精鋭メンバーで構成された、既存サービスやステークホルダーにとらわれず、自由な発想の下で新たなサービスの開発、育成を目的とした、新サービスのイノベートをミッションとするアドウェイズの子会社。

□■□株式会社アドウェイズについてhttp://www.adways.net/

2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全世界対応のスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」を展開する。また、アプリ/ コンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。海外拠点は、アジア、北米地域など11カ国。中国子会社では2004年からインターネット広告事業を展開。昨今では、アジアを中心にスマートフォン向け広告事業に注力する。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

main_image

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース