「平成28年熊本地震」被災地にセラピー用アザラシ型ロボット「パロ」を寄贈します

大和ハウス工業

2016/7/14 14:14

2016年7月14日

大和ハウス工業株式会社
大和リース株式会社

「平成28年熊本地震」被災地にセラピー用アザラシ型ロボット「パロ」を寄贈します

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)と大和リース株式会社(本社:大阪市、社長:森田俊作)は、7月19日より順次、「平成28年熊本地震」で被災したエリアで生活している高齢者や子どもの“心のケア”を支援する活動として、熊本県内18施設の特別養護老人ホームに26台、益城町に5台、セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」を寄贈します。

●セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」
 セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」は、タテゴトアザラシの赤ちゃんをモデルにした、人と共存するロボットです。国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:中鉢良治)の柴田崇徳上級主任研究員が開発し、2005年3月から株式会社知能システム(本社:富山県南砺市、社長:大川丈男)にライセンスを与えて販売を開始。大和ハウスグループでは、2010年11月よりリース・レンタル販売を行っています。
 「パロ」は、人と動物との触れ合いにより効果が期待できるアニマルセラピー効果(※1)(心理的効果:元気付け・ストレスの軽減、社会的効果:コミュニケーションの活性化等)が期待できるロボットです。FDA(アメリカ食品医療薬品局)により、医療機器としてセラピー用アザラシ型ロボット「パロ」の承認も得ており、2002年には「Most Therapeutic Robot(世界一、セラピー効果があるロボット)」としてギネスブックに認定されました。そして現在では、世界30ヵ国以上の高齢者施設や病院などで導入されています。
※1.ペットとのふれあいにより、人の心の病を治療・予防し、体のリハビリテーションに役立てる方法。
商品サイトURL:http://www.daiwahouse.co.jp/robot/paro/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中