雨を気にせず聴ける、観られる、ノレる。野外フェス特化型軽量ポンチョ「フェスポン」発売。

ビーズ株式会社

2016/7/13 08:30

2016/07/13

ビーズ株式会社

雨を気にせず聴ける、観られる、ノレる。

音を楽しむ工夫が充実した野外フェス特化型ポンチョ「フェスポン」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2016年7月13日、同社アウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア)」より、裾の長さが調整可能な野外フェス特化型ポンチョ「フェスポン」を発売します。

 「フェスポン」は、名前のとおり、野外フェスに特化した仕様を持つポンチョです。 最大の特長は、前身頃と後ろ身頃についたスナップボタン。 このボタンの留め外しで、膝下までガードする「フルガードモード」や、雨が弱まり動きまわる際に邪魔にならない「ムービングモード」など、丈の長さを調整することが可能です。 丈調整機能だけでなく、フード部分にもフェスでの使用を想定した工夫を盛り込みました。 フードの縁にはワイヤーを入れ、耳元を隠さず音楽が聴こえやすくなるよう配慮。 首の後ろに付属しているフードアジャスターで、ステージを見やすいようフードの確度を調整することもできます。 袖口のボタンとサムフックで、盛り上がって腕を挙げた際にポンチョがずれることも防げます。

 後身頃が長めにデザインされているので、リュックサックやショルダーバッグを背負った状態から着用しても、荷物が濡れる心配もありません。 小さくたたんで裏返せばA5サイズ程度に収納可能なパッカブル仕様で、カラビナも付いておりベルトループやかばんにぶら下げることも可能です。

 7月・8月は本格的なフェスシーズン。 屋外で開催されるものがほとんどであるため、日焼けや熱中症への対策だけでなく、天気の急変、ひいてはゲリラ豪雨への対策が必須といえます。 DOPPELGANGER OUTDOOR(R)は野外フェス関連製品の企画開発のみならず、フェス情報や当日の服装・持ち物チェックリストなどをウェブサイト上で提供しています。

<DOPPELGANGER OUTDOOR(R) はじめての夏フェス・野外フェスガイド>

http://www.doppelganger-sports.jp/features/fes/

【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)

【製品名】フェスポン RP1-462

【サイズ】展開時:(約)W1680×H1180mm

     収納時:(約)W200×D180mm×H50mm

【重量(付属品含む)】(約)245g

【材質】リップストップポリエステル(PU加工)

【耐水圧】3000mm

【カラー】カーキ

【希望小売価格】8,000円(税別)

【製品ページ】http://www.doppelganger-sports.jp/product/rp1_462/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

音楽を楽しむ人のための、軽くて動きやすい夏フェス特化型レインポンチョ「フェスポン」発売。

体格や天候に合わせて3段階に裾の長さを調整できるスナップボタンを前身頃と後身頃に搭載。

フードの縁にワイヤーを入れた形状保持フードで、耳を塞ぐことなく雨の中でも音楽を聴きやすくできます。

土砂降りの雨から身を守る時にはスナップボタンを留めず、そのまま着用できる「フルガードモード」。

小雨になった時、音楽に合わせてはしゃぎたい時は、ボタンを留めて機動力を高める「ムービングモード」。

収納バッグを広げればレインポンチョに早変わり、突然の雨でもサッと羽織ることができます。

首の後ろのフードアジャスターでフードの角度を調整可能、ステージを見るときにも邪魔にならない設計です。

脇下のスナップボタンを留めれば、雨風による裾のめくれ上がりを防止できます。

袖先端のサムフックに親指をかければ、腕を上げても袖がずり落ちない、ロック好きに嬉しい仕様。

リュックを背負った状態でも身体と荷物を雨から守るため、背中部分は長めに設計しています。

裏返して収納できるパッカブル仕様、カラビナ付きの収納袋で、他の荷物を濡らすこともありません。

スマートフォンや会場マップなど、ちょっとした小物入れに使えるフロントポケットつき。

メインファスナーは防水ファスナーを採用しており、襟元からの雨の侵入を防ぎます。

耐水圧は3000mm、ロゴは濡れると色が変化する特殊インクでプリントされています。

缶ジュースよりも軽いわずか245gで、多くなりがちな夏フェスの荷物の軽量化に貢献。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース