地域のヘルスケア・チャンピオンにより地域の変革が始まった-HIMSS Asia Pacific

HIMSS Asia Pacific

2016/7/4 16:29

地域のヘルスケア・チャンピオンにより地域の変革が始まった-HIMSS Asia Pacific

AsiaNet 64999(0822)

【シンガポール2016年7月4日PR Newswire=共同通信JBN】バンコク病院はこのほどHIMSS Analytics EMRAM Stage 6を達成し、このハイレベルなHITの導入、利用にこぎつけたタイで2番目の病院となった。この達成は、パクナンポ病院(Paknampo Hospital)が3月にタイで初めてStage 6を達成したのに次ぐものである。

タイのHealthcare Information Technology(ヘルスケア情報技術)(HIT)の開発は良くても不均質で、これまで民間部門が主導してきた。しかし、大手の病院グループは、部門横断的でグループ全体にわたるソリューションを実行しようとすると、政策面やコスト、戦略策定の要因から常に難題に直面し続けている。大手のグループはまた、リーダーシップや運営目的に関してはばらばらで、最善のソリューションやソリューション・プロバイダーの選択についての調整や合意が難しい状況だ。

しかし、希望の光は存在する。タイのHIT市場が成長を続けていることが1つの重要な要因を指し示している。それは「地域のチャンピオン」である。HIMSS Asia Pacificのエグゼクティブディレクター、サイド・シモン・リン氏は「過去18カ月間、HIMSSは幾つかの大手ヘルスケア組織と関わりを持った。そこで判明したことは、多くの難問は依然残っているが、そうしたプロジェクトの背景にあるキードライバーはやはり人々であるということだ。例えばタイでは、常に限界に挑み、イノベーションやHITの取り込みを推進しているのは地域のHITチャンピオンたちである。実際にわれわれは、HIMSSと同様のミッションを共有している人たちがタイのヘルスケアの将来を形成している事実を目撃している」と述べた。

バンコク病院の最高情報責任者(CIO)で、EMRAM Stage 6達成の主要な推進者であるソムサク・ワンキジチャロエン博士も、こうした地域のHITチャンピオンの1人である。ワンキジチャロエン博士は頭部・頸部がんの専門家で、個人的かつ職業的立場において1990年代半ばからHITの活用を主張してきた独学のHIT唱道者である。同博士は「われわれは主要なデータ駆動型病院になることにより、ヘルスケアを変革することを目指している。HIMSS Analytics EMRAMはこの目標を達成するためのロードマップをわれわれに与えてくれた。これはわれわれの世界標準の臨床サービスを容易にするアプローチである」と語った。

サミティヴェート病院スクムビットのアシスタント・ホスピタル・ディレクターで、HIMSS AsiaPac16のソーシャルメディア・アンバサダーのナリントルン・スラシントルン博士は、臨床医が教育のためにソーシャルメディア・ツールを活用できる方法を実証している。タイで患者たちからDr. Carebear(クマのお医者さん)の愛称で呼ばれている同博士は、フォロワーが40万人以上のネットワークに向け、ソーシャルメディア・プラットフォームで健康アドバイスを提供している。博士は「われわれはサミティヴェート病院でサービスの質と範囲を向上させるよう継続的に努力している。ソーシャルメディアの唱道者かつ臨床医として貢献できることは、患者や病院にとって極めて利益になることが立証されている」と述べた。

HIMSSは最近、ニュージーランドでHealth Informatics New Zealand(HiNZ)との間で初の提携協定に署名し、同国でのHIT活動に新たな章を画した。HiNZのチーフエグゼクティブであるキム・マンドール氏は「ニュージーランドには急速に成長し、活況を呈しているデジタル・ヘルス・コミュニティーが存在する。われわれは、HiNZとHIMSSの提携がわれわれのメンバーとデジタルヘルスの国際的な専門家との間のより強力なネットワークの構築への重要なステップになるとみている」と語った。

地域変革には時間がかかる。しかし、地域のロードショー(説明会)、来るべきHIMSS Asia Pacificコミュニティーの創設、8月にバンコクで開催されるHIMSS AsiaPac16などを通じ、HIMSS Asia PacificはHITのチャンピオンたちやその採用者たち、そして将来のケアの改善に向けた論議を支援し続ける方針である。

