CGAPの調査で技術だけではデジタル金融サービスの相互運用性は成功しないことが判明

CGAP

2017/1/17 11:15

CGAPの調査で技術だけではデジタル金融サービスの相互運用性は成功しないことが判明

AsiaNet 67133(0074)

【ワシントン2017年1月17日 PR Newswire=共同通信JBN】

*貧困層向けの決済システムが功を奏するには、管理と事業活動へのインセンティブが必要

デジタル金融サービスでどれだけうまくテクノロジーや相互運用性が組み込まれていようとも、適切な事業構造とインセンティブの環境が整っていなければ、その潜在的能力は完全には発揮されないことが、CGAP(貧困層支援協議グループ)の新報告書「Digital Finance Interoperability and Financial Inclusion: A 20-Country Scan(デジタル金融の相互運用と金融包摂:20カ国調査)」で分かった。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20151216/296527LOGO

金融サービスのプロバイダーや規制当局が相互運用性について語るとき、彼らはスイッチやプラットフォーム、ソフトウエアのイメージを思い浮かべている。すなわち最新の決済システムを連動稼働させる技術ツールである。しかし、相互運用性についてのCGAPの新たなグローバルな調査は、迅速、格安な決済をシームレスにやり取りすることが貧しい人々を公式経済に結びつけるために重要な手段であり、技術的な接続ではないことを見つけた。

相互運用可能な決済システムが成功するかどうかは以下の3要素にかかっている。

*参加者が決断し、業務を共同管理し、リスクを考慮する方策を網羅する管理と運用規則

*価格設定からブランド・マーケティングまで参加者の経済利益のバランスをとるビジネス協定は決済支払いの動機を与えるために必要

*参加者を接続する技術インフラストラクチャーは支払いスイッチ2者間のコネクションから第3者サービスまであらゆるものが安全でなければならない

CGAPの最高経営責任者(CEO)グレタ・L・ブル氏は「相互運用性がデジタル金融サービスの発展にとって重要なのは、低所得の消費者に対しより良い経験を提供するとともに決済システムに効率性とスケールをもたらすからである。多くの国が相互運用性の手段を探究している。今回の調査は、相互運用性を実現するのに1つの公式が存在しないことを示している」と語った。

調査はまた以下のような結果も得た。

1.タイミング:さまざまなシステムと技術的インフラが適切に整っていようが、金融行動に変化が起きたり、末端利用者がシステムの使用方法を理解したりするには時間がかかる。

2.技術重視は近視眼的である。相互運用可能システムは技術を含むかもしれないが、優れた管理や企業活動へのインセンティブといった他の非常に重要な要素が絶対に必要である。その結果、最終的に取引増加から正規の金融サービスやビジネスの便宜を利用する人々が増えるだろう。

3.にわとりが先か卵が先か? デジタル金融サービスは必ずしも相互運用可能システムを構築するための前提条件ではないし、システムを構築する明確な道筋やタイミングは存在しない。一部の相互運用可能システムはマーケット主導であり、いくつかは政府や政策主導である。それは国の事情による。

CGAPの調査はこの種のものでは初めてで、インド、ケニア、エジプト、メキシコな3大陸、20カ国で相互運用性に向けた進展があることを示した。調査は、3タイプの相互運用可能システムを通じて行われた少額取引口座の支払いの全体的評価を示した。3タイプとは、3つ以上の金融プロバイダー間、2つのプロバイダー間、さまざまな金融プロバイダーを互いにつなぐ第3者を通しての支払いである。

CGAPの調査結果報告書:Digital Finance Interoperability and Financial Inclusion: A

20-Country Scan(デジタル金融相互運用と金融包摂:20カ国調査)。パブロ・ガルシア・アラベヘティ、グレゴリー・チェン、ウィリアム・クック、クラウディ・マッケイ著

http://www.cgap.org/publications/digital-finance-interoperability-financial-inclusion

パワーポイント用スライド資料集

http://www.slideshare.net/CGAP/digital-finance-and-interoperability-20-country-scan

CGAP(the Consultative Group to Assist the Poor、貧困層支援協議グループ)は金融包摂を進めることを目指す30超の有力組織による世界的パートナーシップである。CGAPは実践的研究と大規模なアプローチを可能にする金融サービス・プロバイダー、政策立案者、資金提供者との積極的な関わりを通じて、革新的ソリューションを開発する。CGAPは世界銀行の中に居を構え、責任ある市場開発への実践的アプローチと、貧困層が生活向上に必要とする金融サービスの利用を高める証拠に基づく支援プラットフォームを結びつける。詳細はwww.cgap.org を参照。

ソース:CGAP

▽問い合わせ先

Esther Lee Rosen, CGAP

erosen@worldbank.org

+1 202-458-0147

New CGAP Survey Finds Technology Alone Cannot Deliver Successful Interoperability in Digital Financial Services

PR67133

WASHINGTON, Jan. 17, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Governance and business incentives needed for pro-poor payment systems to

work well

No matter how well designed the technology, interoperability in digital

financial services will not reach its full potential unless the right business

structure and incentives are in place, CGAP found in its new report, Digital

Finance Interoperability and Financial Inclusion: A 20-Country Scan.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20151216/296527LOGO

When financial service providers and regulators talk about interoperability, it

brings to mind images of switches, platforms and software - in short, the

technical tools that allow modern payment systems to work together. But CGAP's

new global survey of interoperability finds that seamlessly exchanging payments

quickly and cheaply - an important means for connecting poor people to the

formal economy - is about more than the technical connections.

A successful interoperable payment system depends upon three elements, it said:

    - Governance and operating rules covering how participants make decisions,

      jointly manage operations and consider risk must be in place;

    - Business agreements that balance the economic interests of participants,

      from pricing to brand marketing, are needed in order to incentivize them

      to exchange payments; and

    - The technical infrastructure connecting participants, which can be

      anything from a payment switch or a bilateral connection to a third-

      party service, must be sound.

Greta L. Bull, CEO, CGAP said, "Interoperability is important for the

development of digital financial services, as it provides a better experience

for low-income consumers and introduces efficiencies and scale into the payment

system. Many countries are exploring pathways to interoperability. What this

research demonstrates is that there is no one formula for achieving

interoperability."

The survey also made the following findings:

    1. Timing: Although various systems and technical infrastructure may be in

       place, it takes time for changes in financial behavior to happen and

       for end users to understand how to use the system.

    2. Focus on Technology is Shortsighted: Although interoperable systems may

       involve technology, other crucial elements such as good governance and

       business incentives are essential. The end result will be more people

       using formal financial services and businesses benefiting from

       increased uptake.

    3. Chicken or Egg? Digital financial services is not necessarily a

       precondition to set up an interoperable system, and there is no clear

       route or timing to set up the system. Some interoperable systems are

       market driven and some are government and policy driven; it depends on

       the country context.

CGAP's survey is a first of its kind and shows the progress made toward

interoperability in 20 countries, including India, Kenya, Egypt and Mexico,

across three continents. It provides an overall assessment of payments made to

and from small-value transactional accounts through three types of

interoperable systems between three or more providers, two providers and

through a third party that connects various providers to each other.

CGAP Working Paper: Digital Finance Interoperability and Financial Inclusion: A

20-Country Scan, by Pablo Garcia Arabehety, Gregory Chen, William Cook and

Claudia McKay

http://www.cgap.org/publications/digital-finance-interoperability-financial-inclusion

PowerPoint Slide Deck:

http://www.slideshare.net/CGAP/digital-finance-and-interoperability-20-country-scan

CGAP (Consultative Group to Assist the Poor) is a global partnership of over 30

leading organizations that seek to advance financial inclusion. CGAP develops

innovative solutions through practical research and active engagement with

financial service providers, policy makers, and funders to enable approaches at

scale. Housed at the World Bank, CGAP combines a pragmatic approach to

responsible market development with an evidence-based advocacy platform to

increase access to the financial services the poor need to improve their lives.

More at http://www.cgap.org.

SOURCE  CGAP

CONTACT: Esther Lee Rosen, CGAP | erosen@worldbank.org, +1 202-458-0147

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中