2017 CESでボーズの「ビヨンド・サウンド」体験を

ボーズ

2017/1/5 14:20

AsiaNet 67011

2017 CESでボーズの「ビヨンド・サウンド」体験を
ボーズ・オートモーティブがトランスポーテーションの未来像を描きだす

※本プレスリリースは、米国で発信したプレスリリースの翻訳版です。

2017年1月5日――今週、ラスベガスで開幕するコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)では、トランスポーテーションとパーソナルモビリティの進化を先取りする、ボーズの画期的なテクノロジーコンセプトが明らかになります。会場では、ボーズがこれまでイノベーションを生み出してきたオーディオという分野を超えて、新たな分野でのイノベーションとなる「ビヨンド・サウンド」をご体験いただき、競争力の大きな可能性を秘めたテクノロジーの展望をご紹介します。その一端として、Bose Ride(R)サスペンション・シーティングシステムを搭載した自動運転車のシミュレーションデモを実施します。Bose Ride(R)は路面からの振動・揺れ・不快な動きを遮断するパーソナル・サスペンション技術であり、特許取得済みの有望技術として受賞歴もある技術です。

インタラクティブなマルチメディア・ニュースリリースは以下を参照。
http://www.multivu.com/players/English/8010651-bose-beyond-sound-ces-2017


CESでは、未来型車両を世界に先駆けて五感で体験していただくことができます。従来の座席配置や乗り心地の制約から解き放たれた車内空間では、かつてないレベルの安定性や、ラグジュアリー、快適性、そして生産性の実現をご実感いただけるはずです。

最新型の高級車であっても、車内にいる人はつねに振動を感じているものです。Bose Ride(R)はその振動を最小限に抑えることで、車内空間を変貌させます。車内はオフィスの延長となるほか、音楽を聴いたり、スポーツや映画を鑑賞したりすることのできるエンタテイメントスペースにもなります。雑音をシャットアウトしてリラックスした時間を過ごすもよし、友人や家族と連絡を取ったり、情報を集めたりするもよしと、自由な使いかたが可能になります。

CES 2017でボーズのビヨンド・サウンド体験を

ボーズ・オートモーティブ・システムズのバイス・プレジデント、マーク・マンセルは次のように話しています。「数十年後の自動車がどのような姿をし、どのような機能を持つことになるのか、誰にも予想することができません。しかし、ボーズのパーソナル・サスペンション技術はすでにその有効性が実証されており、トランスポーテーションの形が今後どのように進化したとしても、乗る人の体感を飛躍的に向上させるものとなるはずです。車のあるところには、必ず道があります。静かで快適なドライブを約束するのは、ボーズのシステムをおいてほかにありません」


サスペンション技術の革新
ボーズは30年以上前からサスペンションおよびモーションコントロール技術の研究開発を続けています。最初は1980年代初頭、創業者であるアマー・ボーズ博士が始めたプロジェクト・サウンド(https://www.youtube.com/watch?v=D5hSwaMxNIA )という自動車サスペンション改良研究でした。この革新的なブレークスルーが足がかりとなり、大型トラック向けのサスペンション技術であるBose Rideシステムの商業化が2010年に実現されました。

路面から伝わる振動や衝撃、上下動は時間とともに運転者を疲弊させますが、Bose Rideシステムはそれらを打ち消すことで、トラックのシートサスペンションのありかたを大きく変えました。北米の運送会社および個人経営のトラック運転手に採用され、7年間にわたって現場で使われてきた結果、Bose Rideシステムは運転手の快適性を大幅に向上させ、疲労と痛みを劇的に軽減していることが確認されています。

今回の「ビヨンド・サウンド」イベントでは、Bose Rideシステムが大型トラック用の単軸モーションコントロールからさらに前進し、いかに乗用車を含む幅広い車種に応用可能なアクティブ多軸モーションデザインに移行しているかという点についてもご確認いただくことができます。


CES 2017でボーズのビヨンド・サウンド体験を

ボーズが提案する自動車向けオーディオ・イノベーション
「ビヨンド・サウンド」では、最新のサウンドシステムや、音楽および非エンタテインメントコンテンツのためのSeatCentric(TM)オーディオテクノロジーなど、ボーズが自動車業界に提供する最新技術についてもご披露します。

そのひとつが、運転者の状況認識を向上させ、安全を守るためのBose(R)Awareシグナルステアリング技術です。車両システムの警告、安全勧告、ナビゲーションシグナル、電話の着信音など、耳に聞こえる非エンタテインメント情報への適切な処理・反応を手助けします。

BoseAwareは、ボーズの車載用サウンドシステムに使われている UltraNearfield(TM)ヘッドレストスピーカーと独自のアルゴリズムを活用して、聴覚情報を運転者が直感的に理解できるバーチャル空間をつくりだします。たとえば、左折指示は運転者の左耳近くで、ブラインドスポットの警告は頭の後ろからといった具合に、実際はスピーカーのないところから音が聞こえてきます。

「今後数年で、自動車業界は消費者へのサービス提供における多くの斬新かつ多様な機会を手にすることになるでしょう」とマンセルは話します。「今回のボーズのデモンストレーションでは、従来の車内リスニング体験をはるかに超えたものを消費者の皆様にお届けするために当社が駆使する、画期的なテクノロジーの一部をご紹介します」

ボーズ・オートモーティブについて
製造段階で車載する世界初の高級サウンドシステムをボーズが手がけたのは、1980年代はじめのこと。購入後に搭載する従来のシステムとは異なり、その車種に合わせて設計し、細部までつくりこんだサウンドシステムは画期的で、業界に新風を吹きこみました。ボーズはその後も、長年の研究とエンジニアリングの成果を活かし、独自デザインのスピーカー、先進的なアンプと信号処理テクノロジーを開発し、各種ツールの分析・設計、車内のエンジンや駆動系の音を制御する技術にも力を入れています。

CES 2017でボーズのビヨンド・サウンド体験を

ボーズの車載サウンドシステムは、性能・顧客満足度の両面で業界基準として世界的に認められており、中立の評価機関からも世界各地で消費者のトップチョイスという評価を得ています。くわしくはBoseAutomotive.comをご覧ください。

ボーズ・コーポレーションについて
ボーズ・コーポレーションは1964年、マサチューセッツ工科大学で電気工学の教授であったアマー・G・ボーズ博士によって設立されました。現在も、創業理念に忠実に長期的な研究を大切にしながら、顧客に利益をもたらす新しい技術の開発のため、日々努力を続けています。ボーズは長年にわたって幅広い分野でイノベーションを実現しながら、オーディオという枠組みに止まらないカテゴリーを創造し、転換を図ってきました。ボーズはオーディオ製品の代名詞として家庭用、車載用、携帯用、また公共スペース向けと幅広く展開し、人々の音楽体験を変えてきました。

ボーズ・コーポレーションは株式非公開企業です。より良いものをめざして創意工夫に情熱を傾け、特別な経験を世に送りだす――この理念は、ボーズがビジネスを展開するすべての分野で実践されています。

(日本語リリース:クライアント提供)



Bose 'Beyond Sound' Experience During CES 2017

PR67011

FRAMINGHAM, Massachusetts and LAS VEGAS, Jan. 5, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Demonstrating a Vision for the Future of Transportation from Bose Automotive


This week, during the Consumer Electronics Show (CES), Bose is unveiling
automotive technology concepts that advance the evolution of transportation and
personal mobility in an entirely new way.  The "Beyond Sound" experience in Las
Vegas goes beyond Bose audio innovations -- and beyond what's possible from
unproven competitive technology.  At its event, Bose will demonstrate a
simulated autonomous vehicle equipped with Bose Ride(R) suspension seating -- its
patented and award-winning personal suspension technology that isolates
passengers from road vibrations, shaking and unwanted motion.  

Experience the interactive Multimedia News Release here:
http://www.multivu.com/players/English/8010651-bose-beyond-sound-ces-2017

Invited guests will be the first in the world to see and experience what future
vehicle cabins could look and feel like, shifting from the limitations of
familiar seating configurations and ride quality, to amazing mobile spaces
where passengers can enjoy unprecedented levels of stability, luxury, comfort
and productivity on the road.

By minimizing the constant movement passengers feel inside even the most
advanced luxury vehicles, Bose Ride technology transforms the cabin, making it
a natural extension of the office, or a personal entertainment hub for
listening to music, watching sports and enjoying movies; a sanctuary to relax
and unplug, or the perfect place to stay connected to friends, family and
information.

"No one can predict exactly what vehicles will look like or how they'll operate
in the decades ahead, but our personal suspension technology is already proven,
and it can dramatically enhance the passenger experience regardless of how
transportation evolves," said Marc Mansell, vice president, Bose Automotive
Systems.  "If there are cars, there are roads.  And there simply is no other
system that makes a ride -- any ride -- as smooth as Bose."

PROVEN BREAKTHROUGHS IN SUSPENSIONS
Bose has been conducting research in suspension and motion-control for more
than three decades.  It began with Project Sound (
https://www.youtube.com/watch?v=D5hSwaMxNIA ), a research initiative launched
by Dr. Amar Bose in the early 1980s to improve automotive suspension systems.  
The breakthroughs were revolutionary, and became the foundation for the
technology's first commercial application -- the Bose Ride system for
heavy-duty trucking, introduced in 2010.  

The Bose Ride system completely redefined the performance of truck seating
suspension by counteracting the road-induced shaking, bumps and jolts that can
harm drivers over time.  Adopted by fleets and individual owner-operators
across North America, the impact of commercialized Bose Ride systems have been
studied for seven years, showing it significantly improves comfort for
long-haul drivers, while dramatically reducing their fatigue and pain.  

At the "Beyond Sound" event, attendees will see how Bose Ride suspension
technology is advancing from single-axis motion control for use in heavy-duty
trucks to an active, multi-axis design for a wider range of vehicles, including
passenger cars.  

BOSE AUDIO INNOVATION FOR TODAY'S CARS
"Beyond Sound" attendees will also see and hear the best of what Bose is
delivering to the automotive industry right now -- its latest sound systems and
new SeatCentric(TM) audio advancements for both music and non-entertainment
content.

Among the innovations is Bose Aware signal steering technology, engineered to
increase situational awareness and safety for drivers by improving their
ability to process and react to audible, non-entertainment information like
vehicle alerts, safety prompts, navigation signals and incoming phone calls.

Bose Aware technology is delivered by the Bose sound system's UltraNearfield(TM)
headrest speakers.  Using proprietary algorithms, the technology localizes the
car's audio information so it's reproduced and heard from where it makes most
sense -- but where there are no speakers.  A left-turn prompt is heard on the
driver's left side, for example, or a blind-spot warning would come from behind
the driver's head.

"There will be many new and different opportunities for the automotive industry
to serve consumers in the years ahead," Mansell said.  "Our demonstrations
illustrate some of the unexpected ways in which Bose will reach them, extending
far beyond the traditional in-vehicle listening experience."  

ABOUT BOSE AUTOMOTIVE SYSTEMS
In the early 1980s, Bose engineers created the world's first factory-installed
premium automotive sound systems.  Unlike conventional or aftermarket
automotive systems, Bose systems were designed and tuned for a specific vehicle
-- and changed the industry.  Since then, Bose has developed proprietary
speaker designs, advanced amplification and signal processing technologies,
exclusive analysis and design tools, and technology for managing engine and
powertrain sounds inside vehicles -- all based on a heritage of research and
engineering.

Today, Bose automotive sound systems are recognized globally as the industry
benchmark for performance and customer satisfaction, validated by independent
research rating Bose as the top choice among car consumers in multiple global
regions.  For more information, visit BoseAutomotive.com.

ABOUT BOSE CORPORATION
Bose Corporation was founded in 1964 by Dr. Amar G. Bose, then a professor of
electrical engineering at the Massachusetts Institute of Technology.  Today,
the company is driven by its founding principles, investing in long-term
research with one fundamental goal: to develop new technologies with real
customer benefits.  Bose innovations have spanned decades and industries,
creating and transforming categories in audio and beyond.  Bose products for
the home, in the car, on the go and in public spaces have become iconic,
changing the way people listen to music.

Bose Corporation is privately held.  The company's spirit of invention, passion
for excellence, and commitment to extraordinary experiences can be found around
the world -- everywhere Bose does business.


SOURCE Bose

CONTACT: Kevin Doak, +1 (508) 766-7788, kevin_doak@bose.com


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中