バンコク病院、サミティヴェート病院スクムビット、バムルンラード・インターナショナルへの病院ツアーは、HIMSS AsiaPac16(http://www.himssasiapacconference.org/ )でのみ申請できる。早期申込割引は7月22日まで。

ソース:HIMSS Asia Pacific

▽問い合わせ先

Melissa Leong

Marketing and Strategic Relations Manager

HIMSS Asia Pacific

D: +65-6664-1182

E: mleong@himss.org

Regional Transformation Begins with Local Healthcare Champions: HIMSS Asia Pacific

PR64999

SINGAPORE, July 4, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

   Bangkok Hospital has achieved HIMSS Analytics EMRAM Stage 6, becoming the

second hospital in Thailand to reach this high level of HIT adoption and usage.

Their achievement follows closely after Paknampo Hospital became the first in

Thailand to achieve Stage 6 in March.

   Thailand's Healthcare Information Technology (HIT) development has been

heterogeneous at best, with the private sector leading the way. Even so, major

hospital groups continue to face challenges when implementing

cross-departmental and group-wide solutions due to political, cost and

strategic planning factors. Bigger groups are also fragmented in terms of

leadership and operational objectives, making it harder for coordination and

agreement on preferred solution providers and best solutions.

   A silver lining does exist, and continued growth of the HIT market in

Thailand points to a critical factor - local champions. Said Simon Lin,

Executive Director, HIMSS Asia Pacific: "Over the past 18 months, HIMSS has

engaged with several major healthcare organizations and what we found is that

while there remains many challenges, people are still the key drivers behind

such projects, and in Thailand for example, there are local HIT champions who

are constantly pushing the envelope and driving innovation and HIT uptake. In

fact, we are witnessing these people who share the same mission as HIMSS shape

the very future of Thailand's healthcare."

   Dr. Somsak Wankijcharoen, CIO of Bangkok Hospital and the main driver behind

its EMRAM Stage 6 achievement is one such local HIT champion. "We aim to

transform healthcare by becoming a leading data-driven hospital.  HIMSS

Analytics EMRAM gave us a roadmap to achieve this goal.  This is the approach

to facilitate our world standard clinical services," said Dr. Wankijcharoen,

who is also a head and neck cancer specialist and a self-taught HIT enthusiast

who has, in his personal and professional capacities, advocated for the use of

HIT since the mid-90s.

   Dr. Narinthorn Surasinthorn, Assistant Hospital Director at Samitivej

Sukhumvit Hospital and social media ambassador for HIMSS AsiaPac16 also

demonstrates how clinicians can leverage on social media tools to educate.

Affectionately known as Dr. Carebear by patients in Thailand, he offers

wellness advice on social media platforms to a network of over 400,000

followers. "At Samitivej, we are dedicated to continuously improve our service

quality and outreach. To be able to contribute as a social media enthusiast and

clinician has proved to be extremely beneficial to our patients and to the

hospital," said Dr. Narinthorn.

   In New Zealand, HIMSS has recently signed its first Association Affiliate

agreement with Health Informatics New Zealand (HiNZ), signaling a new chapter

in HIT engagement there. Kim Mundall, Chief Executive, HiNZ said, "New Zealand

has a fast growing and vibrant digital health community. We see the

collaboration between HiNZ and HIMSS as a key step to building stronger

networks between our members and the international experts in digital health."

   Regional transformation takes time but with recent engagement activities

such as regional roadshows, the upcoming launch of HIMSS Asia Pacific

communities, as well as HIMSS AsiaPac16 in Bangkok this August, HIMSS Asia

Pacific will continue to encourage HIT champions, adopters and conversations

for the betterment of care in the years to come.

   Hospital tours to Bangkok Hospital, Samitivej Sukhumvit, and Bumrungrad

International are available only at HIMSS AsiaPac16 (

http://www.himssasiapacconference.org/ ). Early bird ends 22 July.

    SOURCE: HIMSS Asia Pacific

   CONTACT: Melissa Leong

            Marketing and Strategic Relations Manager

            HIMSS Asia Pacific

            D: +65-6664-1182

            E: mleong@himss.org

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中