ドバイのInternational Humanitarian City(国際人道都市)を3倍に拡張

International Humanitarian City Dubai

2017/1/20 17:10

ドバイのInternational Humanitarian City(国際人道都市)を3倍に拡張

AsiaNet 67178(0096)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2017年1月20日PR Newswire=共同通信JBN】緊急援助への需要の急増を受けて、IHCの援助備蓄のためのスペースをさらに30万平方フィート拡大することが決定され、アラブ首長国連邦(UAE)ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム副大統領兼首相(ドバイ首長)は、援助機関を支援する活動を合理化し、強化するためにInternational City of Aid (IHC)の規模を3倍に拡大するよう業務委嘱した。完成すればIHCのスペースはさらに30万平方フィート拡張され、総計40万4000平方フィートになる。

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/459342/IHC_1.jpg

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/459343/IHC_2.jpg

シリア、イエメン、アフガニスタン、ナイジェリアなどの紛争地域で紛争が激化したことにより、住民ら6500万人超にのぼる大規模な強制移住が発生、食料、シェルター、医薬品などの緊急援助のニーズが急増している。こうした援助への需要はいまや世界的に第2次世界大戦以来最高の水準になっており、各援助機関はこれに対応するため、追加の保管施設やロジスティクス支援を必要としている。

今回の拡張は、こうした急増する需要に対応しようと努めている主要な国連およびNGO組織、特に赤新月社、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、赤十字国際委員会(ICRC)、世界食糧計画(WFP)の緊急需要に応えるために承認された。特に、新たに拡張されるスペースは、IHCのメンバーに、新たな伝染病流行、自然災害、さらなる武力紛争の発生に備えた事前備蓄や援助従事者の訓練に役立つことになろう。

2003年に創設されたInternational Humanitarian Cityは、すでに世界最大の人道的ロジスティクス・ハブとなっており、メンバーに9つの国連機関と援助分野で活動する50近いNGOおよび企業を抱えている。2011年にジェベルアリ港とアルマクトム空港に近いDubai Industrial Cityの現在地に移転した際に規模が3倍に増えたが、さらに広いスペースを求める需要が急速に増え続けていた。

IHCは、ハイチやバヌアツの遠い地域での危機の際の初期対応で中心的な役割を演じたが、特に中東や東アフリカの紛争地域への物資輸送に極めて重要である。

ソース:International Humanitarian City Dubai

Dubai's International Humanitarian City to Triple in Size

PR67178

DUBAI, UAE, Jan. 20, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/

    Decision made in response to sharp rise in demand for emergency aid  

IHC to expand a further 300,000 square feet of space for aid provisions  

HH Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum, Vice-President and Prime Minister of

the UAE, and Ruler of Dubai, has commissioned work to triple the size of his

International City of Aid (IHC) to streamline and strengthen operations to

support aid agencies. Upon completion, the IHC will now stretch for a further

300,000 square feet, totalling 404,000 square feet.

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/459342/IHC_1.jpg )

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/459343/IHC_2.jpg )

    Intensifying conflicts in Syria, Yemen, Afghanistan, Nigeria and other

trouble spots have led to mass displacement of over 65 million people

and a sharp rise in the need for emergency aid in the form of food, shelter,

and medicine.  Demand for such aid is now at its highest level worldwide since

World War II and aid agencies need additional warehousing and logistics support

to cope.

    The expansion has been approved in order to meet the urgent demands of

leading UN and NGO agencies trying to cope with this rising demand, most

notably the Red Crescent, UNHCR, ICRC, and the World Food Programme.

Specifically, the new space will help IHC members better pre-position stocks in

the event of new pandemics, natural disasters and more armed conflicts and

conduct more training of aid workers.  

    Founded in 2003, the International Humanitarian City is already the world's

largest humanitarian logistics hub and has nine United Nations agencies as

members plus nearly 50 NGOs and businesses working in the aid sector.  When it

moved to its current location in Dubai Industrial City near Jebel Ali Port and

Al Maktoum Airport in 2011 it tripled in size, but demand for more space has

continued to climb rapidly.

    The IHC has played a pivotal role in first responses to crises in places as

far away as Haiti and Vanuatu, but is especially critical in moving goods to

trouble spots in the MENA region and East Africa.  

SOURCE: International Humanitarian City Dubai

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中