モバイル決済のMozidoが2016年のグローバルな業績拡大を発表

Mozido

2016/9/21 14:20

モバイル決済のMozidoが2016年のグローバルな業績拡大を発表

AsiaNet 65815(1185)

【オースティン(米テキサス州)2016年9月21日PR Newswire=共同通信JBN】信頼できるデジタル・コマースと決済ソリューションの世界的なプロバイダーであるMozido(http://www.mozido.com )は21日、同社のトークナイゼーション、送金、PayEase決済ゲートウェー、MNO、Retail and Bank mobile Software as a Solution (SaaS)ソリューションにより、2016年に世界的に相当な業績拡大を達成しつつあると発表した。

Mozidoのトッド・ブラッドリー最高経営責任者(CEO)は「台湾の主要銀行へのトークナイゼーションの適用成功から、PayEase決済ゲートウェーの韓国とロシアへの拡大、欧州における当社のモバイル・リテール・ソリューションのユーザーの相当な増加、スリランカでの当社の国際決済サービスの開始に至るまで、Mozidoは今年、戦略的でグローバルなイニシアチブを成功裏に実行し続けている。これらの商業的成功は、当社が惹き付けた有能なチームと相まって、2016年およびそれ以降の強い成長を加速している」と述べた。

Mozidoは先に、Taiwan Mobile Payment Co.(TWMP)コンソーシアムのうちの14銀行が、Mozidoの先駆的なHCEトークナイゼーション技術を採用、残る12銀行も年内に採用する、と発表した。Mozidoのトークナイゼーション・ソリューションはTWMPにモバイルウォレット能力を提供し、それによりHCEのクラウドベース、またはNFC SEベースのオプションを利用する消費者をサポートする。TWMPは、Mozidoのトークナイゼーション・ソリューションにより、世界で初めて重要なHCEを実装、市場化した1例である。

Mozidoの中国の決済ゲートウェーであるPayEaseは2016年8月8日、韓国の大手決済プロバイダーのKG Inicisと提携し、中国と韓国で企業や消費者に電子決済サービスを提供すると発表した。この提携は、既存のPayEaseの決済ゲートウェー事業をさらに拡大するものだ。既にこれまでにPayEaseは、各国政府、銀行、大学のほか、Apple、Amazon、ナイキ、大韓航空、HP、バーバリー、D&G、バリー、アルマーニ、TravelZoo、peerTransfer、LoroPiana、Nespresso、H&M、Yoox、China Telecomなどのフォーチュン500社企業、さらにロシア、日本、米国の企業を含む顧客にサービスを提供している

2016年に入ってMozidoは、米国とスリランカを結ぶ国際送金ソリューションを成功裏に導入した。世界初の相互運用モバイル・マネー・サービスであるeZ Cashにスリランカで登録したDialog、Etisalat、Hutchのモバイル顧客は、いまやeZ Cashモバイルウォレットを通じて国際送金を受けることが可能となった。

Mozidoの創業者でStrategic Global Initiatives会長のマイケル・リバティ氏は「トッド・ブラッドリー氏による有能なMozidoチームへの戦略的リーダーシップは、数百万の世界の消費者に包括的な金融サービスへのアクセスを提供し、Mozidoのビジョンを実現化させた。私は、世界中のモバイルユーザーに彼らが必要とする金融サービスを提供するために、Mozidoが製品のイノベーションとその実行に成功し続けることを期待している」と語った。

▽Mozidoについて

Mozidoはクライアントのためにブランド化したコスト効率の良いモバイル・クラウドベースのソリューションとして、信頼できるデジタル決済コマース・ソリューションを世界に提供している。Mozidoのソリューションは極めて相互運用性が高く、事実上どのような無線通信事業者やモバイル機器ともに運用可能であり、第三者の広告、サービス提供、その他の提供商品を容易に取り込める。Mozidoの世界的プレゼンスと国際的サービスは、米国、中国、インド、アフリカ、スリランカ、中東、欧州、中南米における事業が含まれ、こうした各地域の人々は携帯電話で金銭、決済、その他のサービスを管理できる。詳細はhttp://www.mozido.com を参照。Twitterは@Mozido(http://www.twitter.com/mozido )でフォローを。

▽報道関係問い合わせ先

Van Leigh

SVP Marketing, Mozido

+1-512-518-2200

ソース:Mozido

Mobile Commerce Company Mozido Announces Strong Global Growth in 2016

PR65815

AUSTIN, Texas, Sept. 21, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Mozido (http://www.mozido.com/ ), a global provider of trusted digital commerce

and payment solutions, today announced it is achieving substantial global

growth in 2016 with its Tokenization, Remittance, PayEase Payment Gateway, MNO,

Retail and Bank mobile Software as a Solution (SaaS) solutions.  

"From our successful Tokenization implementation in key banks within Taiwan, to

our PayEase Payment Gateway expansion into South Korea and Russia to compliment

China, to the substantial user growth of our mobile retail solutions in Europe,

to the launch of our international remittance service in Sri Lanka, Mozido

continues to successfully execute on our strategic global initiatives this

year," said Todd Bradley, CEO of Mozido. "These commercial successes combined

with the talented team we successfully attracted are fueling strong growth for

2016 and beyond."

Mozido previously announced that 14 banks within the Taiwan Mobile Payment Co

(TWMP) consortium adopted its pioneering HCE tokenization technology with the

remaining 12 banks launching later this year. Mozido's tokenization solution

provides mobile wallet capability for TWMP that supports consumers with either

HCE cloud-based or NFC SE based options. TWMP is one of the first significant

HCE implementations globally to go to market with Mozido's tokenization

solution.

On August 8, 2016, PayEase, Mozido's Chinese Payment Gateway, announced it

finalized a partnership with KG Inicis, the leading South Korean payment

provider, to provide electronic payment services for businesses and consumers

within China and South Korea. This partnership adds to the existing PayEase

Payment Gateway business that currently serves customers including governments,

Banks, Universities and Fortune 500 corporations such as Apple, Amazon, Nike,

Korean Air, HP, Burberry, D&G, Bally, Armani, TravelZoo, peerTransfer, Loro

Piana, Nespresso, H&M, Yoox, China Telecom, as well as businesses within

Russia, Japan and the US.

Earlier in 2016, Mozido successfully launched its international remittance

solution linking the USA to Sri Lanka. Mobile customers of Dialog, Etisalat and

Hutch within Sri Lanka registered with eZ Cash, the world's first

inter-operable mobile money service, are now enabled to receive international

remittances through their eZ Cash mobile wallet.

"Todd Bradley's strategic leadership of Mozido's talented team has provided

millions of global consumers with access to inclusive financial services,

translating Mozido's vision into reality," said Michael Liberty, Founder and

Chairman of Strategic Global Initiatives at Mozido. "I look forward to watching

Mozido's continued success in product innovation and execution to provide

mobile users throughout the world with the financial services they demand."

About Mozido

Mozido provides trusted digital payment and commerce solutions globally

delivered as cost-effective mobile cloud-based solutions branded for clients.

Highly interoperable, Mozido solutions work with virtually any wireless carrier

and mobile device, and integrate easily with ads, offers, and other products

from third parties. Mozido's worldwide presence and global offerings include

operations in the US, China, India, Africa, Sri Lanka, Middle East, Europe and

Latin America, enabling people to manage their money, payments and other

services from their mobile phones. For more information, visit us at

http://www.mozido.com. Follow us on Twitter: @Mozido

(http://www.twitter.com/mozido ).

Press Contact:

Van Leigh

SVP Marketing

Mozido

+1-512-518-2200

SOURCE Mozido

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中