グローバルナレッジ、マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016 Learning アワードを受賞

トレノケート

2016/8/31 15:49

グローバルナレッジは8月30日に、日本マイクロソフト株式会社より、優れたトレーニング ソリューションを構築したパートナーに贈られるマイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016 Learning アワードを受賞しました。

2016年8月31日

グローバルナレッジネットワーク株式会社

グローバルナレッジ、マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016 Learningアワードを受賞

 グローバルナレッジネットワーク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:小澤 隆、以下グローバルナレッジ)は、日本マイクロソフト株式会社より、2016年8月30日にマイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016 Learning アワードを受賞しました。

 Learningアワードは、IT プロフェッショナル向けトレーニングやソリューション提供者向けトレーニングなど、優れたトレーニング ソリューションを構築したパートナーに贈られるアワードです。

 グローバルナレッジは、マイクロソフトのラーニングソリューション分野において日本で初めてゴールドパートナーとなりました。Azure、System Center、Office 365、Windows Server、Exchange Server、SQL server、Skype for Business、Dynamics CRM、SharePoint Server、.NETによるアプリケーション開発など幅広い分野で多数の最新コースラインナップを提供しています。集合研修だけでなくVirtual Classroomによるオンラインライブ研修、一社向けのカスタマイズ研修などを組み合わせ、お客様のニーズに最適な教育ソリューションを提供しています。

 今後もグローバルナレッジはマイクロソフト技術教育のリーディングカンパニーとして、企業の競争力強化とエンジニア育成を積極的に支援してまいります。

▼マイクロソフト関連 研修コースラインナップ

http://www.globalknowledge.co.jp/awd2016

▼マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2016 とは

現在、日本全国で 1 万事業所を超えるパートナー企業がマイクロソフト パートナー ネットワークに参加しています。その中からこの 1 年、特に優れた実績を築き上げ、お客さまからの厚い信頼を獲得したパートナー企業を日本マイクロソフト株式会社が表彰しています。

詳しくはこちら: https://aka.ms/japan-award-2016

◆受賞の理由

『クラウドエンジニアの育成を総括的に支援し、包括的なAzureトレーニングソリューションを提供。Hybridな環境の構築のため、Azure以外にも関連技術のトレーニングも幅広く提供し、インタラクティブなバーチャルトレーニング、クラスルームと遠隔地受講者を同時に収容するハイブリッド型トレーニングにより顧客ニーズの多様化に対応されました。その結果、弊社のクラウドビジネスの成長において多大な貢献を頂きました。』

【グローバルナレッジネットワーク株式会社 会社概要】

代表者:  小澤 隆

設立:   1995年12月6日

本社所在地: 東京都新宿区西新宿6丁目8番1号 住友不動産新宿オークタワー19・20階

事業内容: IT教育、ビジネススキル教育を中心とした人材育成業務

URL :  http://www.globalknowledge.co.jp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

受賞時の写真

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース