EyeLockが60センチの距離で眼鏡、コンタクト越しに昼光で本人認証できる虹彩認識技術を発売

EyeLock LLC

2016/8/9 10:16

EyeLockが60センチの距離で眼鏡、コンタクト越しに昼光で本人認証できる虹彩認識技術を発売

AsiaNet 65337 (0969)

【ニューヨーク2016年8月8日PR News=共同通信JBN】

*技術の大きな進歩でモバイル、自動車、ネットワーク端末機器への幅広い採用に道が開けた。

虹彩ベースの本人認証ソリューションの市場リーダーであるEyeLock LLCは8日、60センチ離れていても眼鏡、コンタクトなど実用レンズ越しに昼光で本人認証ができる新技術を発表した。この技術はスマートフォン、モバイル機器、それに自動車、健康管理などのネットワーク端末アプリケーションでの実行向けに設計されている。EyeLockの技術は独自のソフトウエア、セキュリティー、アルゴリズム、光学の大きな進歩を代表するものであり、現在の市場で利用できる最も安全で信用でき、ユーザーにやさしい能力-サムスン、富士通、Microsoft Lumiaで得られる虹彩認証ソリューションを上回る能力-を提供する。

IoT機器全体にバイオメトリクス・モダリティーが急速に広がっているため、EyeLockの新技術は安全プロトコル強化と現在の世界を動かす事例アプリケーション使用への要求増大に対応する。この技術は、より便利に取引する方法を消費者に提供しながら安全上の脅威を軽減するソリューションを提供することによって、OEMライセンシーと金融サービス、健康管理、自動車、企業、政府分野を含む広い意味の市場に利益を与える。

EyeLockのジム・デミトリウス最高経営責任者(CEO)は「EyeLockの新技術は虹彩認証における大きな科学的進歩であり、ネットワーク端末機器全体で役に立つものとして活用されるだろう。わが社の新技術はこれでほかのすべての虹彩認証ソリューションを超え、大量市場での採用にとって長い間障害物となっている使用可能性、安全性の障害を解消する。EyeLockは60センチの距離で眼鏡、コンタクトレンズ越しに昼光で安全性や使いやすさを何も損ねずに作動する現在では唯一の虹彩認証技術を提供する」と語っている。

EyeLockはソフトウエア、アルゴリズムのスタック全体を所有、制御している世界の少数のバイオメトリクス会社の1つで、デュアルアイ認証、比類のない安全設計、なりすまし対策技術を提供している。

▽EyeLockについて

Voxx International Corporation (NASDAQ:VOXX)の過半数所有子会社であるEyeLock LLC(http://www.eyelock.com/ )は「インターネット・オブ・シングス(IoT)」向けの先進的虹彩認証のリーダーとして認められており、EyeLock ID(TM)技術で最高レベルの安全性を提供している。虹彩には同じものはなくDNA以外では虹彩が最も正確に人間を識別できるので、虹彩認証は高度に安全である。75件以上の特許、申請中の特許と独自技術を含む同社の重要なIPポートフォリオが物理的、論理的環境で個人の簡便で安全な認証を可能にする。EyeLockのソリューションは消費者、企業製品、プラットフォームに組み込まれ、埋め込まれており、PINやパスワードを不要にしている。フォーチュン誌500社の企業は部分的には極めて低い過誤受け入れ率、使いやすさ、スケーラビリティーのためにEyeLockが提供する安全性のレベルの高さを認めている。消費者のためにより安全でより危険の少ないデジタル・プレゼンスをつくり出すことに専念している非営利組織のであるFIDO(ファスト・アイデンティティー・オンライン)アライアンスのスポンサー・メンバーとして、EyLOckはデジタル・プライバシーと次世代の安全を前進させることに献身している。

▽EyeLockメディア問い合わせ先

Anthony Antolino

Chief Marketing and Business Development Officer

P: +1-914-619-5548

E: sales@eyelock.com

ソース:EyeLock LLC

EyeLock Launches the Only Iris Recognition Technology to Work from 60 cm away, with Glasses, Contacts and Daylight

PR65337

NEW YORK, Aug. 8, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Technology breakthrough paves the way for wide adoption across mobile,

automotive and edge-of-network devices.

EyeLock LLC, a market leader of iris-based identity authentication solutions,

today announced new technology that authenticates identities at distances of 60

cm, with glasses, contact lenses and daylight. The technology is architected

for implementation across smartphones and mobile devices, as well as

automotive, healthcare and other edge-of-network applications. EyeLock's

technology represents a breakthrough in proprietary software, security,

algorithms and optics, and delivers the most secure, reliable and user-friendly

capabilities available in the market today - outperforming the iris recognition

solutions available from Samsung, Fujitsu and Microsoft Lumia.

With the rapid proliferation of biometric modalities across IoT devices,

EyeLock's new technology addresses the growing demand for increased security

protocols for devices and the use case applications that power the world we

live in. The technology benefits OEM licensees and the market-at-large,

including financial services, healthcare, automotive, enterprise and government

sectors, by delivering a solution to mitigate security threats while providing

consumers a more convenient way to transact.

"EyeLock's new technology is a significant scientific breakthrough in iris

recognition and will be leveraged as a utility across edge-of-network devices,"

said Jim Demitrieus, Chief Executive Officer of EyeLock. "Our new technology

has now surpassed all other iris recognition solutions and solves the usability

and security impediments that have long been an obstacle for mass-market

adoption. EyeLock offers the only iris recognition technology today that works

at a distance of 60 cm, with glasses, contacts and daylight, all without

compromising security or ease of use," he said.

EyeLock is one of the only biometric companies in the world to own and control

the entire software and algorithm stack, providing dual-eye authentication, an

unmatched security architecture and anti-spoofing technology.

About EyeLock

EyeLock LLC (http://www.eyelock.com/ ), a majority owned subsidiary of Voxx

International Corporation (VOXX: NASDAQ), is an acknowledged leader in advanced

iris authentication for the Internet of Things (IoT), providing the highest

level of security with EyeLock ID(TM) technology. Iris authentication is highly

secure because no two irises are alike and the iris is the most accurate human

identifier other than DNA. The company's significant IP portfolio, including

more than 75 patents and patents pending, and proprietary technology enables

the convenient and secure authentication of individuals across physical and

logical environments. EyeLock's solutions have been integrated and embedded

across consumer and enterprise products and platforms, eliminating the need for

PINs and passwords. Corporations across the Fortune 500 recognize the level of

security EyeLock provides due in part to its extremely low false acceptance

rate, ease of use, and scalability. As a sponsor member of the FIDO (Fast

IDentity Online) Alliance, a non-profit organization dedicated to creating a

safer and more secure digital presence for consumers, EyeLock is dedicated to

advancing digital privacy and next generation security.

EyeLock Media Contact:

Anthony Antolino

Chief Marketing and Business Development Officer

P: +1-914-619-5548

E: sales@eyelock.com

SOURCE:  EyeLock LLC

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中