タカラトミー初のオトナ女子向けコンテンツ「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」 始動!

タカラトミー

2017/2/2 11:30

2017年2月1日

株式会社タカラトミー

タカラトミー × 白泉社

タカラトミー初の“オトナ女子向けコンテンツ”

「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」 クロスメディア展開 始動!

2月2日(木) 人工知能(AI)型LINE公式アカウント、

2月3日(金) まんが連載 がそれぞれスタート!

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:H.G.メイ/所在地:東京都葛飾区)は、10代後半から30代の“オトナ女子向けコンテンツ”「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」を白泉社と合同で制作いたしました。同コンテンツは様々なクロスメディア展開が予定されており、その第1弾として、① 2017年2月2日(木)からは、コンテンツの世界観を楽しむことができる人工知能(AI)型LINE公式アカウント「茶谷 景虎(ちゃたに かげとら)」(LINE ID:@kagetora_nyanhigh)を、 ②2017年2月3日(金)からは、雑誌『花とゆめ』(白泉社)でのまんが展開を、それぞれ開始いたします。

 さらに、今後もタカラトミーから関連商品の発売や、ライセンス商品の発売等のクロスメディア展開を順次行ってまいります。

 「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」は10代後半から30代のまんが・アニメ好き、そして猫好きの女性に向けた、タカラトミーとしては初めての“オトナ女子向けコンテンツ”になります。玩具・ホビー業界において、オトナ女子向けの市場が年々拡大していることを受けて、数々のヒット実績のある白泉社とタッグを組み、企画いたしました。

 本コンテンツは、「喧嘩でノックアウトされると猫になる」身体にされたヤンキー男子高校生たちの物語を軸に展開しており、昨今“ネコノミクス”という言葉が登場するほど大きなブームとなっている“ねこ”と、根強い人気を誇る“ヤンキー男子”をテーマにしています。

 今回開設するLINE公式アカウントは、「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」の世界観に基づき、主人公の「茶谷 景虎」をはじめとする登場キャラクターたちと双方向のコミュニケーションが楽しめるものです。LINE株式会社が提供する「LINEビジネスコネクト」(※1)を活用し、キャラクターとの自然な会話をお楽しみいただくことが可能になりました。LINEのアプリ上で当アカウントを「友だち追加」していただくことにより、どなたでも無料でお楽しみいただけます。

◆「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」について

 「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」は、「喧嘩でノックアウトされると猫になる」身体にされた、ヤンキー男子高校生たちの物語です。

 物語の舞台は、年に一度、最強のヤンキー高校生たちが拳を交えて真の最強校(テッペン)を決定する“喧嘩フェス”が開催される根古(ねこ)市。主人公の「茶谷 景虎」率いる「瞬火高校(またたびこうこう)」(通称:マタ高)やライバルの「黒瀬 皇成(くろせ こうせい)」が率いる「雁狩学院(かりかりがくいん)」(通称:カリ学)のヤンキーたちが、“喧嘩フェス”の最強校(テッペン)を目指して暴れまわります。

 猫に変身した情けない姿を人目に晒したくないと、辞退校の続出する“喧嘩フェス”ははたして無事開催されるのか!?そして景虎は最強校(テッペン)を取れるのか!?

「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」公式サイト: http://www.hakusensha.co.jp/nyanhigh/

「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」公式Twitter: https://twitter.com/nyanhigh_info

「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」公式動画: https://youtu.be/rf8UaG1hj7E

◆LINEアカウント「茶谷 景虎」について

 物語の主人公「茶谷 景虎」との会話が楽しめる人工知能(AI)型アカウントです。LINEのアプリ上で「友だち追加」していただくことにより、どなたでも無料でお楽しみいただけます。ユーザーがLINE上で語りかける内容に応じて、「茶谷 景虎」として返事をするので、作品の世界観に入り込んだような感覚で双方向のコミュニケーションをお楽しみいただくことができます。

また、よりリアルなコミュニケーションをお楽しみいただくため、キャラクターの方からユーザーに話しかけてくることや、会話内容によってはテキストだけでなく画像やボイスメッセージが送られてくることもあります。

 <茶谷景虎 ボイスメッセージ例> 

「つーか俺も結構ねみいんだけど~…。ひつじがいっぴき………(寝息)」

「あーもしもし。俺。つか今なにしてんの?ヒマ?ヒマだな?ラーメン食い行くから5秒で来いや(笑)。じゃな!」

 第2弾として、ライバルキャラクターである「黒瀬 皇成」のアカウントもリリースが予定されています。

 

-----------------------------------------------------------

<LINE公式アカウント「茶谷 景虎」サービス概要>

アカウント名 : 「茶谷 景虎」 

LINE ID : @kagetora_nyanhigh

サービス開始日 : 2017年2月2日(木) 

-----------------------------------------------------------

◆まんが&商品展開

 2月3日(金)発売の雑誌『花とゆめ』05号(白泉社)にて、当コンテンツのキャラクターデザインも手がけた柴宮(しばみや) 幸(ゆき)先生による「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」のスペシャル読み切りまんがが掲載されます。さらに、4月 20日(木)の10号からは、本格連載のスタートも決定しております。

 さらに、今後の展開として、タカラトミーからの関連商品やライセンス商品の発売など、幅広いクロスメディア展開を行ってまいります。

◆2月19日(日)ワンダーフェスティバルにて『限定パスコード』お渡し会実施

 2月19日(日)に幕張メッセにて開催予定の「ワンダーフェスティバル2017 冬」にて、茶谷役の声優・八代 拓(やしろ たく)さんと、黒瀬役の声優・白井 悠介(しらい ゆうすけ)さんによる、ねこ男子ニャンキーハイスクールのLINEアカウントに登録してくれた人が対象の『限定ボイスが聞けるパスコード』のお渡し会が開催されます。

詳細は「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」公式サイト(http://www.hakusensha.co.jp/nyanhigh/)で発表予定です。

【八代拓さんコメント】

この度、ニャンキーハイスクールにて茶谷景虎を演じさせていただきます八代拓です。

なんといってもタイトルにもあるように、ヤンキーと猫のギャップが魅力的で、そこを演じるのが今から楽しみです!

【白井悠介さんコメント】

黒瀬くんは孤高のヤンキーということで、

力強さとカッコよさを両立できるように演じたいです!!

(c) TOMY /HAKUSENSHA

(※1)「LINEビジネスコネクト」とは

LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能になります。LINE株式会社では、LINE アカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

LINE公式アカウント「茶谷 景虎」会話例①

LINE公式アカウント「茶谷 景虎」会話例①

LINE公式アカウント「茶谷 景虎」会話例②

LINE公式アカウント「茶谷 景虎」会話例②

LINE公式アカウント「茶谷 景虎」QRコード

キャラクター紹介

「ねこ男子ニャンキーハイスクール」ロゴ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース